記事
[ 総記事数:3485件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2008年8月31日(日曜日)
   
この日、宿を出て最初に向かったのは「ノーザンホースパーク」。

馬車に乗って園内を1週したり、スタッフにひかれながらも乗馬を体験したり(体重制限にひっかかるかと思ったけど大丈夫でした(^_^;))馬とふれあってきました。しかし、うちの妻がこんなに馬好きだったとは・・・
パーク内だけでもレストランが数店舗あり、どこで食べようかまたまた悩みましたが、ガーデンレストラン「THE KITCHEN"K’s Garden"」で昼食をとることにしました。

この日のランチタイムは8つあるメイン料理の中から1つを選択する形式でした。

我々は「羅臼産サーモンのグリルと佐呂間産帆立貝のココットグラタン」(1,500円)をチョイス。
そして、スープやパスタ、サラダ、デザート等のサイドメニューはビュッフェ形式で食べ放題でした。

この日のパスタはトマトソース。これにもサーモンが入っていました。
メロンアイス。
ランチを食べた後、近くにある「社台スタリオンステーション」に行き、ディープインパクトを見てきました。競馬はやらない私ですが、この馬のスゴさはさすがに知っております。
   
この日は最終目的地は帯広。

ここを選んだ理由は十勝地方のご当地グルメ「豚丼」を食べるためです!

というわけで豚丼の元祖といわれる「ぱんちょう」に行ってきました。
豚丼は肉の量で松・竹・梅・華の順にランクが上がります。女将さんの名が梅さんなので、松より梅の方が上位なのだそうです。(参考元:BUTADON.com)

というわけで妻は”松”(850円)を・・・
私は”華”(1,250円)をなめこ椀(200円)といっしょにいただきました。
炭火焼きの香りと、秘伝のタレ(醤油ベースの甘辛風味)がからみ合い、1口食べてとりこになってしまいました。肉は厚みがありますが、やわらかく仕上がっております。タレがごはんにまでしっかりしみこんでました。もっと味わって食べようと心で思っても、口と手は止まらず、あっという間に平らげてしまいました。
豚丼を堪能したあとは、お土産を買おうと思い六花亭の本店にたちよりました。

広い店内を歩いていると目にとびこんできたのが、こちらの「雪やこんこ まじりっけなし」。直営店でしか食べられないということで迷わず注文。

添加物ゼロのソフトクリームに「雪やこんこ」のブラックココア入りビスケットを添えた1品。本当はビスケットは1枚なのですが、期間限定で2枚つきだそうです。ラッキー!

ソフトクリームは牛乳の味が際立っており、ビスケットにつけて食べると、言葉にならない美味しさ・・・雪やこんこは今まで食べたことがなかったので、お土産に即追加したのは言うまでもありません(^_^;)

今日も大満足の1日となりました。
B食店情報
・店名 : 元祖 豚丼のぱんちょう(がんそ ぶたどんのぱんちょう)
・ジャンル : 和食-郷土料理
・住所 : 北海道帯広市西1条南11丁目19番地
・TEL : 0155-22-1974
・営業時間 : 11:00?19:00
・定休日 : 毎週月曜日、第1・3火曜日
・最寄り駅 : 帯広駅(根室本線)
・キーワード : 豚丼
・友人・同僚 / デート / 家族・子供
B食店ページへ

2008年8月30日(土曜日)
   
というわけで無事北海道上陸を果たしました。
9月6日(土)まで滞在する予定です。

函館に到着するのがちょうどお昼になるので、昼ごはんは函館朝市 どんぶり横丁市場で食べることに決めてましたが、下調べすればするほど、どのお店も魅力的で、どこにしようか迷いに迷いました・・・現地についてもやっぱり悩み・・・悩んだ結果・・・
「恵比寿屋食堂」で食べることにしました。
無類のウニ好きである妻は「うに・いくら丼」(1,980円)を・・・
私は「あぶりトロサーモン丼」(1,000円)を注文。
焦げた部分と生の部分が絶妙なハーモニーを生み出します。4時間弱に及ぶ船旅の疲れもふっとぶうまさでした!
B食店情報
・店名 : 恵比寿屋食堂(えびすやしょくどう)
・ジャンル : 和食-日本料理
・住所 : 北海道函館市若松町9-15
・TEL : 0138-23-1602
・URL : http://www8.ncv.ne.jp/~evisuya/
・営業時間 : 6:00?18:00(夏期は?20:00)
・定休日 : 不定
・最寄り駅 : 函館駅(函館本線)
・キーワード : 函館朝市/どんぶり横丁/公式サイトTOPページ印刷で5%OFF
・友人・同僚 / デート / 家族・子供
B食店ページへ

