記事
[ 総記事数:2330件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2005年11月30日(水曜日)
[ 22:00 ] [ ノンジャンル ]
   
11/11に1周年を迎えるB食倶楽部、おめでとうございます。
Manaからもお祝いをさせてください!

11月中にご来店(Dinner)くださるB食会員の皆様、
名刺アプリを使って、ご自分の名刺を作ってご持参ください。
本当にささやかでびっくりするぐらいの物ですが、
お祝いの一品を(一口かな?)サービスさせていただきます。


期間は今月いっぱいです。


2005年11月29日(火曜日)
[ 13:22 ] [ 試作はたのしい ]
   
試食した。

まずはシンプルに網焼きに。
仕入れた段階で綺麗に脂が掃除されているからクセは感じません。
でも冷めれば獣くささが出てきて、「鹿だよ!」と主張。
マスタード塗ってディアブルに。
火の通り加減に注意。
マスタードをハニーマスタードに替えてみた。
最後はピッツァィオーラで軽く煮る。
これも好きだけど、このスタイルは脂が付いている方が合う感じ。
そんなわけで4種類の鹿の試食終了。

12月にはメニューで出さればいいんですけど。
需要が高まるからManaに周ってくるかが心配です。

あ、もちろん写真を撮った後、この骨はしゃぶりました♪
2005年11月27日(日曜日)
   
お花屋さんが持って来た今週のお花、ストック。
あぁー春らしくって、、、?

そういえば、先週はラナンキュラスを持って来ました。
その前にはスイトピー。

冬が始まったばかりだというのに、ちょっと早過ぎます。
花も通年楽しめるものが多くなったけど、残り少なくなってきている”季節感”をもっと大切にしたいです。

そういえば、シェフがどこかの市場の掲示板で
「7月に秋刀魚を売るのはやめましょう」という書きこみを見たって言ってました。

11月早々に始まるクリスマスの飾りつけ。
クリスマスも終わっていない頃に門松。

お花屋さんにリクエストしよう。
「春の花はもう少しあとにしてね」って。
[ 09:57 ] [ ご予約メニュー ]
   
お1人¥2,650、4名様からのパーティーメニューです。
プランは2つ。
ご予約制のほうには「生ソーセージのぐるぐる」が入ってます。
→これです。
plan1(予約も承ります)
*前菜盛り合わせ
・びっくりオリーブ
・イタリアンサラミ
・スカモルツァ アフミカータ
・ペスキオーレ
*ハマグリのガーリック風味
*本日のカルパッチョ
*トリュフ風味のおつまみバゲット
*甘海老のガーリック風味ソテー
*チキンのチーズ焼き
又は
チキンソテー粒マスタード添え
*グリーンサラダ
*シェフにおまかせパスタ2種

plan2(予約制)
*前菜盛り合わせ
・イタリアンサラミ
・びっくりオリーブ
・スカモルツァ アフミカータ
・ペスキオーレ
*ホタテのカルパッチョ
*トリュフのフリッタータ
*甘海老のガーリック風味ソテー
*生ソーセージのぐるぐる
*グリーンサラダ
*イベリコ豚と木の子のスパゲッティ
又は
*シェフにおまかせパスタ2種
2005年11月26日(土曜日)
[ 02:27 ] [ うれしいぃ! ]
   
出席するつもりだった1周年記念パーティー、急に体調が崩れちゃて行けなくなってしまいました。
こんなにおかしくなったのは久し振りです。

22日の火曜日は一日中寝ていました。
ホント、何もせずに愛犬クッキーをはべらかせて寝ていました。
お休みの日で良かった、、、

シェフがお土産で貰ってきたパン。くーさんも大好きなあのパン。
食べたいよー、でも我慢。
翌日も我慢。
翌々日「調子も良いし食べてみようかな」と思えるようになりました。
アンチョビオリーブがたっぷりで、これは鼻歌なしでは食べられません♪
右手にはパン、左手にはおさゆ、な私でした。

ちょっとしか食べられなかったのが悔しい。
今度元気な時に、葉っぱ一枚分食べてやるぅ!

ごちそうさまでした、お土産ありがとう。
kanさんが撮ってくれた会場のお花。→
シェフは何度撮っても失敗してしまったの。
ありがとうございました♪
2005年11月21日(月曜日)
   
11月のB食の日にお出ししたデザート。
全粒粉が気に入りました。

クリスマスディナーはこれにしようかなぁ。
2005年11月20日(日曜日)
[ 09:58 ] [ つまみっぽく ]
   
牡蠣と小さなハマグリ。
ハマグリも大分ぷりんってなって来ました。
冬ですね。

2005年11月19日(土曜日)
[ 10:12 ] [ つまみっぽく ]
   
いつもあるわけではないピクルス。無い方が多いピクルス。
ここ何日かよく作っています。

なんとなく。



レギュラーな材料は、きゅうり、人参、パプリカ2色、玉葱。

さっと火を通した後、氷水に放します。
ぶるるるぅ!
とっても冷たそう。
さっぱり系のおつまみ。

私は春先の新タマで作ったのが一番好き。
[ 09:55 ] [ うれしいぃ! ]
   
