記事
[ 総記事数:5982件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2010年6月30日(水曜日)
[ 23:43 ] [ おいしい食べ物 ]
   
かき氷???

実は苦手なんです。おなかが冷えちゃうから。
その割には、大盛りだって?(汗)
じつはこれ、お料理の一品。

中に、パプリカと、そのムース&焼茄子が隠れていました。

夏ならではの一皿ですね。
2010年6月29日(火曜日)
   
日帰りの名古屋出張。

まずは一杯。
名古屋と言えば、コーチン。

歯ごたえとうまみたっぷりの唐揚げ。
あっという間に一杯空いて・・・
野菜も食べなきゃね。
冬瓜のいとこ煮?
小豆に麦が入ってますね。

あ、新幹線の時間!
2010年6月28日(月曜日)
[ 23:21 ] [ おいしい食べ物 ]
   
岩牡蠣です。

かみごたえのある貝柱。身の部分はすっごくクリーミー。
どれだけ大きいかというと・・・

掌に余るくらい。お箸と比べても遜色ないくらいですね(笑)
徳島産。8年くらいたってるんじゃないか、ってことでした。


もいちさんのとどっちが大きいかな。
岩牡蠣だけではなく、旬の味をいろいろ楽しみました。

解禁になったウニ。
コハダにはちょっと早いかな。でも、おいしい。
真はたは、お刺身でいただいた後、頭を酒蒸しに。
このほか、蛸やアナゴもね。どれも夏のお魚ですね。


とはいえ、岩牡蠣とこの頭だけでもおなかいっぱい!
2010年6月27日(日曜日)
[ 23:49 ] [ おいしい食べ物 ]
   
シラーズ。イランの都市の名前。薔薇の都

そして、シラーズは、ブドウ品種の名前。オーストラリアで育てられていますね。(原産地はフランスのローヌのようですが・・・)

イランといえば、ピスタチオも名産。世界で一番の生産国なのだそう。
シラーズサラダとサモサ。サモサといえば、インドが有名ですが・・・ こちら中はリコッタチーズでした。

シラーズサラダ、実はスイスにいるとき良く作ってました。
玉ねぎ、トマト、キュウリをサイコロに切って、パセリやミントなどのハーブを散らして、レモンを絞りいれる。塩コショウで味付け。というシンプルなもの。ライムやブドウジュースでも作るらしい。

中近東では一般によく見かけますね。レストランでも丸ごとの野菜が出てきて、自分で切って作ることもあります
ワインにぴったりなのが、このデーツ。ほのかな甘みがワインによくあいました。

一個でごはん一膳分という、高カロリー食材ですから、食べすぎには注意。
ファラフェルも中近東ではどこでもみかけますね。
ひよこまめのコロッケ、という感じでしょうか。
ポロウ。ピラフです。

スパイスが効いていておいしい。これに、さっきのシラーズサラダを混ぜていただくと、一味変わってまたいい感じです。

ポロウといえば、ウズベキスタンのタシケントで、洗面器をかぶせて作っていた光景を懐かしく思い出します。
そうそう、手で食べるのよね

世界は食でつながってますね〜
2010年6月26日(土曜日)
   
[ イル・テアトリーノ・ダ・サローネにて ]

食後の小菓子。一口サイズのまんまる。

ん? チョコレートじゃないの?
エスプレッソと一緒に食べて、と。

小麦粉とアーモンドの味がするんですが・・・
そしてちょっと酸っぱい。
なんと、アプリコットのタルトなんだそう。

タルトを一度すりつぶして、丸めて冷凍に。
溶けてくるところをいただくのです。

ふしぎ〜なお菓子。印象に残りますね。
ちなみにデザートはカンノーリ。

といっても、サローネ風にアレンジしてあります。
薄焼きにした生地をさんかくに仕立てて、中にはリコッタチーズ。
敷かれているのは、栗の蜂蜜をキャラメリゼしたもの。

甘さだけでなく、苦味を加えて大人の味覚に仕立ててありました。
B食店情報
・店名 : IL TEATRINO DA SALONE(いる てあとりーの だ さろーね)
・ジャンル : 欧風料理-イタリアン
・住所 : 東京都港区南青山7-11-5 HOUSE7115 B1F
・TEL : 03-3400-5077
・URL : http://www.ilteatrino.jp/
・営業時間 : 18:00〜23:00(L.O.20:00)
・定休日 : 日曜・第1、第3月曜
・最寄り駅 : 表参道
・キーワード : バイオダイナミックのワインをグラスで。シチリア料理との競演
・デート / 接待
B食店ページへ

2010年6月25日(金曜日)
[ 21:48 ] [ ワイン ]
   
先月に引き続き、今月もテーマはドイツ。

今回は全部で15本。楽勝?

