記事
[ 総記事数:5973件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2010年9月30日(木曜日)
[ 23:57 ] [ おいしい食べ物 ]
   
15年間お世話になった社食。本日が最終日でした。

焼き鯖味噌煮に、小鉢を2つつけて。
なんだか淋しいですね。

明日から、お昼ごはんどうしようかな。
2010年9月29日(水曜日)
   
西麻布のふるけん。
コースもあるけど、アラカルトを人数に合わせて調整してくれると聞いて・・・

最初に目に留まったのは、ミモレット銀杏。
鯛のお皿がユニークですよね。

銀杏のまわりにチーズをまぶしてあるんですけどね。
さらに、お店のスペシャリティだという「ちーむし」。

もち米に、三種のチーズをかけて、白身魚を包んで蒸してあります。上からはカラスミと塩コンブ。

少しずつ崩して混ぜながらいただきます。

一つ一つのお料理に工夫がありますね。
こんなお料理なので、日本酒かワインか迷うところですが、樽仕込みの「甲州」をチョイス。しっかりした味わいで、どのお料理にもよく合いましたよ。
アラカルトにした、第一の理由がこれ。

今日のおすすめの「牡蠣と黄ニラの雑炊」。お好みでポン酢を加えていただきます。
どのお料理も、器と盛り付けが美しかったのですが、特に目を引いたのがこのデザート。

抹茶のクレム・ブリュレなんですよ。カットして、きな粉とアンゼリカ、そして懐かしのアラザン!

最初から最後まで楽しめました。あ、もっと食べてます(汗)

ちょっとだけでも、しっかりでも。いろんな使い方ができそうなお店です。
B食店情報
・店名 : ふるけん(ふるけん)
・ジャンル : 和食-日本料理
・住所 : 東京都港区西麻布2-25-12
・TEL : 03-3409-2606
・URL : http://furu-ken.com/
・営業時間 : 12:00〜15:00/18:00〜24:00
・定休日 : 月・祝
・最寄り駅 : 広尾/六本木
・キーワード : 目にも美しい日本料理/軽くでもしっかりでも
・友人・同僚 / デート / 接待 / 一人
B食店ページへ

2010年9月28日(火曜日)
[ 23:14 ] [ ワイン ]
   
シャンパンのサロン。こんな香りのニュアンスがあるんだって。
香りを色で表わすのっていいかも!

[ この色をオブジェにすると・・・ ]
2010年9月27日(月曜日)
[ 22:23 ] [ おいしい食べ物 ]
   
生牡蠣。

手前から時計回りに、昆布森、仙鳳址、オークランド。

昆布森のねっとり感と、仙鳳址のサクサク感。どっちも捨てがたい♪
2010年9月26日(日曜日)
[ 21:34 ] [ おいしい食べ物 ]
   
誕生日当日は朝から雨という予報に、お籠りに決定。

用意していたワインと、極上モッツァレラ。
これも仕入れてきた、小鴨の燻製。
ミモレットに黒イチジク。
そしていただきもののシュクレのパン。

この過ごし方もナイスでした♪
2010年9月25日(土曜日)
[ 22:50 ] [ ビール ]
   
午後からしゃべりっぱなし。そしてパワーヨガ。

もう、のどはビールを欲して、からっから。

うふふ。ハートランドがしみるぅ。
明太子イカのパスタ。会社に入ったばかりのころ、よくお昼に食べたのよね。

あ、懐かしい味!
2010年9月24日(金曜日)
[ 21:47 ] [ 見つけた! ]
   
久しぶりの診断メーカー。誘拐されたみたい・・・ 

【脅迫文結果】

ROSARYは預かった、安心しろ今は円周率を1000桁まで暗記させている、5千円用意しろ、さもなくば中国で買った粉ミルクを飲ませる』 byジャックバウワー

http://shindanmaker.com/51188 #unkobouei

(写真はイメージです)
[ 01:05 ] [ ワイン ]
   
