記事
[ 総記事数:3564件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2011年7月31日(日曜日)
[ 04:45 ] [ 【ひみつ堂】 ]
   
 

行くたびに違うメニューがあるのが嬉しい「ひみつ堂」さん 

この日は前から食べたかった<パインヨーグルト> 

氷の上に大胆にヨーグルトがかかり、パイナップルシロップは別添えStyle 

 



 

練乳よりもさらにサッパリ感のあるヨーグルトの酸味と 

シロップの甘酸っぱさが程良く調和されるので好きです 

シロップの量もケチケチしてないのが嬉しい 

 

この日ご一緒だったaiさんが注文された<カンパリグレープフルーツ> 

色のグラデーションが美しいかき氷は苦味の効いた大人味でした 


TV・雑誌・新聞等々、連日メディアに登場して人気は高まるばかりです 

 

昼間はかなりの行列覚悟で行った方がいいかもしれません 

B食店情報
・店名 : ひみつ堂(ひみつどう)
・ジャンル : スイーツ-その他
・住所 : 東京都台東区谷中3-11-18
・TEL : 03-3824-4132
・URL : http://omodakaya.exblog.jp/
・営業時間 : 11:00〜18:30(営業時間延長の日あり)★7月1日から9月30日までは夏季営業時間11時〜20時(全営業日)
・定休日 : 月曜日(祭日の場合は営業・翌日が休み)
・最寄り駅 : 千駄木駅・日暮里駅
・キーワード : 天然氷・自家製蜜
・友人・同僚 / デート / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2011年7月30日(土曜日)
[ 09:15 ] [ 【かき氷】 ]
   
 

ご自身の店舗を構えて2年目の柏「三日月氷菓店」さん  

1年目の昨年とは較べものにならないくらい連日大いに賑わってます  

味・値段を考えると私もここが1番お薦めかもしれません  

特に期間・個数限定の旬の果実シロップはサイクルが早いので  

追いかけるのが大変ですが、つい通ってしまいます 

 

今の果実シロップは西瓜ですが、その前はあんずでした 

ご主人がHPに「個人的に1番好きなシロップです」 

と書いていらしたのを見て嬉しくなりました 

だって私はなんたってあんず党党首 

それにあんずが好きな人が作るシロップなら美味しいに決まってますもん 

 


 あんずのかき氷が美味しい店はあちこちあるけれど 

代表的なのは赤坂店限定の「虎屋菓寮」 

神楽坂の「花」「紀の善」あたりでしょうか 

ただしこれらの店は多分ドライのあんずを使っているのですが 

この三日月さんのあんず氷は生のあんずから作った使ったシロップなのです 

生のあんずはものすごく旬が短いからとても貴重 

逆に考えれば他の店が長い期間あんず氷を提供しているのは 

生あんずから作ったものでないからとも言えますね 

 

美味しいのはある意味当り前、 

だけど柏までの距離と引きあう美味しさでなくては納得できないのだけど 

うん、やっぱり柏まで行って良かった 

すいかも何とか食べにいかなくてはね 

B食店情報
・店名 : 三日月氷菓店(みかづきひょうかてん)
・ジャンル : スイーツ-その他
・住所 : 千葉県柏市柏1−5−5 谷澤ビル2F
・TEL : 04 - 7162 - 3404
・URL : http://mikazukihyouka.web.fc2.com/index.html
・営業時間 : 11:00〜18:00
・定休日 : 火曜日
・最寄り駅 : 柏駅 東口
・キーワード : 天然氷のカキ氷・自家製シロップ・
・友人・同僚 / デート / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2011年7月28日(木曜日)
[ 11:02 ] [ 【かき氷】 ]
   
 

今年はコールドストーンにもかき氷が登場したそうですが 

KIHACHIソフトクリームもここ数年かき氷メニューを出しています 

(昨年の記事は見つからなかったけど一昨年はコチラ→ 

そして今年は<パッピンス>だそうです 

3種類のフレーバーがありますがまずいただいたのは 

<あずきココナツバナナ> かき氷とソフトクリームを繋ぐのは 

ココナツシロップ・マンゴー・コーヒーゼリー・バナナ・スライスアーモンドかな 

これはわたくし的にはパッピンスというよりチェーと呼びたい味 

取り合わせのセンスが良くておいしい、これで450円は優秀です 

 