   
函館で昼食をとった後は洞爺湖地球岬などをまわりこの日の最終目的地・苫小牧に到着。

翌日の目的を考え苫小牧での宿泊を決めましたが、せっかくなのでご当地グルメを堪能したい!そこで調べたところ、苫小牧はホッキ貝の漁獲高が日本一なのだそうです。

そこでホッキ貝を堪能できそうなお店を探したところ、見つけたのが苫小牧の飲食街にある「北のゐざかや」です。
こちらがホッキ貝を使用した店のオリジナルメニュー「ホッキのお貝揚げ」(840円)です。
中にはホッキ貝だけでなく、カニの身、椎茸なども入っており、非常に風味豊かな仕上がりになっております。
活ホッキ貝の刺身(950円)も美味でした!
本日のおすすめメニューの1つ「キンキ煮こごり」(950円)

妻が食べたくて注文したのですが、これもうまかった!煮物系は居酒屋で頼まない私ですが、こういうのもいいなと思いました。

いつも旅先では守りに入って全国チェーン系居酒屋にしか行かない私ですが、今回は勇気を出して居酒屋の新規開拓をして本当に良かったと思いました。店内には立派なカウンターがあり、そこでは職人の方々がプロフェッショナルな仕事をこなしていました。その仕事ぶりを間近で見られただけでも行った甲斐がありました。店内は大いににぎわっており、ちょっとタイミングを間違えれば入店できないところでした。

というわけで大満足の旅行初日となりました。
B食店情報
・店名 : 北のゐざかや(きたのいざかや)
・ジャンル : 居酒屋
・住所 : 北海道苫小牧市大町2丁目1-4
・TEL : 0144-34-8800
・URL : http://www.kitanoizakaya.com/
・営業時間 : 17:00?ラストオーダー22:00
・定休日 : 日曜
・最寄り駅 : 苫小牧駅(室蘭本線・日高本線)
・キーワード : ホッキ貝料理
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

2008年8月29日(金曜日)
   
ただいま青森市に来ております。
(写真は滞在中のホテルの部屋から撮ったアスパム

明日の朝ここからフェリーに乗り、北海道に上陸します!!

当初、結婚した2005年に新婚旅行として北海道に行く予定でした。理由は昨日書いたとおり、妻が1度も行ったことがないからです。(そのかわり私が未体験の海外旅行は経験済み)
しかし、諸事情により実現できませんでした。それから3年の月日がたち、このたびようやく行けることとなりました。3年ごしの新婚旅行となります。
というわけで青森市まで来る道中で晩ごはんを食べようと思っていたのですが・・・出だしでいきなりつまずきました。

久々に大館いちろの海老ワンタンメンが食べたいな〜と思ってお店に行ったのですが、(今年もぐるっと秋田スタンプラリーの協賛店だし)なんと休み!

理由は最近OPENした系列店の「錦 秋田本店」大繁盛のため、そちらの手伝いに行っているから、とのこと・・・がっくり・・・

しかし、どうしてもワンタンメンが食べたかったので、空腹と戦いつつ、青森県に突入し、「弘前いちろ」まで足を伸ばしました。 
2人とも海老ワンタン(750円)を注文。

私は塩・・・
妻は醤油。

醤油のほうには焦がしネギが入っており、香ばしさUP。

いちろのワンタンは皮が厚めで食べごたえがあります。あきらめなくてよかった・・・
餃子(250円)も皮がパリパリで美味しかったです。

最近は物価高で値上げをしているお店が多いですが、いちろを含めた錦グループは値上げをしません!と店頭に貼られた大きなポスターで堂々と宣言しておりました。がんばれ!

では、明日は早起きしないとフェリーに乗り損ねるので早めに寝ることにします。
B食店情報
・店名 : 弘前いちろ(ひろさきいちろ)
・ジャンル : ラーメン
・住所 : 青森県平川市岩館字山の井127-3
・TEL : 0172-44-0039
・URL : http://nishiki-diner.com/hitiro.html
・営業時間 : 11:00?21:00
・定休日 : 毎週木曜日
・最寄り駅 : 石川駅(弘南鉄道大鰐線)
・キーワード : 海老ワンタン/黒ゴマ担々麺
・友人・同僚 / デート / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