[ 憧れのロオジェで。 ]

やっぱりシャンパンで乾杯から始まりました。

グラスの奥に見えているのは・・・
シャンパンを味わって、その時の印象を色であらわして、オブジェにしたものなのだそうですが・・・

であらわされているのは、SALON。グレープフルーツやパン、コーヒーに、なんと茄子のニュアンスなどもあるのだそう・・・

あ、いただいたシャンパンは、さすがにSALONではありません。
冷製コンソメとの相性ばっちり。
夏の最後となった一日。

白ワインは酸味が鮮やかな一本をチョイス。
珍しい、モレ・サンドニの白です。

複雑なニュアンス。お料理にも、そしてシェーブルにもよく合いました。
時間は飛んで、デザート。実は、この前にアヴァン・デセールもいただいているのですが・・・

フレッシュマンゴーにピスタチオのソルベ。
酸っぱいからと、お口直しの綿菓子がついてきます。

ちなみに、向かい側にあるのが、名高いハンバーガー。赤いフルーツがふんだんにあしらわれています。
名高いといえば、食後の小菓子。5人ものお菓子担当の方が、何十個もつくられる宝石のようなお菓子たち。

おなかいっぱいでも、目が引き寄せられちゃいますね。

ところで、奥に見えているボトルが今回飲んだ3本。調子よく、4人で3本いただきました。

うーん、2日分、食べて飲んだ感じ。こうやって一緒に過ごすことができる仲間がいるって、ほんとにしあわせですね。心もおなかも大満足のディナーでした。
B食店情報
・店名 : ロオジエ LOSIER(ろおじえ ろおじえ)
・ジャンル : 欧風料理-フレンチ
・住所 : 東京都中央区銀座7-5-5
・TEL : 03-3571-6050
・URL : http://www.shiseido.co.jp/losier/
・営業時間 : 12:00〜 18:00〜
・定休日 : 日・祝休
・最寄り駅 : 東京メトロ銀座駅B6出口より徒歩7分JR新橋駅、東京メトロ新橋駅5番出口より徒歩7分
・キーワード : 洗練されたお洒落な空間で上質な時間を
・友人・同僚 / デート / 接待 / 一人
B食店ページへ

   
[ バースデイ週間のメインはロオジェで ]。

前菜の二皿目は、冷製のコンソメスープ。

コースでなければ、なかなか口にしない一皿です。これがまた素晴らしいハーモニー。

濃厚なコンソメには、甲殻類のタルタル。

レモンが浮き身に使われていて、バジルなどのハーブのアクセントが、まさに往く夏を惜しむかのよう。
お魚料理は、パスタで包んだラングスティーヌ。

二色のパスタに包まれたラングスティーヌ、添えられたトマト・あさり・ジロール茸、甲殻類のムース・・・ それぞれ別々に用意されて、絶妙なタイミングで一皿に仕立てられています。

夏から秋への移り変わりが、お皿の上にも表現されています。
お肉料理は、乳飲み子羊。

ロゼ色のお肉と緑、黄色のハーモニーが、目にも鮮やか。
おなかはいっぱいですが、大好きなシェーブルも頂かなくては!

チーズワゴンから、シェーブルのみ3種類、チョイス♪
真ん中の、ピレネーのものが、パイナップルっぽい酸味がとても印象的でした。(酔っ払ってて、名前は覚えていません)
チーズワゴン右端、手前から二つ目の、ちょっと背が高いのがそれです。名前ご存知の方がいたら、ぜひ教えてください。