 

2度目はイチオシらしい<ピーチ杏仁> 

シロップはピーチラズベリー、中にはフレッシュな桃も入っているからか 

こちらは500円、何となく氷が少なかった気もしますが 

それはさておいても<あずきココナツバナナ>が断然好き 

よく混ぜて食べるのがお薦めですよ ニヤリ


 

 

[ 07:50 ] [ 【かき氷】 ]
   
 

 「Maimai」でランチの後、天王洲で観劇、その後銀座へ移動しました 

ランチの時にマンゴー氷のことが話題になり 

銀座の「三徳堂」のマンゴー氷も食べに行きたいと話がまとまったのです 

ところが・・・「三徳堂」に向かっている途中にかき氷発見! 

しかも台湾風の豆のかき氷とマンゴーのかき氷です 

「三徳堂」の近くにこんなかき氷を出す店があったとは! 

 

初心を貫き「三徳堂」へ行くかそれともここにするか迷いましたけど 

結局新しいものを食べてみたい誘惑にかられてこちらにしました 

銀座「麒麟」です♪ 


私が選んだのは<豆豆氷>風な<六豆黒蜜かき氷アイスクリーム入り> 

意外とボリュームあります、六豆というからには豆は6種類なのかしら 

それ以上あった気もするけど、数えていません アセアセ 

氷は柔らかいのですが、お豆はかなりしっかりした食感です 

そうそう、これが逆だったら大変、こうでなくっちゃね 

豆はそれぞれが割としっかり甘い味がついています 

なので氷と一緒に口に入れると丁度ほどよく緩和されます 

 



 

黒蜜は自分でかける方式なのもいいですね 

私はお豆の甘さだけで十分だったのでほとんどかけずに食べてしまいました 

中にはバニラというよりカスタードのようなアイスクリーム入り 

アイスが入ったかき氷、大好きです 

「三徳堂」さんの豆豆氷も美味しいけれど、これも捨てがたいですねぇ 

 

友人ふたりは<マンゴーのかき氷>です 

熟したカットマンゴーがたっぷり、練乳もたっぷり 

中のアイスクリームは豆のものと一緒でした 

味見させてもらったけど、これも美味しい 

今度はこれを食べようかな 

 

スイーツメニューは他にもいろいろありましたし、 

2Fでいただくお料理も気になります、なのでリピ決定ですね♪ 

B食店情報
・店名 : ChinaGarden銀座 麒麟(ちゃいながーでん ぎんざ きりん)
・ジャンル : 中華料理
・住所 : 東京都中央区銀座6-9-15
・TEL : 03-3572-0039
・URL : http://www.ginzatact.co.jp/kirin/index.html
・営業時間 : 11:30〜15:00 (LO 14:30)/ 17:00〜22:30 (LO 21:30)
・最寄り駅 : 銀座/有楽町/新橋
・キーワード : 使い勝手よさそうなお店
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2011年7月26日(火曜日)
   
 

近いのにすっかりご無沙汰だった江古田の「Maimai」 

観劇前に仲間を誘ってランチに行ってきました 

もちろん食べたのはバインミー、具材はひき肉のそぼろ 

 


私はいつもパクチー増量、でもパクチーが苦手な人は大葉に替えてもらうことも可能

 


 

バインミーも食べたかったけど、もっと食べたかったのがマンゴー氷 

期間限定なので、ぐずぐずしていると食べ逃してしまうのです 

マンゴーが大好きなわけではないけれど、 

このマンゴー氷は大好き、観劇前に大満足でしたが 

この後の観劇(昼夜はしごのいわゆるマチソワ)も最高に面白くて 

最強な1日なのでした 

 

B食店情報
・店名 : Maimai(マイマイ)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 東京都練馬区旭丘1-76-2
・TEL : 03-5982-5287
・営業時間 : 18:00?23:00/土日ランチ12:00?14:30
・定休日 : 月曜日・第2、3火曜日
・最寄り駅 : 西武池袋線江古田駅/都営大江戸線新江古田駅
・キーワード : ベトナム屋台食堂/土日のランチタイムのみのバインミーが美味
・友人・同僚 / 家族・子供
B食店ページへ

