記事
[ 総記事数:5982件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2013年4月30日(火曜日)
   
アカバから北上して、砂漠地帯に入ります。

アラビアのロレンスの世界、ワディ・ラムです。
4WDのピックアップトラックの荷台に揺られて砂漠体験。
途中、砂丘に上りました。

遠い世界に想いを馳せる私(笑)

駱駝の親子にも出会って・・・
お昼は、砂漠の中に作られたテントホテルでビュッフェ。
お皿の左上が、羊の煮込み。塊状態でじっくり煮こんであります。

フォークでもほろりと崩れるお肉。見かけによらず、とっても美味しかった。
ここでもビール。

ヨルダンでつくっている「アムステル」が定番のようです。
缶ビールでもジョッキに注いで飲むのがヨルダン式?
2013年4月29日(月曜日)
   
キリストが洗礼を受けたといわれるベタニアから、再び死海のほとりをずっと南下。ヨルダンの南の果てまでやって来ました。

アカバ港。赤茶けた岩山をバックに、国旗が翻っています。
観光の前に、まずは腹ごしらえ。

メッゼと呼ばれる前菜が、テーブルいっぱいに並びます。
ペースト状のもの、サラダなど。
地元のレストランで、アルコールは置いていません。

しかたなく、ノンアルコールビールで。
ほの甘くてソフトドリンクみたい。キリンフリーを飲みたくなります(笑)
メインは巨大なお魚。添えられたじゃがいもも相当大きいのですが・・・ 右上、レモンのサイズと比べると大きさがわかりますね。

ハムールと呼ぶそうです。

食べきれないと思ったけど、とってもおいしくて、完食。

ハタの仲間らしい。
デザートのオレンジムースは・・・ 甘すぎてギブアップ。

とはいえ、ヨルダンの食事、かなりいけてます。
2013年4月28日(日曜日)
   
アンマンから、一路死海のほとりのホテルへ。約1時間で到着。

4食食べたばかり?なのに、まずは昼食です。

中東のお料理は、沢山の種類の前菜がうれしい。
特に、ここヨルダンでは、生野菜を安心して食べられるのだそう。

サラダにディップ、温かい前菜など・・・
我ながらすごい食欲。

奥にある赤っぽいスープ。ガスパチョかと思って取ったら、スイカのスープでした。ほんのり甘い(笑)
お供は、ヨルダン産の生ビール。

ヨルダンもイスラム教の国ですが、アルコール飲用にはかなり寛容なのだそう。味も普通においしかった。

それにしても大きなジョッキです。
温かいお料理も。

魚や鶏、牛、羊など。さすがに豚肉はありません。
デザートまで!
この調子だと、旅の間にずいぶん太ってしまいそう(汗)

では、さっそく死海を楽しみに。行ってきます。
   
エティハド航空で、まずは成田を飛び立って・・・ 

夕食は和風のセットメニュー。結構美味しくて、デザート以外は完食。
赤いコップに入っているのは白ワインです。
アブダビまで、約12時間のフライト。

到着前に朝食が出ました。シャクシュカ。中東の卵料理です。
アブダビのラウンジ。
さっき食べたばっかりなのに、こんなふうに並んでいるのを見ると、やっぱり手が伸びてしまう。
朝食といえばパン・オ・ショコラ♪

あとはお野菜を中心に。
アブダビからヨルダンの首都アンマンまでは2時間ほどのフライトですが、また朝食が出ました。

こちらもシャクシュカ。スクランブルエッグ状です。

さあ、いよいよ47カ国目、ヨルダンの旅の始まりです♪
2013年4月27日(土曜日)
[ 19:51 ] [ ノンジャンル ]
   
moblog成田空港です。連休初日でも、この時間は人もまばら。食べ物もほとんどありません。

これから47ヵ国目へ。行ってきます!
2013年4月26日(金曜日)
   
体を動かしたあとは、ビールがひときわ美味しいですね。
キムチとか
白魚の唐揚げとか

ビールに合いそうなつまみをいただいて・・・
鉄板焼きに突入。

ホタテのバター焼き。
そして、お好み焼き。
ビールのためにあるような食べ物ですね(笑)

お疲れ様、私。
2013年4月25日(木曜日)
   