去年まで使っていた赤崎の牡蠣。今年はなかなか入ってこなくなってしまいました。
シェフは「赤碕入ってこないの?」と魚屋の社長にいつも言ってます。
「ないんだよね」と社長。

Mana的には赤碕の牡蠣いけてるのに、、、

でも今日は赤崎の牡蠣あります。ちょっぴりうれしいぃ!
[ 01:58 ] [ 試作はたのしい ]
   
あの時に思った事、ちょっと物足りない感じ。
美味しいことは美味しいの。
丸焼き(ハーフだけど)は楽しいし。
だけどこの値段と味だったら私は頼まない。
モモ肉を唐辛子で焼いた物、そっちの方が魅力的。
それが率直な意見でした。
・・・・・・
それでいいの?いいわけありません!

”大山鶏のハーフを焼く”試作2回目です。
※1日目

半日ハーブとラム酒でマリネしてから焼いてみました。
あ、もちろんラム酒は小笠原のラム!

この皮の焼き色もラムの力ですね。



※2日目

同じ物を一晩ねかせてから焼く。
1日目とそんなに違わないかと思いきや、やっぱり違うんです。
1日目も2日目も、どちらもいい感じでした。
これなら私もオーダーしたいな。

付け合せには、粒マスタードやピクルス、そしてオイル漬けのハバネロ。
ハバネロで口が辛ーくなった後のピクルス、美味しかったぁ。
でも注意。
間違っても写真のようにハバネロを大盛りにしてはいけません!


2005年11月16日(水曜日)
[ 01:54 ] [ B食倶楽部の日 ]
   
11/14(月)第2回B食倶楽部の日、今回は牡蠣をメインにコースを組みました。
なかなか本番では写真が撮れず、全部をご紹介できませんが、試作中に撮った写真などで代用させて頂きます。

こちらの写真は一品目にお出しした前菜。
いつものサラミと”アヴェック2号”!

グランドメニューに載っている”アヴェック”は、ペッパーチーズとハムのムースを一緒にパンに乗せた物です。
そのハムのムースを、今回はスモークサーモンとアボカドのディップに代えました。
だから”アヴェック2号”

半分に折って、サンドウィッチのようにして召し上がってくださいね。


「せっかくだから牡蠣のお料理は3品出したい」シェフはそう考えていました。
お肉の焼き加減で例えるなら、レア、ミディアム、ウェルダムな感じ。
ミディアムがなかなか決まりませんでした。
何回か試作を重ねて、こちらのお料理に決定。

牡蠣のピカタ。
玉子にも牡蠣を混ぜて衣にしました。
口の中に広がる牡蠣の香り、それをポイントにしたかったです。

こちらは同じ衣に舞茸を入れて焼いたもの。
木の子と玉子の食感が面白く、また牡蠣を牡蠣で包んだ時とは違った印象で広がる風味が楽しかったです。

これもメニューに組みたかったんですが、あまりにも牡蠣を使い過ぎてしまうため断念しました。
ごめんなさい。

チキンは皮と肉の間にトリュフのペーストを仕込んでソテー。
ソースはバルサミコとレモン風味のオリーブオイルで。
こちらのパスタは、フズィッリ・ナポレターニ・イン・ブロンゾ


歯ごたえを充分に残すか、少し柔らかめに茹でるか迷いましたが、今回は17分茹でて少し柔らかくしました。
それでも良くかみ締めると粉の風味のしっかりとするパスタです。

ブロッコリーも柔らかめに。


*****<今回のメニュー お料理&デザートで¥3,500>*****

・イタリアンサラミ
・ペッパーチーズ、スモークサーモンとアボカドのディップ
・牡蠣のサラダ
・牡蠣のピカタ
・トリッパ
・チキンソテー トリュフとバルサミコの香り
・ピクルス
・牡蠣のピラフ
・ベーコンとブロッコリーのパスタ(フズィッリ・ナポレターニ・イン・ブロンゾ)
・リンゴのトルタ ザバイオーネ添え
[ 01:52 ] [ B食倶楽部の日 ]
   
デザートはいつも悩みどころです、、、
シェフはコック、パティシエではないのでデザートは専門外。
でもコックの作るデザートの範囲で無理せず背伸びせず、ね。

今回はリンゴのトルタを作りました。
リンゴのコンポートも添えて(写真にはありませんが)
ソースはザバイオーネにしました。
デザートの頃にはスプマンテを。
Manaでスプマンテが登場したのは初めてです。

日頃、お料理もワインも、数多く用意しておけないのが残念なところですが、こうやって事前にご用意できると何だかワクワクします。

9時にお帰りになった、aiaiさん、BJさん、かいちょさんにお出し出来なかったのが悔やまれます、、、
[ 01:51 ] [ B食倶楽部の日 ]
   
