記事
[ 総記事数:2304件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2006年1月31日(火曜日)
[ 23:59 ] [ ノンジャンル ]
   
Manaからお客様へ、写真撮影や持ちこみ、お子様連れなどについて”お願い”があります。
こちらの記事を参考にご覧ください。

またお問い合わせにこの記事のコメント欄をご利用くださっても結構です。
お返事には少しお時間がかかります。
2006年1月30日(月曜日)
   
エスプレッソをかけてアフォガート。
毎日これをモーニングスイーツにしてもいいかもなんて思ってしまう。
いけないいけない。
ダ・ルチアーノさんでやってた”ホットジェラート”をさっそく真似っこ。
温かいものの中にラムレーズンが入っていてどうだろう・・・
という心配をよそに、これがいいアクセント。

大人バージョンにはラム酒をプラス。
やっぱり外せませんでした、小笠原のラム。
2006年1月29日(日曜日)
   
練習あるのみです。
金曜日のモーニングスイーツはカプチーノと一緒に。
2006年1月28日(土曜日)
[ 04:05 ] [ 肉とか魚とか ]
   
イベリコ豚を入れ始めたばかりの頃、肉の味を知っていただくために
”おためしのイベリコ豚”というメニューをよく載せていました。
塩コショウをして網焼きにしただけのシンプルなもの。

先日、新しく首の肉トントロを仕入れました。
いつもの肩ロースと盛り合わせで”2種のイベリコ豚”をお出ししようかな。

写真はトントロの網焼きです。
   
「これ、コアラが好きなやつでしょう?」とランチにいつもいらっしゃる女性のお客様。
はい、ユーカリです。

待っていらっしゃる間、お花や窓辺の仔豚を眺めてます。
「きれいね」って言われるとやっぱり嬉しいです。

紫のスカビオーサが留め色。
チューリップはアプリコット。

八重のガーベラ。
ガーベラはシェフも好きな花です。
ユーカリ、いい香り。
2006年1月27日(金曜日)
   
24日、道がとてもとても混んでいてハラハラしましたが、pm5:00到着♪
大きな雪だるまがお出迎え。
15種類ほどのジェラート、シャーベットが。
いつ行っても同じ内容のことがないので、とっても悩みます。
そんな時は味見をね。
小さなスプーンですくってくれます。

これはキャラメル。
焦がしたカラメルがとてもいい感じ。
エスプレッソをかけてアフォガートにしても、とっても合います。
あれこれと味見をし過ぎるとかえって迷うものです。
エイヤ〜!気合を入れて注文。

machikoちゃんは”紫いものウベ&キャラメル”
私は”ヴァニラ&マンゴーのシャーベット”

実はヴァニラを食べるのは初めてなんです。
程よい薫りがしてとっても美味しかった。
マンゴーはマンゴーそのもの。


めざといシェフはこんな物を発見。
”ホットジェラート”
うわぁー、これ、Manaでも作ってみようかな。
もちろんMana風にアレンジ。




こちらのジェラートやシャーベットの、素材の味をいかした、というより素材そのものを食べている感じがするところが好きです。
ゆえに、作るご苦労ははかり知れないものとお察しします。
安定して数を供給することと、出したい味を貫くことの両立はとても大変な事だと思います。

初めてB食店情報を入れさせて頂きます。
もちろん、今までに色々と差し入れやお誘いを受けて、美味しいお店は数多くあるのですが、
普段から小さなManaの規模に合わせて色々として下さっているダ・ルチアーノさんへの感謝の気持ちを込めて。



10月〜3月までは冬時間です。
日・月・火・木 11:00〜18:00
金・土・祝前日 11:00〜19:00
水曜日定休日
B食店情報
・店名 : ダ・ルチアーノ(だ・るちあーの)
・ジャンル : スイーツ-和菓子
・住所 : 東京都八王子市堀之内2ー16ー9
・TEL : 0426-70-1468
・URL : http://www.da-luciano.com/
・営業時間 : 月?木・日11:00?20:00/金・土・祝前日11:00?21:00/冬は大幅に変更。元記事を参照か、お電話でお問い合わせを。
・最寄り駅 : 京王堀之内
・キーワード : ジェラート/ペットも可のウッドデッキ/お取り寄せ/味見も可
B食店ページへ

2006年1月24日(火曜日)
[ 14:19 ] [ のんきな休日 ]
   
昨日は、ハイエナさん達がいらっしゃって、ジェラートがねこぞぎ無くなってしまいました。
(ハイエナさん達のご紹介は後ほど)

次のジェラート仕入れるにあたって、ジェラートショップ、ダ・ルチアーノさんへ電話で問い合わせたところ、気になるアイテムが多数。

味見しに八王子までドライブに行っちゃおうかな〜。
久し振りに、クッキーに豆乳ジェラートを食べさせてあげたいし。

間に合うかなぁ。行ってきます!