2011年7月25日(月曜日)
[ 09:21 ] [ 【かき氷】 ]
   
 

羽前山辺で<酢だまり氷>を食べた後は 

山形を経て、新幹線で米沢へ向かいました 

 

直江兼続のマスコットキャラ「かねたん」のお出迎え付きでしたよ♪

 


 

山形で訪れたお店はどこも駅から歩くと20〜30分ほどあり 

片道又は往復タクシー利用でした 

時間に余裕があり脚に自信がある方なら全て徒歩でも不可能ではありませんが 

山形は暑いので夏は全て徒歩はなかなか厳しいかもしれませんね 

「あらいや」さんへも往路はタクシーでGO♪ 


 

 


 

「あらいや」さんはかき氷とお団子の店なのですが 

季節でスイッチしてしまうので両方を食べることはできないそうです 

こちらのかき氷の1番の特徴は氷を鉋で削っていること 

(鉋削りの様子はこちらのHPで→ 

さらに氷がパフェグラスのような縦型のグラスに入っていたり 

かき氷の名称がユニークだったりと 

お店のこだわりがいろいろあるようです 

 

左側の氷、aiさんが注文されたのは<いみーる> 

いみーるとは苺みるくのこと、ちなみに小豆みるくはあみーる 

でもなぜか他のみるく氷は<ひき茶みるく>とか<ミルクチョコレレート>等 

略されていないのも不思議、 

ちゃみーる、ちょこみーるでいいんじゃない?(笑) 

などと勝手なことを言いながら氷を待っていましたが 

私はここでまさかの<ミルクチョコレート>を注文 

チョコは苦手なんですが、冷たいココアは結構好きだし 

隣りの方のものがとっても美味しそうだったのでたのんでみました 


 

鉋削りと聞いて薄い面のような氷を想像していたのですが 

実際はかなり粗めなかき氷でした 

スプーンを引きぬくだけでも氷がこぼれてしまうので受け皿付きですが 

地元の常連と思しき周りの方々はまず氷を手でギュッと固めてました 

米沢はかなり暑い地域だそうなので、この粗めな氷が丁度いいのかも 

地元にいたらここに来たくなるのが良く分かります 

ミルクチョコレートはやっぱり甘いので最後はちょっと口の中が甘くなってしまい 

酢だまり氷がなつかしくなりました 

そうそう、私のグラスにはなぜか黄色の手―プが巻かれていて 

なんなのかとaiさんが尋ねたところ、氷の料金の目印だそうです 

 


 

時間があったので帰りは駅までテクテクと歩いて行きましたけど 

景色が良くて旅気分満喫、暑さには強いので気温はさほど気になりませんでした 

 

米沢と言えば米沢牛、息子へのお土産は<牛肉どまん中>です 

そして楽しかった旅もここでお終い 

旅の行程の企画から切符手配まで全てにお世話になったaiさんに感謝です 

aiさんがいなければ地方にかき氷を食べに行くという発想そのものが 

なかったと思います、本当にありがとうございました 

2011年7月24日(日曜日)
[ 06:00 ] [ 【かき氷】 ]
   
 

「腰掛庵」から天童へ戻り、そこから山形〜羽前山辺へと移動しました 

この駅の表示板、私はサクランボかなと思ったのですが 

aiさんはりんご?と・・・正解はどちらなんでしょう? 


それはさておき、かき氷ですよ! 

山形の中でも山辺地区だけにしかないという 

『酢だまり氷』なるものに興味津々だったのです 

向かったのは「山辺温泉保養センター」 

もちろん温泉には入りませんけどね(笑) 

 


 

酢だまり氷とは何ぞや? 


