記事
[ 総記事数:5997件 ] [ RSS2.0 ]
2016年8月20日(土曜日)
   
サンクトペテルブルク、マリインスキー劇場のすぐそばにあるレストラン、サドコ。リムスキー=コルサコフの歌劇の名前でもありますね。

メインのチキンカツ。
ロシアらしいお茶のカップ。

とはいえ、ジャムを添えることはあってもジャムをお茶に入れて飲むことはしないそうです。
翌日行った、ツァールスコエ・セロー。

プーチン大統領もお気に入りのレストランだとか。

今回初めて、ウォッカを飲みました。結構いける。
民族音楽も披露してくれました。
ロシア最後の夜は、ストロガノフ宮殿にて。

マスの前菜。
本場のビーフストロガノフは下のリンクからご覧ください。


サンクトペテルブルクの街歩き

エルミタージュ美術館

ペテルゴーフとエカテリーナ宮殿

ロシア最後の晩餐
2016年8月16日(火曜日)
   
サンクトペテルブルクの朝食は、どことなく洗練された感じ。
パンもいろいろ。甘いのがおおいかな。
クレープにいくらをのせて、サワークリームや薬味を添えて食べるのもおいしい。

これまた泡がほしくなりますね。
さて、フィンランドとの国境に近いカレリア共和国へ。

途中の昼食ででてきたピロシキ。
ピロシキにはいろんな具を詰めるようです。
カレリア共和国の首都、ペトロザヴォーツクにて。

夕食のデザート。コーヒー風味でした。


サンクトペテルブルクのさわり

ペトロザヴォーツクへ

キジ島

カレリア文化体験

2016年8月15日(月曜日)
   
モスクワからサンクトペテルブルクへ。鉄道の旅です。

新幹線のビジネスクラス。
飛行機のように、テーブルにナフキンを敷いて、ワインがでてきました。
お料理は・・・

チョイスがあってもほとんど売りきれで、なんだかわからない卵料理。
甘いパンがデザート代わり。
サンクトペテルブルクに到着して・・・

夕食はネヴァ川に浮かぶ水上レストランにて。
パスタが浮かんだスープ。
メインは魚をフレークにして揚げたもの。

なかなかおいしかったです。


ロシア鉄道旅行の様子はこちら
2016年8月14日(日曜日)
   
夏のロシア旅行の記憶

モスクワその2。

朝食風景です。
褐色の液体は、麦芽飲料、クワス。夏の間によく飲まれるそうです。
スモークサーモンやピクルス、マリネなど。
飲みたくなったら、朝からスパークリングワインが用意されています。

ロシア産のようです。
こちらはスパークリング・ウォーター。

おしゃれなボトルですね。ガス入りとガスなしの表示がわかりにくいのが難点ですが・・・
ついでにビールの画像も。

味の濃いビールでした。
2016年8月13日(土曜日)
   
夏のロシア旅行の記憶

まずはモスクワ。

ロシア料理といえばボルシチ。濃厚なビーツのスープに、柔らかい味わいのサワークリーム(ロシアではスメタナと呼びます)。
そしてキャビア。

といって、キャビアは口には入りませんでした。
ホテルのキャビアバーの冷蔵庫をパチリ。
赤の広場に建つグム百貨店の名物、アイスクリーム。
食べます♪

昔と同じレシピで作られているそうです。
懐かしい甘さ。
地下道にはなぜかダイドーの自動販売機が。

買う人いるのかな。


モスクワの旅行記はこちらをどうぞ。
モスクワ街の風景

クレムリン

赤の広場

トレチャコフ美術館