お料理と一緒に楽しんでいた、白のモレ・サンドニとの相性もぴったりでした。

このあとは、デザートです
B食店情報
・店名 : ロオジエ LOSIER(ろおじえ ろおじえ)
・ジャンル : 欧風料理-フレンチ
・住所 : 東京都中央区銀座7-5-5
・TEL : 03-3571-6050
・URL : http://www.shiseido.co.jp/losier/
・営業時間 : 12:00〜 18:00〜
・定休日 : 日・祝休
・最寄り駅 : 東京メトロ銀座駅B6出口より徒歩7分JR新橋駅、東京メトロ新橋駅5番出口より徒歩7分
・キーワード : 洗練されたお洒落な空間で上質な時間を
・友人・同僚 / デート / 接待 / 一人
B食店ページへ

2010年9月23日(木曜日)
[ 14:59 ] [ 見つけた! ]
   
路地の奥に突然出現したスカイツリー。
ほぼ1ヶ月前と比べて、伸びてますね〜

9月18日現在で、470mだそうです

え、40m以上も伸びてるの!
   
ロオジェ。なかなかきっかけがなくて、いけなかった憧れのお店。

玄関を入る時からドキドキしちゃいます。

でも運よく個室を使えたので、とてもリラックス。素敵なバースデイ・ディナーとなりました。

本日のメニュー。

一つずつご紹介しますね。
アミューズより前に、一皿。

ウイキョウのムースです。薔薇の花弁があしらわれて、これから始まる食事へのワクワク感を高めてくれます。

うしろの薄焼きパンは、名刺ホルダーに立てられてるんですよ!
こちらがアミューズ。

白トリュフのカプチーノ仕立てに、濃厚な鶏のジュレ。下にはポロネギのムースが隠れていました。

白トリュフの香りにむせかえるほどです。
さて、一皿目はフォアグラ。

手前はスモモのチャツネ。上にはカカオが塗られています。
一緒にいただきます。
絶妙のバランスですね(ため息)

お料理はもちろん、まだまだ続きます。
B食店情報
・店名 : ロオジエ LOSIER(ろおじえ ろおじえ)
・ジャンル : 欧風料理-フレンチ
・住所 : 東京都中央区銀座7-5-5
・TEL : 03-3571-6050
・URL : http://www.shiseido.co.jp/losier/
・営業時間 : 12:00〜 18:00〜
・定休日 : 日・祝休
・最寄り駅 : 東京メトロ銀座駅B6出口より徒歩7分JR新橋駅、東京メトロ新橋駅5番出口より徒歩7分
・キーワード : 洗練されたお洒落な空間で上質な時間を
・友人・同僚 / デート / 接待 / 一人
B食店ページへ

2010年9月22日(水曜日)
   
フクナガで無花果ちう。
思い立って来てみてよかった♪
特に、シャーベットが得も言われぬおいしさ!

やったことないけど、イチジク、家で冷凍してみようかな。
2010年9月21日(火曜日)
   
その1はワインパーティ

その2は魚パーティ♪
大好きな、喜よしにて。

まずはいつもの、鮑の塩蒸し。肝もしっかり♪
握りはヒカリモノから。

鯵ですね〜。これを食べないと、はじまりません。
今年は水温が高くて、魚の出回る時期も例年とちがうのだそう。

それでも、しんこは出てきました。
手がかかるのよね。
体が欲していたのはこれ。

赤身のねっと〜りした、づけ。

DHAも補給できたかな。
最後は穴子で陶酔していただきましょう。

来年も、再来年も、食べに来れるといいな。
B食店情報
・店名 : 喜よし(きよし)
・ジャンル : 和食-寿司
・住所 : 東京都世田谷区新町2-5-14
・TEL : 03-3706-7008
・最寄り駅 : 桜新町
・キーワード : コハダと穴子が絶品/アワビ酒蒸し/要予約/値段は安くはない/遅く行くとネタがなくなる
・友人・同僚
B食店ページへ

2010年9月20日(月曜日)
   
2010年8月、青海チベット鉄道に乗って訪れたチベットの旅のインデックスです。
ちょうど、雪頓祭(ショトン祭)の初日に当たって、デプン寺の大タンカ御開帳にも立ち会うことができました。