牡蠣は4ケース、120個用意しました。
パーティーは14人。
120個全部を使うわけではありませんが、剥いてみなければ分かりませんので、余裕をみて120個です。

Mana的には前代未聞の量。
あぁー、押し潰されてしまいそうです。

ランチを終わらせて仕込みに入ったシェフですが、何を用意するのも14人分、時間がどうしてもかかります。
あれをやりこれをやり、5分で掻き込んだまかないが終わったのは確か16:30頃。
「少し休んでおけ」の言葉に甘えて、私が横になっている間中、シェフの牡蠣剥きの音が聞こえていました。


今回のB食倶楽部の日は、店としていくつかの課題を残しました。

バラバラに集まってくるメンバー、でも「Manaで食べたい」と思ってくれるその事を大切にしたくって、
「○○さんは19時ね」「あ、○○さんは20分後ね」と、連絡が入るたびにシェフと確認を取りながらできるだけ対応しました。

同じ料理でも1皿作るのと4皿作る違い、いっぺんに作れる量の限界。
そこがシェルさんが感じ取った「油っこさ」だったと思います。
やはり、もう少しお待たせしてしまっても仕方ないから、小分けに作った方が良かったのではないか、、、
いや、それでは時間が足りなかったかもしれない、、、

色々な事を考えました。
考え過ぎて、2人の頭はオーバーヒート。
ちょっぴり疲れたから1時間だけ横になるつもりが、翌日は定休日だという油断もあってか、目が覚めたのは真夜中の3時でした。
洗い物をして、夜のまかないなのか朝ご飯なのか分からないまかないを済ませて、家に向かったのは6時半過ぎ。

朝の光の中の桜の落ち葉がきれいでした。


2005年11月14日(月曜日)
[ 04:38 ] [ ノンジャンル ]
   
14日はB食倶楽部の日、貸切です。
参加してくださる皆様、お待ちしています!
2005年11月11日(金曜日)
[ 02:26 ] [ ノンジャンル ]
   
11/14のB食倶楽部の日は、これで〆きらせていただきました。
ありがとうございます。
来月は12/12(月)です。
2005年11月10日(木曜日)
[ 10:03 ] [ ノンジャンル ]
   
11/14(月)に開催される「B食倶楽部の日」

参加申し込みの〆きりは11日(木)ですが、牡蠣のテーマが人気を呼んで、あと1〜2名で定員に達しそうです。
キャンセルが出る可能性もありますので、それを考えたらあと3〜4名くらいでしょうか。

参加のつもりでまだ申し込んでない方、いらっしゃったら
お早めにラウンジ type"B” へお越しください。
[ 09:44 ] [ ご予約メニュー ]
   
大山(だいせん)鶏は、鳥取県の銘柄鶏。
特に手羽先はコラーゲンたっぷり、プルンプルンです!

これから温かいものが恋しくなる季節、こんなスープ煮をお作りできたらいいなぁ、と思っています。
ご予約時にリクエストしてくだされば、コースの中に組み込むことが出来ると思います。

温かいスープでお肌つるつる。
2005年11月9日(水曜日)
[ 03:04 ] [ ノンジャンル ]
   
月曜日の夜、有楽町のシネカノンさんへ「モンドヴィーノ」を観に出かけました。
ワインとチーズのテイクアウトがあるのでそれを買って館内へ。

ドキュメンタリーの内容は思っていた通りの展開で、興味深くあっという間に終わってしまいました。

何が悪くて何が良いかは映画は言っていません。
私は自然と、私達(シェフと私)をぶどう畑のおじいさんの姿と重ねていました。
ただただ美味しい物が作りたいんだ。

映画館を出てシェフと話しをしたことは
「大好きな人と美味しいものを一緒に食べる。それが何よりだね。」
ということ。
難しい世間のことはあんまり考えずに。



映画モンドヴィーノの詳しくはこちらへ

シネカノン有楽町さんのHPはこちらへ


あ、そうそう、みっちーさんが行った時にはなかったManaのカード。
一番前のど真ん中に置いてありました。
モンドールのチラシも!
ありがとうございました。
[ 02:45 ] [ ふぁいとぉ ]
   
日曜日の夜、翌日の月曜日は月に一度のディナーが休みの日とあって、お休み前の冷蔵庫整理のまかないです。

金曜日がいそがし過ぎて牡蠣が無くなってしまいました。
それとは反対に、すかってしまった土曜と日曜、、、
たーーーんまりと残ってしまった牡蠣をやっつけなければいけません。

舞茸と万能と一緒に炒めてまかないに。
豪華です。



・・・豪華なまかないは嫌いです。
[ 02:33 ] [ 試作はたのしい ]
   
よなよな隊員のみなさんが帰った後、オーダーの予備で焼いた仔羊の香草焼きの端っこをかじりながら反省会。

大山鶏をハーフで焼く。
あともう少し、何かが足りません。
近いうちにもう一度試作する予感。

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