とほとんどの方が思われるでしょうけれど

酢だまり=酢醤油、酢醤油をかけたかき氷です 

山辺地区の中でも食べられるお店は三軒ほどしかなく 

その中の一軒は土日だけしか食べられないようです 

酢だまりについての素晴らしいレポはこちら→ 

 

aiさんは4年前に「山型物産市」で召し上がられたとか(その時の記事→) 

酢醤油をかけるといっても、氷にただ酢醤油をかけるのではなく 

かき氷のシロップが先にかかっています 

酢だまりに合うのはいちごシロップだということで 

食堂の発券機でいちごシロップのチケットを購入(200円です) 

チケットを出す時に「酢だまりでお願いします」というと 

「はーい」とおばちゃんが答えて 

酢だまりを添えたいちご氷を持ってきてくれました 

 

酢だまりはサイダ―の壜に入っていて、口に杉の葉が刺さっています 

殺菌効果がある・酢だまりが沢山出過ぎないように・虫が入らないため等 

諸説あるようですが、オリジナルな感じがワクワクします 

 

初めは少しだけかけて一口、 

「おー、美味しいわこれ〜」


赤紫蘇のシロップに似ているととaiさんが以前の記事に書かれてましたが 

 

酸っぱさとしょっぱさが混じった味はまさにそんな感じですね 

いちごシロップがすでにたっぷりかかっているので 

酢だまりも沢山かけた方が美味しくなると思いました 

私は元々甘いものには強くなくて、酸っぱいものが大好きなので 

このかき氷の存在を知った時から私好みの味に違いないと思ってましたけど 

やはり大正解でした 

でも酸っぱいものが苦手な人はダメかもね 汗 

 

かき氷ばかりではお腹が満たされないので(個人的感想ですが) 

山形名物の「冷ったい(つったい)ラーメン」も食べてみました 

つったいラーメンは何度か家で作ったことはあるのですが 

本場(といっても温泉食堂ですが)で食べるのは初めて 

麺もスープも冷たくて麺に腰があるのはいいのだけれど 

ここのものはいかんせんしょっぱすぎる 

多分酢だまりでも塩分をかなり取っているので 

もう塩気はいいやと舌がスープを拒絶したけど、 

麺と具は残さずいただきましたよ 

酢だまり氷、家でも出来そうだけれど 

あの酢醤油の味を再現するのが簡単出ない気がします 

それとあのロケーションで食べるのがいいのだろうなぁ 

そして・・・かき氷旅はまだ続くのです 

2011年7月23日(土曜日)
[ 15:19 ] [ 【かき氷】 ]
   
 

東京近郊のかき氷は食べつくしたなとどは申しませんが 

ちょっと遠くへ足を伸ばしてみたいなぁと思うようになり 

素晴らしき案内人のおかげでついにかき氷旅が実現しました 


山形まで、かき氷を求めての日帰り旅行です♪ 



 

 


東京駅を朝6時過ぎの山形新幹線「つぱさ」でまず向かったのは天童です 

スイーツだけでなく全ての部門で食べログ山形癸韻療「腰掛庵」さん 

朝9時半の開店前にお店に着きました 

 


お店周りのロケーションも素晴らしい

 


蔵の中が喫茶室になっています

  


和菓子さんらしいメニューの中でひときわ目を引くのが 

<木いちごとすぐりみるくのかき氷>(みるくなしもあります) 

何時の間にやら朝早くから次々にお客が来てましたが 

みなさまこれを注文してました 


  


かなり大きさがありますが、氷は柔らかく 

黒すぐりの実にみるくがたっぷりかかっていて、おいしい〜〜 

これは人気があるはずです 

このかき氷に出合えただけでも旅行気分最高潮 

  


せっかくここまで来たからにはいろいろ食べなくてはね ニヤリ 

私はだだわらび<、aiさんはだだ絞り 

 


 


どちらもこしあんの周りにだだ茶豆のあん、でもわらび粉のベールが1枚あるだけで 

食感も味も全然違うものになりますね 

両方ともおいしいことには変わりはないけれど、私はだだわらびが好き 


 

 


 


かき氷1杯でもなかなかボリュームがありましたが 

せっかくなので追加です 

抹茶とこしあんのかき氷はなかなか珍しい 

私は粒あんよりもこしあん派なのでこれは嬉しい 

しかも、抹茶蜜もただものでない素晴らしさ 

 



 

