記事
[ 総記事数:3485件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2012年9月30日(日曜日)
   
http://welcomenoshiro.com/?post_type=schedule&p=1804

能代市で毎年この時期に開催されるイベントで、今年で7回めになります。
初めて参加しました。

今年はあいにくの雨で、会場を旧・料亭金勇に移して実施されました。

200人が参加しました。


このイベントの特徴は、会費(2,000円)を払えば食材、鍋などすべて主催者が用意してくれて、参加者は身体ひとつで会場に行けばきりたんぽが食べられるということです。
(調理はセルフです)


さらにここで我々は秘密兵器を導入。

同僚が持ってきてくれた比内地鶏!!

完成図。

お米がモチモチで最高でした!
きりたんぽ鍋を食べると秋田県民であることの喜びを感じます。

また、白神メジマグロの解体ショーを行われました。

白神メジマグロとは、マグロで有名な青森県大間・・・に辿り着く前の日本海を泳いでいるマグロで、現在能代市で推している食材です。

解体されたマグロは1皿300円で提供されました。

赤身ながら、程よい柔らかさで美味でした!!





2012年9月29日(土曜日)
   
http://www.udonexpo.net/

昨年に引き続き湯沢市で開催されたうどんエキスポ。
エキスポっていうからてっきり、うどんの名産地持ち回りのイベントになっていくのかと思いきや、今年も湯沢でした。秋田県民としてはありがたいんですけどね!(^^)

ちなみに昨年の模様は→こちら



うどんの出品数が昨年の10から30に。
会場を5箇所に分散したことで、いい感じに客がばらつき、各うどんをほとんど待たずに受け取ることができました。これはよかったと思います!!

では今年食べたうどん 全5杯を紹介します!!

1.大阪河内かすうどん(¥500)

かす=牛ホルモンをじっくり脂が抜けるまで長時間かけて揚げたもの。

なので、見た目・食感ともに天カスに近いものがありました。

2.甘ったれうどん(¥400)

from宮城県蔵王町。

でも、うどんは北海道産小麦粉使用。
たれは名前ほど甘くなく、醤油味が前面に出てました。
卵を混ぜると、卵かけご飯 うどんVer.みたいな味わいに。(あくまで個人的主観)
5つ食べた中でこれが一番胃袋にクリティカルヒットしました!!

3.イベリコうどん(¥400)

from滋賀。
イベリコ豚は高級なので、うどんの量はすくなめ。
豚のうまみがスープにも反映されてました(^^)


4.水沢うどん(¥300)

fromグンマー。

水沢うどんは数種類メニューがあり、舞茸天ぷらうどんをチョイス。
スープは冷たいタイプでした。

5.熊谷うどん

from埼玉。
最高気温ネタでよく名前がでる熊谷はうどんも有名でした。
卵も地元のものを使用。

スープの定義はないようですが、今回出品しているものは魚だし強めでした。

というわけで、今年も楽しませていただきました!!来年も開催してほしいです!!


うどんで腹は十分満たされたのですが、湯沢に行ったらどうしても食べてみたいものがありました。

高市青果店のオランダ焼!!


大きな地図で見る

1個100円。


大判焼きの中はハムとマヨネーズというシンプルなもの。
でも、これが湯沢市民に長年愛されているソウルフードです!!



2012年9月28日(金曜日)
   
日本食研さまの力を借りてムニエルに挑戦!!


用意したサーモンはこちら。


完成図。

キリン・白ハイボールといっしょにいただきました。

俺でも簡単にムニエルが作れたー!!\(^o^)/




2012年9月27日(木曜日)
   
昼はやおき食堂から親子丼(¥500)を出前。


夜はすき家のきんぴらこんにゃく牛丼(+サラダ)を食べました。

きんぴらこんにゃくけっこうボリュームありました。輪切り唐辛子がありピリ辛仕上げ。
LINEのすき家公式アカウントのクーポンを使って30円引きで買うことができました(^_^)v





2012年9月26日(水曜日)
   
昨日のけんぽくTVでの失態に激しく反省し、今日は家で料理をしました。

今回作ったのはリケンのマボもやし。


用意した食材はこちら


完成図

キリン秋味といっしょにいただきました。
豆板醤の程よい辛さと、香味野菜の香りが食欲をそそる「げんこつエキス」(豚の前肢・後肢)のコクが決めてのソースです。←※箱に記載の解説





前のページ | B食LOGトップ | 次のページ