とか何とか言って、最後の3本は飲んじゃったし・・・
その1

フランケンのワイン、なつかしい〜。
ミュラー・トゥルガウかシルヴァネルか、品種の違いを見分けます。
その2

(右から) 最初はヴィンテージ違い、次は格付け違い、3セット目はドイツ対アルザス。
その3

同じく、ドイツ対アルザスが2セット、最後はシュペートレーゼ。


ワイン教室の前には、順子先生の畑をグーグル・アースで見たりして

15本くらいが時間的にも、集中するためにもちょうどいい感じ。
さて、来月はいよいよイタリアです。楽しみだなあ。
2010年6月24日(木曜日)
[ 21:45 ] [ サッカー ]
   
青い東京タワー。
早く帰らなくっちゃ。
2010年6月23日(水曜日)
[ 20:48 ] [ ワイン ]
   
イタリアンのお店、イル・テアトリーノ・ダ・サローネにて。ワインと一緒に堪能中。

写真、ピンク色だけど、ロゼワインじゃないのよ。白ブドウを皮ごと発酵させた白ワイン。

ビオワインはいいなあ。しあわせな気持ちにしてくれます。
(有機の日本酒もね。)
こちらのお店は、自然派ワインをたくさんおいていて、グラスで楽しむことができます。しかも、グラス1杯だけでなく、グラスのハーフもあるので、いろんな種類を飲むことができるんです♪

さっきのワインはこちら。シチリアのビオワインです。
テーブルセッティングの様子。わくわくしますよね。

ちなみに、最初に飲んだワインが映っています。ベネトのビオ。
飲みやすいのに、複雑な奥行きを感じさせます。

開栓してから5日目。最低でも3日置かないと、おいしくならないんですって。参考までに2日目のも飲ませていただきましたが、特長のない普通のワイン。
白の2杯目。これが一番好きだったかな。

トスカーナです。
同じ作り手の赤も頂きました。

お料理にあわせていろんなワインを楽しめるのっていいですね。
お料理はこちら

こちらはシチリアをテーマにしたお料理。気軽に楽しむには、渋谷のビオディナミコもおすすめです。渋谷の方はトスカーナ料理です。
B食店情報
・店名 : IL TEATRINO DA SALONE(いる てあとりーの だ さろーね)
・ジャンル : 欧風料理-イタリアン
・住所 : 東京都港区南青山7-11-5 HOUSE7115 B1F
・TEL : 03-3400-5077
・URL : http://www.ilteatrino.jp/
・営業時間 : 18:00〜23:00(L.O.20:00)
・定休日 : 日曜・第1、第3月曜
・最寄り駅 : 表参道
・キーワード : バイオダイナミックのワインをグラスで。シチリア料理との競演
・デート / 接待
B食店ページへ

2010年6月22日(火曜日)
   
お好み焼きはなかったけど、生ビールで生き返る!
岡山空港のレストランです。

すもも大福もおいしかったけど、やっぱ、こっちかなぁ(笑)
いちおう(笑)、岡山名物のままかりも頼んでみる。
まあ、一人だからこんなもんでしょ。

周囲のおじさまたちは、祭り寿司(ちらし寿司)やままかり寿司なんかを召し上がってるようでしたが・・・

蛸とごぼう、二つも油ものにしたのはちょっと失敗でした(涙)
とか言いながら、ビール二杯目。
あ、乗って行く飛行機が到着しました!

(よく見ると、まだ明るかったのねー 笑)
   
岡山空港行きのバスの中です。
大きなすももが丸々一個。みずみずしいねー
大きすぎて、蓋が浮いちゃってました(笑)

とんぼがえりの岡山行きだったけど、季節限定の大福に会えてよかった♪


岡山駅ビル2階、さんすて岡山の聖和堂
入ってすぐの左手にあります。
2010年6月21日(月曜日)
   
夏ですね〜

とくれば、枝豆。しかも焼枝豆です。
そら豆を焼いたのはポピュラーになりましたが、エダマメはまだ珍しいのでは?

ゆでるより、おいしい味が凝縮されて、香ばしい風味もつけくわわって、なかなかいい感じです。家でもできるかな。
夏のお魚、メイタカレイ。

そういえば、8年前のW杯、イタリア追っかけて大分まで試合を見に行きました。その時食べた、城下カレイ、おいしかったなあ。
鱧も夏らしいお魚。

天ぷらでいただきました。お酒によくあう♪ (凱陣です)
そして、水ナス。ちょっと酸っぱくなりかけた浅漬けでいただくのがまたいいですね。
おまけは、蕎麦麩田楽。
中にまざっている、引き割りの蕎麦の実がいいアクセントです。

吉法師で季節を味わったひととき。
B食店情報
・店名 : 吉法師(きちほうし)
・ジャンル : 和食-日本料理
・住所 : 東京都目黒区碑文谷4-2-3
・TEL : 03-3794-5253
・最寄り駅 : 学芸大学
・キーワード : あん肝/あんきも/アンキモ/そば
・友人・同僚 / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2010年6月20日(日曜日)
   
梅雨の合間。雲は厚いながらもなんとか雨は降りませんでしたね。

このところ、地元づいています。
半径3Kmくらいかな。休日は歩いて行ける範囲に出没(笑)

