記事
[ 総記事数:3485件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2010年11月30日(火曜日)
   
グリコ・ドロリッチ カフェゼリー ショコラ クリームin



ちょっぴり入っている洋酒が、リッチな感じを演出しています。



カルビー・じゃがりこ 感謝のキムチ味(すでに販売終了)





辛さは控えめ。



本日の一杯:サントリー 琥珀の贅沢(これでもすでに販売終了)


おつまみはジャスコで買ったやきとり。

限りなくビールに近い味わいの新ジャンル。長期熟成の成せる業でしょうか。
2010年11月29日(月曜日)
   
日程最終日、最後の観光スポットとなったのは「松江城」。


天守閣から見た宍道湖の風景。

ガイドブックを見たら、「城内の柱にハート型に見える木目がある」と書いてあったので、必死こいて探しましたが見つからず…あきらめて受付のおねえさんに聞いてみたら、場所が記された1枚の紙をいただきました。やはりみんな見つけられないんだろうな(^_^;)

というわけで無事見つけることができました(^ ^)v
おねえさんありがとう!

目的を達成したので、お城の近くにある「二の丸茶屋」でいっぷく。

ここで、名物の「ぼてぼて茶」(550円)をいただきました。

泡立てたお茶の中におこわ・漬物・煮豆・高野豆腐を入れて、箸を使わずに流しこんでいただくスタイル。
(一応箸はついてきます)
お茶漬けとはまた違った感覚。所変わればまったく違った文化に出会える。旅の醍醐味ですね!



飛行機の出発時間までまだ余裕があったので、境港へ舞い戻ってきました。

「お食事処 かいがん」
でお昼ごはんを食べました。

「目の玉定食」(1,600円)をいただきました。
見た目のインパクトで即決!


鳥取名産・砂丘ながいも、のり、イクラで目玉おやじのできあがり。
とろろの下にはマグロ・サーモン等の漬け丼が隠れています。
デザートもついてきて、ボリューム満点!大満足!



米子鬼太郎空港から羽田空港へ。
秋田行きの便までしばらく時間があったので、田舎者の私は空港内を探検。
何か甘いものでも食べて帰りたいな〜と思っていたら…

エアポート ダイナーで、


とろける羽田プリンなるものを発見。

写真でとろけ具合が伝わりますでしょうか…?
めっちゃトロトロでした!
バニラビーンズがたっぷり入っていて、風味豊か。
甘さも丁度いい感じでした。



こうして3日間に及ぶ旅は終わり、無事帰ってきました。

秋田は雪が降っていて、一気に現実に引き戻されてしまいましたが、やはり旅はいいですね〜
私には、日本の全47都道府県を訪れてみたいという野望があるので、これからも野望達成に向け、チャンスがあったらどんどんいろんなところに行きたいと思います!

あとは縁結び効果がちゃんと現れれば、この旅はもっと思い出深いものになるでしょう(^_^;)
2010年11月28日(日曜日)
   
今回宿泊しているところは「松江東急イン」。
朝食は和洋バイキング。

もずく入り雑炊、しじみ汁、あご野焼、飛魚のつみれなど地元の食材が多くていいですね〜!

朝食後、出雲大社に行きました。


現在は「平成の大遷宮」のため、平成25年まで本殿は改装中。
それまでは御仮殿で参拝することになります。

ここでもおみくじを買いました。


出雲大社のおみくじは大吉とか書かないタイプなんですね〜

出雲大社と言ったら「縁結び」!もちろん買いましたよ!縁結びの御守りを!!
今年あっけなく切れてしまった縁の糸をもう一度この手にたぐりよせてみせる!このまま終わってたまるか!

そして、出雲と言ったら「出雲そば」
「田中屋」で出雲そばを食べてきました。


大きな地図で見る


「三色割子」(900円)を注文。

三色はとろろ・うずら・揚げ玉。

出雲そばの特徴は、つゆを直接かけていただくところ。
つゆは一般的なものより塩辛いので、少量かけるだけで十分。
歴史あるそば、堪能させていただきました!


午後は、2007年世界遺産に登録された石見銀山へ行きました。

一般公開されている「龍源寺間歩」(りゅうげんじまぶ)は最寄りのバス停から2.3km。徒歩だと30分以上かかります。(レンタサイクルもありますが途中から徒歩での移動を余儀なくされる)

坑道は天井が低く、身長179cmの私はほとんどの通路を前かがみで歩くことに(^_^;)

坑道は約150mと短いですが、それより長く感じました。世界遺産の重みがそう感じさせたのでしょうか…

道中気になるお店が。それは「喫茶やまぶき」。



スイートポテトで作ったドーナツ、外はサクサク、中はホクホク。おいしかったです!

〜 後編へ続く 〜
   
前日は魚介を中心だったので、今日は肉を…と思い、今回わたくしがセッティングしたお店は、
しまね和牛肉が食べられる焼肉屋「味道園」です。


大きな地図で見る



カルビ!


ハラミ&牛上ホルモン!


牛タン塩!

どれも柔らかくて超絶美味でしたが、特にハラミに感動。
肉厚なのに柔らかくてジューシー…たまらん。



レバ刺し。


ユッケ。


豚トロ。
ちなみにこれは島根ではなく、山形の三元豚だそうです。


焼肉にごはんものが欠かせない私はテグタンクッパを注文。肉もたっぷり入っていてボリューム満点!


明日の午前、最後の観光をして能代へ戻ります。

2010年11月27日(土曜日)
   
職場のなかま(総勢7名:11月6〜7日の函館旅行とは違うメンバー)で旅行することになりました。

行き先は鳥取・島根。本来であれば”神在月”である10月に行く予定だったのですが、宿や飛行機が確保できず、今回の日程になりました。

秋田からは直行で行けないので、羽田を経由。

羽田で朝ごはん。食べたのはこちら。

「ゲンカツ」「キムカツ」のカツさんど。

薄切りの豚肉を何重にも折り重ねて、ミルフィーユのように作られたトンカツは独特の食感でした(^ ^)v

そんなこんなで本来の目的地「米子鬼太郎空港」に到着。


空港についたのが昼ころだったので、まずは腹ごしらえ…と境港へ向かうも、どこも満員。

ゲゲゲの女房効果恐るべし。

あちこち迷走し、ようやく安住の地「お食事処 さかゑや」にたどり着きました。

大きな地図で見る




おすすめの「かに天丼」を食べました。


カニの天ぷらが贅沢に5本も入っていました!


こちらは同僚が食べていたウニ丼。

食後、本日のメイン観光スポットである「水木しげるロード」へ。




多くの観光客でにぎわっていました。

ここで食べたのはこちら。



金賞コロッケ。

ソースなしでもしっかりと味がついていて、中のじゃがいももトロけそうな食感でした!

他にも個性的な食べ物が多くあり、いろいろ食べたかったのですが、旅の序盤で暴飲暴食はできず断念。また行きたいな〜

すぐに見終わってしまうかなっと思っていましたが、それはとてつもなく誤った認識でした。1つ1つの妖怪ブロンズ像に目が行くし、スタンプラリーもやっていて(しかもスタンプ設置箇所が多い)、なかなか飽きさせない。



結局、日が暮れて目玉おやじの街灯に明かりが灯るまで滞在したのでした(^_^;)

〜 後編に続く 〜
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