*********************************************

月曜日にいらっしゃったハイエナさんは、
ケイトさんmarikoさんMasarapさんbareさん、の4人。
モンドールをぺロっと召し上がって、本当にたくさん食べて飲んで、とても楽しそうでした!


2006年1月23日(月曜日)
[ 03:00 ] [ つまみっぽく ]
   
「簡単につまみっぽく」のリクエストで作りました。
月曜日、あります。
[ 02:57 ] [ 大好きすきすき ]
   
雪空を書いた。
今年の冬に、この絵を活用しましょ。

2006年1月22日(日曜日)
[ 03:00 ] [ ふぁいとぉ ]
   
ガラスの靴ならぬ、魔法の靴下。
これをはいていればへっちゃらです。

いざ出陣。
[ 02:45 ] [ ふぁいとぉ ]
   
窓の外には同期の桜の銀杏の木。
植え替えられた年の夏は、バケツで水やりをしてあげた銀杏の木。

枝も真っ白。
ホットマーマレードを飲んで準備万端。

そこの階段の雪、待ってらっしゃい!

[ 02:32 ] [ 大好きすきすき ]
   
「はい、これね」って帰り際に丸の内のお姉様にもらっちゃったパン。
良かったのかしら。
土曜日の朝に食べようと思って用意してたんじゃないのかしら。


お皿に並べてみたら何か可愛い。
「帽子かぶった幼稚園生だな」と、シェフ。
朝のエスプレッソと一緒に食べました。
サラミとスカモルツァを挟んで焼いて。

雪にだって負けないもの。
   
ジャカジャーン。
今度はきのこ星人カプチーノ。
どうだ、参ったかぁ!



はい、、、参りました。


いい加減にしないと、ちゃんとしたバリスタに笑われちゃうなぁ。
がんばれ私。
がんばれManaのちっちゃなマシーン。
2006年1月21日(土曜日)
   
シェフと私は毎朝(時間でいえばお昼なんですけど…)エスプレッソをドッピオ(2杯分)で入れて、そこにズッケロ(お砂糖)をザバっと入れて飲むのが習慣です。

うちのモーニングスイーツっていったところ。
エスプレッソの泡の上に乗ったズッケロが、沈み込む瞬間を見るのが好き。
ズッケロが沈みきっちゃう寸前に、スプーンで泡をすくって食べる。
密かな楽しみ。

「何してんの、美味しいの?」
あ、シェフに見つかっちゃった。

最後、溶かしきらないエスプレッソ味のズッケロ、それをスプーンですくって食べれば”モーニングスイーツ”の完成です。

本当はココでラムを足してクイッ!って行っちゃいたいところですが、仕事の前なのでガマンガマン。
エスプレッソはズッケロを入れて初めて”エスプレッソ”になります。
ズッケロを入れないそのままの味はテイスティングするにはいいのでしょうけど、私は”苦いコーヒー”と呼びたいと思っています。

イタリアではこうやってエスプレッソを楽しんでいる…
その文化を尊重して、本当の姿を少しでも伝えていきたいと思います。
エスプレッソにかかわっている企業、バール、大きな会社こそ積極的に取り組んでもらいたいもんです。

例えばバールなどで、陽気なイタリア人が「こうやって飲むんだよセニョリータ。」な〜んて手取り足取り教えてくれた、イチコロではない?

でも無理にズッケロを入れろとは言いません。ズッケロを入れないエスプレッソを飲みなれてしまった方には、きっとそれが美味しいエスプレッソなんでしょうからね。
言いませんが、何度か試してみて欲しいのです。
”知らない”のと”やらない”との違い、本当の飲み方は知っているけど、こっちの方が好みだから、、、という違い。

「僕の人生は苦いから、コーヒーぐらいは甘くして飲みたい」
そう言ってちょっぴり肩をすくめたファウストの言葉を思い出します。
2006年1月20日(金曜日)
[ 00:33 ] [ 大好きすきすき ]
   
えーっと、すでに2006年も18日過ぎてしまいましたが
”親ばかカレンダー”を作りました。

『小さなカレンダーが欲しいなぁ』『今年は戌年だものね』
などと考えているうちに、名刺サイズのこんなものが完成。


できてしまえばこっちのものです。
写真を差し替えれば、ささっと”○○さんちの親ばかカレンダー”ができちゃいます。
可愛いワンちゃん、猫ちゃん、姪御ちゃん?!

宜しかったらプレゼントいたします。
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