8月7日(土) 北京経由で西寧へ
成田空港 北斎プラザ
折り紙 @成田空港
牛肉麺 @北京空港
北京空港、そして西寧へ

8月8日(日) 西寧、そしていよいよ青蔵鉄道に乗車!
・水井市場 その1その2
市場で出会ったかわいい子
中華バーガー @西寧
中国のモスク 〜西寧市東関清真大寺
青海省博物館にて
ズッキーニの炒め物
ゲルク派六大寺院の一つ、西寧のタール寺
タール寺の人々
中国の三輪車
西寧の名物料理、面片(メンピェン)
ラサに向けて出発!

写真は、迫力たっぷりの空行母 @西寧・青海省博物館
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
8月9日(月) 終日青蔵鉄道に乗車、深夜ラサ到着
目が覚めたら砂漠だった @青蔵鉄道
チベット鉄道で朝食
青蔵鉄道車内探訪
揚子江源流を超えて、鉄道標高世界一の唐古拉峠へ
青蔵鉄道の昼食と唐古拉峠
青蔵鉄道でチベット自治区に入る
青蔵鉄道で食べたもの

写真は、沱沱河。長江(揚子江)の源流です。
西寧からゴルムド経由ラサまで、23時間の鉄道の旅の間、黄河、揚子江、そしてメコン川の源流を通過。インダス川、ガンジス川とあわせ、アジアの穀倉地帯をうるおす川はすべてチベット高原を源流としていることを改めて実感。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
8月10日(火) ラサ滞在 〜デプン寺の大タンカ開帳、大昭寺、パルコル
夜明け前の食事 @デプン寺
・デプン寺の大タンカ開帳 その1その2その3その4
デプン寺のショトン祭で出会った人たち
ラサの中心は大昭寺(ジョカン)
大昭寺(ジョカン)から
大昭寺(ジョカン)の屋根飾り
パルコル(八角街)の風景

写真は、デプン寺のショトン祭りに集まる人々と、ゲルク派の僧侶、そして・・・
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
8月11日(水) ラサ滞在 〜ノルブリンカ、ポタラ宮、セラ寺
ダライ・ラマの夏の離宮、ノルブリンカへ
ノルブリンカの人々
アチェ・ラモ(チベット・オペラ)@ノルブリンカ
バーレーというチベットのパン
ポタラ宮に登る
高山病だけど少し食欲が@ラサ
セラ寺へ 〜問答修業
セラ寺の犬と壁画

写真は、ショトン祭(雪頓)の垂れ幕がかかった、ポタラ宮。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
8月12日(木) ラサから成都へ
ビール解禁 @成都
錦里 @成都
成都の陳麻婆
川劇観賞 @成都
成都点描

写真は、ラサから成都への機内から。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

その他
キョウチクトウ(夾竹桃) @西寧
コスモス @タール寺
紫陽花 @ノルブリンカ
蓮 @成都・錦里
[ 10:01 ] [ おいしい食べ物 ]
   
[ ビアずきさんが秋の味と言うので・・・ ]

てっきり、ビールの「秋味」かと思いましたが(笑)
まあ、私にとってはこれですね。

牡蠣♪ 今日は焼きでいただきました。
そしてさんま。
ようやく、水揚げが増えてきたとか。ちょっと痩せてるかな。

実は、時鮭も食べました。
野菜の炊き合わせ。どちらかといえば、夏の名残りですね。

秋の野菜と言えば・・・ サツマイモかなあ。
最後はワサビ昆布。

昆布の旬は夏。行く夏を惜しみながら。
2010年9月19日(日曜日)
   
[ からーい、麻婆豆腐。まさにしびれました。 ]

成都にある、陳麻婆豆腐店。お店の外観はこんな感じ。
おこげに、あんをかけているところ。じゅわっ。

左は、例の麻婆豆腐です。
こちら、豚耳も、赤を通り越して、黒光りするようなラー油に漬かっています。

上には引き割りの花椒ものってますね〜
辛いお料理だけでなく、テーブルの上はてんこもり。

鍋そのまま出てきている炒飯が豪快です(笑)
成都のマスコット、パンダシェフが「麻婆豆腐食べてね」と言ってます(笑)
   
