記事
[ 総記事数:5997件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2011年1月31日(月曜日)
   
そろそろジビエも終わり。この時期は、なんだかフレンチが食べたくなります。

蝦夷鹿のテリーヌ。獣っぽい風味に、手前、リンゴのコンポートを合わせていただくのがおいしい!
意外と、ロゼワインも合ったりします。
水牛のモッツァレラ。カプレーゼ風に。

これまたミルクの風味たっぷりで、おいしいチーズなんです。
お魚は、いつもはオリーブオイルでソテーするのが好きですが、たまにバターソテーをいただくと、やっぱりおいしいなあって思います。

もちろん、いいバターを使っていることがMUSTですけどね。

さむい時期だからかな。身体が脂肪分を欲しているのかもしれませんね。
デザートまでいっちゃいました。

洋ナシのクラフティ。やっぱり焼菓子が好き♪
B食店情報
・店名 : レストラン ル・シャポン(れすとらん る・しゃぽん)
・ジャンル : 欧風料理-フレンチ
・住所 : 東京都世田谷区奥沢6ー21ー11
・TEL : 03-5758-8671
・URL : http://le-chapon.com/
・営業時間 : 11:30?14:30LO/17:30?21:30LO(日・祭はランチ?15:00LO、ディナー?21:00LO)
・定休日 : 月休
・最寄り駅 : 自由が丘、九品仏
・キーワード : プロヴァンス料理/クスクス/ノルマンディーのバター/量が多い/つまみだけ、デザートだけでもOKという自由度の高さ/ワイン持込可
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

2011年1月30日(日曜日)
[ 12:53 ] [ おいしい食べ物 ]
   
新しくできた和食屋さん。レディスランチがお得な感じだったので頼んでみました。

ドリンク1杯ついて2000円。まあたまにはいいでしょ。
で、そのドリンクをアルコールにすると、+500円。

ビール、ワイン、日本酒、カヴァなどから選べます。お昼だし、泡かな(笑)
一の重。お酒のつまみ。あっというまに平らげました。
二の重。おさしみと、蒸したお魚。そして野菜の白和え。もちろんぺロリ。
え? もうごはんですか? メインは?

よくみれば、決して少ないわけじゃないんですけどね。食べたって感じが・・・(汗)
デザートは一口サイズの甘みの盛り合わせ。

うーん。レディってそういう(?)イメージなのね。
私には向いていないってことがよくわかりました(笑)
2011年1月29日(土曜日)
   
ポカラにいたのはちょうど1ヶ月前。記憶が途切れる前に、街で見かけた食べ物をアップしておきますね。

まずは、サモサ。

ニューバザールの店先で、まさに揚げられようとしているところ。
奥には揚げたてのサモサも見えています。あっつあつをほおばって歩くのもよさそうですね。
街の肉屋さん。

たったいま頭を落としたばかりの山羊が下がっていました。台の上には頭も見えています。

おいしそう! って思っちゃう私。
野菜は路上で。大根や葱、チンゲンサイのような野菜・・・

標高の低いこのあたりは、食べ物も豊かですね。
フルーツも。今の時期はミカンの最盛期。

天秤ばかりで量り売り。お客さんはおいしそうなのを選んで買っていらっしゃいました。
番外編。

この日の夕食は、すき焼き。なかなかのお味です。
ヒンズー教徒が多いので、牛肉は国内ではつくられておらず、インドからの輸入。

手前は揚げ出し豆腐。

ネパールはベジタリアンの方も多いようで、豆腐はかなりポピュラーになのだそう。

ポカラ観光のようす。
ポカラで出会った人々。
2011年1月28日(金曜日)
   
ブルゴーニュまでいっちっゃうし(笑)
何種類かから選ぶことができます。

3杯1500円のお試しセットもありました。今度はこれかな?
   
まっすぐ帰るかどうか葛藤したけど、フラフラーっとね。
乾いた喉に泡がしみるーっ
ベジ盛りと一緒に。

どれもおいしいけど、マイタケがとってもおいしかった。ひとかかえもある大きな株なんですって。
牡蠣と野菜のグラタン。

牡蠣と聞いたら、頼まないわけにはいきませんよね。
ピノグリッジョとあわせて。

牡蠣もごろり♪
2011年1月27日(木曜日)
   
紅茶のお酒。
いい香りで癒されます。ふわぁ。

冷やして飲むものだけど、あったかいタイプもほしいな。
同じシリーズでコーヒーもあるけど、個人的には紅茶の方が好みです。
2011年1月26日(水曜日)
   
ということで、キリンフリー。
2011年1月25日(火曜日)
[ 22:23 ] [ ノンジャンル ]
   
moblog意外といける。ちょっと幸せ。
2011年1月24日(月曜日)
[ 23:25 ] [ おうちごはん ]
   