じゃじゃーん。たっぷりのウニ。

北方四島からのものだそう。
たまりませんねぇ。
八寸のあわびも・・・
揚げ物もおいしかったけど・・・

やっぱり、今日のナンバーワンはウニご飯かな。
2013年4月24日(水曜日)
   
自然派ワインのお店、サン・マキアージュで女子会。

アミューズはホタルイカ。バジルソースで。下はさつまいものスープです。
まずはシャンパン。
おまかせコースなので、何が出てくるかお楽しみ。

ほとんど、お刺身みたいなカルパッチョ。ミモザソースが春らしいですね。
白ワインと。
前菜がどんどん続いて・・・ 写真が載せきれません。

メインのお魚は鯛でした(写真はないけど)
お肉はシャランの鴨。

持ち込みしたドゥジャックのエシェゾーと。2000年と2001年を飲み比べましたが、文句なしに2000年の完勝。2001年はブラインドで飲んだら、ブルゴーニュとも思わないかもしれません。不思議ですね。
知らないうちに、5本空いてました。楽しかった♪

でも、7人だったからおとなしい方です。明日も仕事だからね。
B食店情報
・店名 : Sans Maquillage  サン・マキアージュ(さんまきあーじゅ)
・ジャンル : 欧風料理-フレンチ
・住所 : 東京都目黒区自由が丘2-16-19 101
・TEL : 03-3725-2033
・URL : http://sans-maquillage.com/
・営業時間 : 11:30〜13:30/17:30〜21:00 (L.O.)
・定休日 : 月曜
・最寄り駅 : 自由が丘
・キーワード : オリーブオイル中心の現代的フレンチ/自然派ワイン
B食店ページへ

2013年4月23日(火曜日)
   
阿佐ヶ谷のシンチェリータ

ジンジャーミルクと、いよかんフロマージュのダブル。色がほとんど一緒で見分けがつきませんね。

最近、生姜ものにはまってます。喉にカーっとくるのがおいしいね。
B食店情報
・店名 : シンチェリータ 阿佐ヶ谷店(シンチェリータあさがやてん)
・ジャンル : スイーツ-洋菓子
・住所 : 東京都杉並区阿佐谷北1-43-7
・TEL : 03-5364-9430
・URL : http://shop.sincerita.jp/
・営業時間 : 11:00〜21:00
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : JR中央線阿佐ヶ谷駅
・キーワード : 国際ジェラートコンテスト世界第3位受賞のジェラート専門店
・友人・同僚 / デート / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2013年4月22日(月曜日)
   
前回は半分しか食べられなかった肉まん

今日は独り占め。やっぱり美味しい♪
ビールと一緒に♪

喉がカラカラだったので、あっという間に空いちゃいました。
2013年4月21日(日曜日)
   
新政の頒布会。

黄麹と白麹の飲み比べです。
3回の頒布会は、「微生物の世界」と銘打たれています。
今回はその1回目。

お店に持ち込んで、みんなで飲み比べ。

もともと、日本酒は黄麹で仕込まれています。コクがあるけどスッキリとした味わい。

白麹のほうは、泡盛の黒麹の突然変異。焼酎を仕込むときによく使われます。こちらで仕込んだお酒は、ふわっとフルーティな香り。味も甘味の奥に酸味が感じられ、白ワインを飲んでいるようです。
つまみとあわせながら・・・

トリ貝のお造り。
ズワイガニとかにみそ。

お酒が進んで困ります。
中トロは塩で。

どれもみんなおいしくて、幸せなひとときでした。
2013年4月20日(土曜日)
   
パワーヨガのあとは、泡モノが飲みたくなります。

たいていはビールですが、今日はシャンパン。
食べ物は、シャンパンに合わせたつまみ。

たとえばホタルイカのクスクス。
たとえばイワシのオーブン焼き。
ナスのタプナードもいい感じ。
野菜のパスタで〆。

なんとなくヘルシーな夕食でした(笑)
2013年4月19日(金曜日)
   
駆けつけ一杯は、飛露喜。今日は、酒仲間?の集まりです。

黒板に天の戸の美稲をみつけて・・・
食べ物はもっぱら珍味。

なんだか、ピンぼけ写真ばっかりです。既に飲み過ぎ?