古い街並みを再現した錦里。成都の新しい名所のようです。

成都と言えばパンダ。今回は残念ながら、生のパンダを見ることはできませんでしたが(夏の間は暑くて、日中ほとんど寝ているんだそう)、代わりにこれ。

錦里のパンダグッズ店。結構売れ行きがいいみたい。
よく見ると、いろんなパンダがいますねー。

左上はパンダに扮した白クマ?
もちろん、食べ物屋さんも。

軽くつまめそうなものがいっぱい。
モツかな。おでんみたいなものですね。
この日の成都は37℃。

あまりの暑さに、食べ物と言うより、スタバでアイスラテをテイクアウトしちゃいました。
   
夏季限定のアイスやさん

今年はなんとか滑り込みセーフ。
残念ながらフィグ(イチジク)は8月限定とのことで、出会えなかったけど。

むふふ。
今年は9月20日までの営業です。
B食店情報
・店名 : ラ・リューシェ(ら・りゅーしぇ)
・ジャンル : スイーツ-洋菓子
・住所 : 東京都世田谷区奥沢6-28-1
・TEL : 03-3705-5051
・営業時間 : 12:00?20:00(土・日は?20:30)
・定休日 : 水休
・最寄り駅 : 九品仏
・キーワード : 四月末〜九月までのみ営業/つくりたてのアイスクリーム/ソフトクリーム/イートインもOK/配送もOK
B食店ページへ

2010年9月18日(土曜日)
   
牡蠣の季節もはじまりましたが、ムールもね。

まずは、トマト味のムール。
すっきりした白ワインにぴったり。
続いては、お皿にたっぷりのムール。
ふっくら〜。
あっという間に食べ尽くしちゃいました。
そうそう。お昼のパスタもおいしいのよ♪
B食店情報
・店名 : レストラン ル・シャポン(れすとらん る・しゃぽん)
・ジャンル : 欧風料理-フレンチ
・住所 : 東京都世田谷区奥沢6ー21ー11
・TEL : 03-5758-8671
・URL : http://le-chapon.com/
・営業時間 : 11:30?14:30LO/17:30?21:30LO(日・祭はランチ?15:00LO、ディナー?21:00LO)
・定休日 : 月休
・最寄り駅 : 自由が丘、九品仏
・キーワード : プロヴァンス料理/クスクス/ノルマンディーのバター/量が多い/つまみだけ、デザートだけでもOKという自由度の高さ/ワイン持込可
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

2010年9月17日(金曜日)
[ 23:56 ] [ ワイン ]
   
バースデイ週間。スタートは、仲良しが集まってのワインパーティ。
もちろん? シャンパンでの乾杯で始まります。

殺人的なスケジュールの一週間だっただけに、ほんと、染みわたります。
初めて飲んだだけでなく、初めて耳にした、ゲヴュルツの泡。ドイツワインらしい甘味のある白が、炭酸の刺激でさわやかな飲み物に変身。

つづいてはボンヌ・マールのマグナム。タンニンがやわらかく、細かく溶け込んでいますが、酸味が溌剌としていてまだまだ元気。

お料理も大変おいしく、会話もはずんで、あっという間にデザートです。

わぁ。バースデイ・ケーキ♪
ろうそくを吹き消すのって、いくつになってもワクワクしますね。
チョコケーキの中にも、イチジクが潜んでいますが、ごろんと丸ごとのコンポートがまたうれしい。

だれですか? ニンニクとか、クワイとか言ってるのは(笑)
さらに、蠱惑的な液体も登場して・・・ こんな風に歳を重ねていきたいものです。

最高に素敵なバースデイでした。ありがとうございました。
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