家に香菜があったから・・・

イカとセロリと一緒に炒めてみました。香菜をたっぷりふりかけて。
エゴマの葉っぱもはいっています。
ゲソの部分は軽くあぶって。
いくらごはんもね。
2011年1月23日(日曜日)
   
キャラメルの濃厚なアイスに、ビターなチョコチップ。
お高いのに、あっという間に食べてしまう・・・ 危険だ。
2011年1月22日(土曜日)
   
生牡蠣、ヴィネグレットソース。赤穂の牡蠣でした。

そういえば、京都でも赤穂の牡蠣だったな

この冬、北の方は牡蠣が不漁だと聞きますが・・・
ロワールの白ワインと一緒にいただきました。
焼き茄子と穴子のテリーヌもワインにぴったり。
たあっぷりのサラダ。

彩りがきれいだと、食が進みますね。もちろん、味もGood。
鹿のラグーのパスタもおいしかった。

満足、満足。
2011年1月21日(金曜日)
   
年に一度(いえ、二度でもいいんだけど)のお待ちかね、酸菜鍋パーティです。
お正月や新年会で酷使した胃腸をいたわる意味も兼ねてね。

この鍋は仲良しと囲むのがまたいいところ。鍋奉行なんていりません。食べたいものを食べたいように食べる。あ、申し訳ないけど香菜苦手な人はNGです。

さて、乾燥注意報発令中の東京。まずはビールでのどを潤して。
鍋が来ましたよ。中で備長炭が燃えています。

鶏ガラや、干しエビ、干し貝柱などで取った出汁。
そこに、発酵させた白菜、ゆで豚、蟹、牡蠣、干し豆腐、春雨などの具材を投入。

むふふ。
香菜をたっぷりトッピングして、さあ召し上がれ。
〆のごはんは、鍋に入れるのではなく、よそったお椀に入れて、スープをかけながらいただきます。ザーサイもいい感じ。

このお鍋、デトックスにもいいんですよ。まあ、なんといっても発酵白菜で、食物繊維と乳酸菌たっぷりですからね。

おうちでもやってみたいけど・・・ スグキのお漬物で代用できるかな。
B食店情報
・店名 : 華都飯店(しゃとーはんてん)
・ジャンル : 中華料理
・住所 : 東京都港区三田2-7-1 シャトー三田内
・TEL : 03-3453-0893
・営業時間 : 11:30?14:30 17:00?21:30
・定休日 : 土
・最寄り駅 : 赤羽橋
・キーワード : 麻婆豆腐/料理の鉄人/アボカドのスープ/白菜鍋
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会
B食店ページへ

2011年1月20日(木曜日)
   
準備運動で梅酒だったのは、そのあとしっかりビールを飲むため。

だってハートランドなんだもん♪
まずは揚げ餅でおなかを満たしてから・・・
小判型のつくねは、歯ごたえも味わいも十分。
お祝いの泡もご相伴。

なんと、天の戸のスパークリング。これ、初めて飲むかも。
かんぱーい。
おいしい♪
[ 19:34 ] [ おいしい食べ物 ]
   
とりあえず梅酒かなあ。
こんなおしゃれな会場での軽い立食パーティ。
気になったのはこれ。

黒米のミニコロッケかな? セミドライトマトがアクセント。
2011年1月19日(水曜日)
[ 23:05 ] [ おいしい話 ]
   
とある、オープニング・レセプション。

ウェルカム・シャンパンを一杯。
事情があってお食事はいただかず。

火麻の種を一粒。香ばしくておいしいですね。
樹齢300年を超える茶の木からとれたウーロン茶。まろやかなお味でした。

ここのお食事を食べると、長生きできるのかな?
2011年1月18日(火曜日)
   
以前から行きたかった、麻布十番のカラペティ・バトゥバ!

美しい、野菜のポトフから。

上にくるくるしてるの、なんだと思いますか?
グラスワインがいっぱいあるのが嬉しいですね。

今日のワインから、プロヴァンスのカッシー。実はこれ、大好き。
牡蠣のリゾットを食べてから、あんこう。

ピーマンのムースと、ピリ辛の泡添え。

あ、このお料理、どれも一皿を二人分に分けていただいたもの。ちょっとずついろいろいただけるのが嬉しいですね。
スペインのロゼと。

このあと、富士鶏もいただいて・・・
珍しく、デザートまで行っちゃいました。
B食店情報
・店名 : QUAND L'APPETIT VA TOUT VA!(からぺてぃばとぅば)
・ジャンル : 欧風料理-フレンチ
・住所 : 東京都港区麻布十番2-3-12 ビスコビル2F
・TEL : 03-3455-9951
・URL : http://www5.ocn.ne.jp/~quand/
・営業時間 : 17:30〜翌2:00/日曜日〜24:000
・定休日 : 月曜
・最寄り駅 : 麻布十番
・キーワード : カウンター中心/一皿を二人で分けられる/グラスワインもいろいろ
・友人・同僚 / デート / 一人
B食店ページへ