レースのカーテンごしの日差しが柔らかい。

ラタトゥイユとワインでスタートです。
ワインは、ハウスワインのほかにもグラスでいただけます。白はこの2本。

蒸し暑いこんな日は、爽やかなソービニョン・ブランがいいですね。
サイドメニューのシラスのピッツァ。

パリッパリのローマスタイル。
自分でカットしていただきます。

あっという間に食べきれちゃう(笑)
こちらはランチのサラダ。

手前、アイスプラントなんかも添えてあって、ちょっと凝ってます。
パスタランチは3種類。ポルチーニ入りのボロネーゼ。
すこし平べったいリングイネです。

なかなかしっかりした味付けで、ワインが進みます。
え? 食べ過ぎ?(汗)


こんなお店がもっと近くにあるといいんだけどなー。
2010年6月19日(土曜日)
[ 19:50 ] [ おうちごはん ]
   
パワーヨガから急いで帰ってきて、ちゃちゃっと食事の支度。
メインは、シャンパンです(笑)
ついでに牡蠣も用意。
お昼に買っておいたカレーパン。

大好きなものを食べながらのW杯観戦。
うーん、勝てませんでしたね、日本。残念。
2010年6月18日(金曜日)
   
浜名湖に日帰り出張中。
雨だなー

弁天島と浜名バイパスが見えています。
反対側。遠くは浜名湖のはずですが・・・
会議中なので、キリンフリーで乾杯♪
浜名湖といえばウナギですが・・・

お弁当に入っていたウナギは、中国産の冷凍っぽい。
うーん、他のものはいらないから、ウナギだけしっかり食べたかったなあ。
ウナギが入ったワンちゃん用のクッキーや、わんこのごはんも売っていました。

とんぼ返りで帰京。

浜名湖餃子も食べたかったぁ(涙)
2010年6月17日(木曜日)
   
最初の一杯。夏のお酒、とお願いしたら持ってきてくださいました。
試飲して、気にいったものを注文できるんですよ。

さて、私が飲んだのはどれでしょう?

[ ちなみに2杯目は、白瀑でした♪ ]
お料理と一緒になると、すーっと、全く抵抗なく入っていくお酒。
きりっとした口当たり、コチのお造りともよくあいます。
西京漬けのふっくらした味わいには・・・
梅の宿。

この間は、雪の茅舎がありましたが、今回はなし。置いてあるお酒はその時によって変わります。基本は飲みきり仕舞なのだそう。

あ、いただいたのは「紀土」でした。爽やかな夏らしいお酒。
2010年6月16日(水曜日)
   
青山ベリーカフェのディスプレイ。前を通りかかって、吸い寄せられました(笑)

イチジクたっぷりのこんなタルト、食べたいなー
2010年6月15日(火曜日)
   
秋田とフィンランドって、ある意味似てるんだって。

格差が小さく、比較的均質なところ。
そんなところにこそ、趣味などを媒介にした新しいコミュニティが育つ可能性があるのだとか。

秋田がんばれ。

白瀑、今日もおいしい〜
2010年6月14日(月曜日)
[ 23:00 ] [ おいしい食べ物 ]
   
W杯、カメルーン戦の勝利を願って、乾杯!
こんなときは、肉を食べたくなりますね。
ガーリックたっぷりの煮込みもね。
白アスパラと生ハムには、フォアグラソース。
さらに白金豚。

え? 応援するのに、そんなにスタミナつける必要ないって?(笑)


にっぽん、がんばれ〜
2010年6月13日(日曜日)
[ 21:48 ] [ おうちごはん ]
   
秋田・能代の天洋酒店さんから、じゅんさい摘みのメールが来ました。

じゅんさい摘み、なかなか大変そうですが、摘みたてのじゅんさい、さぞおいしいでしょうね。

と思いながらスーパーに行くと、売ってました。じゅんさい。
さっそく、湯通しをして、三杯酢でいただきました。

つるつるっと、喉を通る感触が堪りません。
今夜はビールです。あおりいかのさっと炒めと一緒に。
2010年6月12日(土曜日)
[ 23:00 ] [ おいしい食べ物 ]
   
お好み焼きです。そう見えないかもしれないけど(笑)

土台になっているのは、ごくごく普通の豚玉。マヨネーズも削り節もかかっている上に・・・

だぁ〜っと、激辛カレーがトッピングされています。その上にさらに山芋。
さらにキムチ。

意外とお好み焼き本体とよく合いました。
そういえば、もんじゃではキムチはもはや定番ですね。

カレーの方は、なんだか違う食べ物になっちゃったみたいだけど(笑)
奥に見えているのは、納豆です。
どちらかというと、カレーやキムチで刺激された舌を休ませる役目。

うーん、未来の日本を見てるみたい。

土台は日本のお好み焼きだけど、キムチやカレーといったアジアパワーに助けられて。

これに中華食材が加われば、さらにパワーアップかな。
キムチや納豆の発酵パワーに負けない食材と言えば・・・ ピータン?!

それはともかく、融合ではなく、トッピング・・・ というあたりも日本らしいところかもね。

お好み焼き、ヨーロッパからの留学生も大好きな日本食、って言ってたし、これからフュージョンお好み焼きが世界に広がるかも!

お好み焼きを食べながら、日本の将来を考えさせられた、昼下がり(笑)
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