記事
[ 総記事数:5992件 ] [ RSS2.0 ]
2016年5月3日(火曜日)
   
クスコのアルマス広場を見下ろすレストラン、LIMOで。

バケツに入ったポテトチップスがおつまみとして出てきます。

3種類のソースを添えて。
緑色のコリアンダーソースが、気に入りました。
前菜のカウサ。

ここでは、マッシュポテトの中に、アボカド、鱒、蟹肉が巻き込まれ、さらに表面をソテーしてありました。

甘いソースがかかってたけど、これはないほうが好きかな。
メインはロモ・サルタード。ペルー風の牛肉野菜炒め。味付けもちょっと醤油っぽくて、食べやすいです。

ピラミッド型にご飯を盛りつけるのは、今の流行りなのかな。
デザートはライスプディング。

今回のツアーでも何度も食べました。
レモングラスのハーブティで。

あとは1日半かけて帰国するだけになりました。
2016年5月2日(月曜日)
   
お昼はほとんど喉を通りませんでしたが・・・

列車、バスを乗り継いで到着したクスコ。

フルコースのディナーが待っています。
前菜のカプレーゼ。

トマトに軽く火を通してあるので、甘みがましてさらにおいしい。
ここでも、紫トウモロコシで作ったチチャモラーダ。

手前の濃い紫色のトウモロコシを、芯ごとつけこんで作るのだそう。
アルパカに再チャレンジ。

こちらはほんとにやわらかくて、おいしかった。
付け合せのご飯。もち米かな、もっちりしていて美味しかった。

上に乗っているのは卵の白身? 不思議な取り合わせですね。

完食です!
   
標高2400mのマチュピチュから、3061mのマチュピチュ山へ。

まずは腹ごしらえ。

ペルーの人は甘いモノが好きなのかな。朝からデニッシュ系が充実しています。
ハム、チーズ、サーモンに、ちょっとだけフォアグラのパテ。

フルーツのタルトもいただいて。
マチュピチュ山へは、1.5時間の登り。ずっと石段が続きます。

登山の様子はこちらをどうぞ

山の上で食べた、カントリーマアム。
まさに360度の絶景でした。
1時間かけて下って・・・

体力を消耗し、昼食はほとんど喉を通りませんでした。

マスのグリル、おいしかったんだけどね。
シャーベットも入らないくらい。

体力の低下をひしひしと感じた1日でした。
2016年5月1日(日曜日)
   
標高2000mのマチュピチュ村。

朝食はパンケーキと、バナナをキヌアでまぶして揚げたもの。
ペルーのパッションフルーツ。

いわゆるパッションフルーツとは別のものですが、食感はそっくり。
この種ごといただきます。パッションフルーツより甘くておいしい。
いざ、マチュピチュ遺跡へ!

中は時計回りの一方通行になっています。

段々畑、遺跡、その向こうにワイナピチュ山。
お昼のビュッフェは遺跡の前のレストランで。ビュッフェスタイルです。
どれもおいしくて、おかわりしちゃいました。

ここは標高2400m。いい気になって、カヴァをがぶ飲み。

少し休んで、午後からもう一度遺跡に行きました。
夜はメインダイニングで。

そういえばペルーでは、エディブルフラワーがよく出てきましたね。

明日は山登りです。