一番人気は、イカの肝味噌和え。あるいはマグロの酒盗和え。
それとも、芝海老チップス?
さらに、益荒男とか・・・
ザクとか・・・
ヌメロ・サンクとか・・・

240mlのチロリで出てくるので、6人で分けて飲むのにちょうどいい感じでした。
ほかにも、クロユリ、李白あたりは覚えてるけど、もっと飲んだなあ(汗)
2013年4月18日(木曜日)
   
Paulのアングレーズ・アブリコ。

たっぷりとアプリコット。酸っぱくて美味しい♪
2013年4月17日(水曜日)
   
昨年の2月に世田谷のお店をたたんで、三重県へ

コンフィチュール・アッシュのお菓子をお土産に頂きました。

三重のアクア・イグニス。行ってみたいなあ。
2013年4月16日(火曜日)
   
レアチーズケーキのアイス。
たしかに、味はクリームチーズっぽい。
さらにクッキーのかけら。これで「ケーキ」ってことね。

もうちょっとクッキーが入っているといいのにな。
2013年4月15日(月曜日)
   
お食事だけでお腹いっぱいですが・・・

ここからがデザート攻撃。

チーズかヨーグルトのチョイス。さすがにチーズは入りません。
次はいちごのスープ。

よく混ぜていただくと、いちごミルクの感じ。
さらにデザートの盛り合わせ。雪だるま、かわいい♪

しかし、全部で6種類!
ジェラートも出て来ました。
桜と大葉。

さっぱり、おいしいけど、入らない・・・
そして小菓子。ギブアップでした。残念(笑)
2013年4月14日(日曜日)
[ 20:19 ] [ おいしい食べ物 ]
   
蕗って、子供の頃は嫌いだったなあ。
2013年4月13日(土曜日)
   
冷奴から始まって・・・
水菜とお揚げ。
豪快に焼いた筍。
そして、ビフカツ。

蕎麦前に食べ過ぎでしょう(笑)
締めのお蕎麦。

お昼はお蕎麦屋さんですが、夜はしっかり居酒屋メニューです。
B食店情報
・店名 : 笑門(しょうもん)
・ジャンル : 和食-郷土料理
・住所 : 東京都目黒区自由が丘1-3-14
・TEL : 03-3725-0045
・URL : http://r.gnavi.co.jp/a678100/
・営業時間 : 18:00?翌?3:00(L.O.2:00)
・定休日 : 日休
・最寄り駅 : 自由が丘
・キーワード : お刺身/ネギ焼き/少数だけどおいしいお酒
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

2013年4月12日(金曜日)
   
親友のバースデイ。今年は恵比寿のモナリザでお祝いです。

わぁ、綺麗!
2枚のガラスのお皿の間に花びらを散らしてあります。

アミューズのホタルイカ。

ホワイトアスパラガスのブランマンジェ デコポン風味 山女のスモーク添え。

スモークの香りがアクセントになって、アスパラガスの優しい味わいを引き締めます。
手長海老と野菜のパートブリック包み焼き 緑茶とパセリのソース。

フキノトウにたらの芽、コシアブラ。山菜の苦味がうれしい。
赤白緑の組合せもインパクトがあります。

カワハギのグリエ 蛤と筍、春キャベツのマリアージュ。

こちらも、付け合せの春らしさを感じる一皿。
クローバーのお皿も可愛いですね。
メインは、仔羊ロース肉とフォワグラのチョコレートパイ包み トリュフソース。

やわらかい羊、ほんのりチョコの風味のパイ生地との取り合わせが面白い。

それにしてもお腹いっぱいです(笑)

さらに、デザートが続きました・・・・
B食店情報
・店名 : モナリザ 恵比寿本店(もなりざ えびすほんてん)
・ジャンル : 欧風料理-フレンチ
・住所 : 東京都渋谷区恵比寿西1-14-4
・TEL : 03-5458-1887
・URL : http://www.monnalisa.co.jp/
・営業時間 : 11:30?14:00/17:30?21:30
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : 恵比寿
・キーワード : 美味しく美しいフレンチ/サービスも抜群
・友人・同僚
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