2011年1月17日(月曜日)
   
席に座るとおまかせで、どんどんワインとお料理が出てきます。
デギュスタシオンのコース。それぞれ、お料理に合うワインとね。

たとえば、コニャック地区のフォアグラに、コルシカの栗、シチリアの赤トウガラシを合わせたムースには、コニャック地方の甘口白ワイン。
鹿とトスカーナの黒トリュフには、トスカーナのサンジョベーゼ&カベルネ・ソービニョン。
濃厚なポルチーニのパスタ。あわせたのは、なんとサンテミリオン。
なめらかーな、メルローとよく合いますね。
メインは鴨のコンフィ。
イタリアワインの王様、バローロとあわせて。

これで、食べたものの半分以下。飲んだものの・・・1/3くらい(汗)
2011年1月16日(日曜日)
   
徳山鮓といえば、発酵の宿。

中でも鮒すしは、「ザ・発酵」ですよね。
でも、それだけではありません。

まずは鯖。チーズのカッチョ・カバッロをあわせて、発酵&発酵。
そして、えびの熟れ鮓。

手前左側。初めて食べました。
さらに、発酵からすみ。

ねっとり感がさらに増しますね。
きわめつけは、鮒すしのご飯の部分で作られたアイスクリーム。

乳酸発酵でまろやかな酸味が出たごはんは、ヨーグルトアイスのよう。

さすが、発酵の宿。雪を見ながらお泊りしたかったなあ。
B食店情報
・店名 : 徳山鮓(とくやまずし)
・ジャンル : 和食-郷土料理
・住所 : 滋賀県長浜市余呉町川並1408
・TEL : 0749-86-4045
・URL : http://www.zb.ztv.ne.jp/tokuyamazushi/
・キーワード : 完全予約制
B食店ページへ

   
雪の中を発酵の宿へ

今回の目的は「熊」。
まずは、熊の脂身。滋賀の北端、横山岳の熊だそう。

とろけますー。
今が旬のワカサギ。

メインの熊鍋が出るまで、これをフリットにしていただきます。
揚げたて! かるーい食感で、いくらでも食べられちゃう。

誰ですか、ポテチ感覚でつまんでいるのは?
ビールもすすむ、すすむ。
鹿もちょっぴり。

さて、熊鍋が来ましたよ。


熊鍋、ひとむさんも、昨年めしあがっていらっしゃいました
B食店情報
・店名 : 徳山鮓(とくやまずし)
・ジャンル : 和食-郷土料理
・住所 : 滋賀県長浜市余呉町川並1408
・TEL : 0749-86-4045
・URL : http://www.zb.ztv.ne.jp/tokuyamazushi/
・キーワード : 完全予約制
B食店ページへ

2011年1月15日(土曜日)
   
京都です。お昼はイタリアン。ねこさんの行きつけ、ボッカ デル ヴィーノで。

赤穂のカキ。ベルモットソース。火加減バッチリでおいしい♪
牡蠣はランチコースにプラスしてオーダーしたものだけど、コースは前菜盛り合わせ、お好みのパスタもしくはメイン、デザートまたはデザートワインで2100円。

パスタやメインはプラスしてもいいし、牡蠣のようにグランドメニューから追加も可能という、フレキシブルなシステムがいいですね。

そして、何よりうれしいのが、京都らしさが味わえること。
コースの前菜盛り合わせでは、蛸の燻製、イカとセロリのあえものに加えて、一番右側、なんと、ふぐのフリットでした! 東京では考えられない〜
パスタもね。能登の寒ブリに自家製のカラスミを合わせたもの。
こんなふうに、たっぷりブリが入ったパスタも初めて食べるかも!

(残念ながら、ふぐのフレッシュトマトソースは売り切れでした。
そうそう。ここはワインもリーズナブル。グラスワインも何種類かあって、これはピノ・グリッジョ。

パンもお代わり自由でしたよ。
デザートか、デザートワインがチョイスできるのもうれしいですね。

シチリアはリボリ諸島のパッシート。甘口ワインです。

うーん、ねこさんが入り浸るのも、さもありなん、ですね。東京にもこんな店がほしい〜
B食店情報
・店名 : BOCCA del VINO(ぼっか でる ヴぃーの)
・ジャンル : 欧風料理-イタリアン
・住所 : 京都府京都市中京区室町通四条上ル菊水鉾町569 川塚シュコウビル 1F
・TEL : 075-211-7053
・URL : http://www.suntory.co.jp/gourmet/shop/0752117053/
・営業時間 : 火?土 12:00?14:00 LO 14:00※月はランチ休業/月?土 18:00?23:00 LO 23:00
・定休日 : 日
・最寄り駅 : 四条烏丸 5分
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