記事
[ 総記事数:5997件 ] [ RSS2.0 ]
2017年1月4日(水曜日)
   
かつてはメキシコ全体の1/3にあたる銀を産出していたグアナファト。

シルバーラッシュでたくさん押し寄せた人たちが、谷から山にかけて思い思いに家を建て、それにカラフルな色を塗ったので、おもちゃ箱をひっくり返したような街になっています。

まずはイダルゴ市場へ。

市場の出口付近で売っていたのは、大きな唐辛子を焼いて皮をむき、辛いソースに漬け込んだもの。唐揚げにしたのも売っていました。

昔はみんな家で手作りしていたそうですが、手間がかかるので、今は市場で買うことが多いらしい。
で、これがメキシコのガレット・デ・ロワ。

中にフェーブというか、おまけが入っているそう。とっても小さくて、1人サイズのお菓子です。
グアナファトの近郊にはいちごの産地があるとかで、いちごを使ったお料理が多かったのも印象的。

普通のサラダだけど、いちご(やぶどう)がゴロゴロ。

サーモングリルもいちごのソースでした。
こちらはキノコのケサディーヤ。オアハカで食べたのとは大違いです。
レストランのテキーラメニュー。

さすがの品揃えですね。食後酒にテキーラクリームをいただきました。

グアナファトの旅行記はこちらをどうぞ。

バレンシアーナの銀鉱山

グアナファトの路地裏巡り