この店の1番人気は<わらび餅>ですが 

あえて<わらびまんじゅう>とお茶を追加 

本当は冷たい甘酒を飲んでみたかったのですが、品切れでした 

煎茶は150円と有料ですが、美味しいしお替り付きなので文句なし 

 

1番人気の<わらび餅>は自宅へのお土産にしました 

ずーっと寛いでいたくなるようなお店でしたがまだ一軒目 

まだまだ山形の旅は続くのです 

B食店情報
・店名 : 腰掛庵(こしかけあん)
・ジャンル : スイーツ-和菓子
・住所 : 山形県天童市北目1-6-11
・TEL : 073-654-8056
・営業時間 : 9:30〜18:00
・定休日 : 月曜日(祝日の場合水曜休)
・最寄り駅 : JR天童駅より徒歩20分
・キーワード : 一軒家の甘味処/わらびもち/苺わらび/かき氷/醸まん
・友人・同僚 / デート / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2011年7月22日(金曜日)
   
 

 

かき氷の後で約1年ぶりに「Spice Cafe 」へ行きました 

途中でどうしても気になるのがスカイツリー、 

6時くらいだしまだ明るいですしね 

 



 

こちらの前菜はイタリアンぽいなと思っていたんですが 

シェフはイタリアンのご出身のようです 

玉ねぎのキッシュが美味しかった 


 



 

メニューを見てめちゃくちゃにテンションが上がりました 

前から食べてみたかった<スリランカ式定食>があったのですもの 


 



 

韓国のビビンパにも似ているのかも・・・ 

ナムルではないけれど、野菜を使った炒め物がいろいろ載っています 

これはサブジと呼んででいいのでしょうか? 



 

 



 

おかずの載ったご飯の上にさらにチキンカレーをかけて混ぜながらいただきます 

うーん、おいしいね〜、シャバシャバした水気の多いカレーを 

ライスにかけるのが好きなんですよね 

もうひとつのカレーはラッサム、ちょっと辛くて酸っぱい好みの味です 



 

 


デザートは沢山のメニューの中からタルトとゼリーにしました

 

節電対策だと思うのですが、こちらの店もエアコンはごく弱めでした 

冷房が嫌いな私にはそれもまた良し 

カレーでゆっくり食事をしたしい時には最高のお店です 

B食店情報
・店名 : SPICE cafe(すぱいすかふぇ)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 東京都墨田区文花1-6-10
・TEL : 03-3613-4020
・URL : http://www.spicecafe.info/
・営業時間 : ランチ11:45?14:00/カフェ14:00?16:00(L.O. 15:00)/ディナー18:00?22:00(L.O. 21:30)
・定休日 : 月曜日・第三火曜日
・最寄り駅 : 押上
・キーワード : 南インド/カレー/イタリアン
・友人・同僚 / デート / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2011年7月20日(水曜日)
[ 02:07 ] [ 【ひみつ堂】 ]
   
 

 

ひみつ堂さん、個数限定で提供されるフルーツのかき氷がとても魅力的です 

この日は<佐藤錦><路地苺>が出ていました 

もちろんどちらもいただきたいのですが、この日は後の予定などもあり 

<佐藤錦>のみをいただいてきました 



 

 



 

国産のさくらんぼの綺麗な色がそのままシロップに生かされています 

思ったよりシロップは甘めですが、 

シロップにさくらんぼの食感が感じられるのがいいですね 

 

なんと氷の中には丸のままのさくらんぼがごろごろ入っていました 

最近よくかき氷を食べている友人がこんなにたっぷりさくらんぼを使ってあって 

このお値段でいいのかしらと感想をもらしたくらい贅沢な一杯でした 

B食店情報
・店名 : ひみつ堂(ひみつどう)
・ジャンル : スイーツ-その他
・住所 : 東京都台東区谷中3-11-18
・TEL : 03-3824-4132
・URL : http://omodakaya.exblog.jp/
・営業時間 : 11:00〜18:30(営業時間延長の日あり)★7月1日から9月30日までは夏季営業時間11時〜20時(全営業日)
・定休日 : 月曜日(祭日の場合は営業・翌日が休み)
・最寄り駅 : 千駄木駅・日暮里駅
・キーワード : 天然氷・自家製蜜
・友人・同僚 / デート / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