記事
[ 総記事数:5992件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2010年1月31日(日曜日)
[ 21:45 ] [ ワイン ]
   
イタリアのオーガニックワイン。

ピノグリッジョとシャルドネの混醸です。

わー。飲みやすい。
何の違和感もなく、まさに水のように飲めます。オーガニックだからかな?
じゃこと葱の玄米リゾットともよく合いました。

ここんとこ、日本酒もワインも、自然な作り方をするものに惹かれますねー。
2010年1月30日(土曜日)
[ 23:52 ] [ ワイン ]
   
ほとんどまともな食事ができなかった今週。
一週間分の幸せを取り戻そうと・・・

泡から始まって。
白その1は、爽やかなボルドー。
白その2は、ふくよかなロワール。

もちろん、それぞれお料理に合わせて
そして、羊のやわらかなうまみを引き出してくれるバランスのいい赤。
最後は、不思議な食後酒。

バスクの言葉? 読めないですね〜。
シェフがバイヨンヌで買ってらしたものだとか。

いわゆる、ミード(蜂蜜酒)なのでしょうか? ふわりと蜂蜜のいい香り。
作り方はこちら

まさに一週間分の至福をいただきました。
2010年1月29日(金曜日)
[ 22:33 ] [ おいしい食べ物 ]
   
ここんとこ、ちゃんとした夕飯、食べてないかも。

明日は食べるぞー。
疲れた頭と心?は、にゃん。に癒してもらおうっと
2010年1月28日(木曜日)
   
久しぶりに行った、「たちのみ あつまり」。

”ベジデリ”っていうメニューがありました。野菜の前菜盛り合わせ。
さつまいも、ニンジン、カボチャ、茄子、ブロッコリー。

いろんな野菜をとれる機会ってうれしいですよね。
まずはカヴァでね。

ごくごく、飲んじゃいました(笑)
鴨と牛のあい盛りもいい感じ。

お酒が進みます。
で、次は赤ワインを。

ちょっとしっかり目のキャンティです。
最後はニョッキのゴルゴンゾーラソースに、イタリアのシャルドネを合わせて。

うん。これも相性◎
2010年1月27日(水曜日)
[ 23:55 ] [ おいしい食べ物 ]
   
[ 火を通した牡蠣が好き♪ ] 実は、そのほうがたくさん食べられるから(笑)

もちろん、生牡蠣も好きです。

今日の一番は、宮島のヴァージンオイスター。サクサク、ねっとり。上品な苦みもありますね。
もうひとつ、沖ノ島のヌーボー。上のより旨みは少ないですね。
さらにブルーポイント。

いずれも小振りの牡蠣。小さい牡蠣の方が、好きなんです。
ま、これらのせいで、連続3日の休肝日ならず! だったんですけどね。
カポナータもいただいて、さくっと引きあげましょう。
2010年1月26日(火曜日)
[ 22:33 ] [ おいしい食べ物 ]
   
ひろっこ。庄内あさつきです。

淡い緑が、春の息吹を感じさせますね。雪解けとともに芽を出す春一番。
フキノトウとタラノメの天ぷらもいただきました。

ああ、もう春はすぐそこですね。
2010年1月25日(月曜日)
[ 23:00 ] [ おいしい食べ物 ]
   
生でおいしい赤崎の牡蠣を、わがままを言ってちょっと火を通していただきました。

うふふ。まるで真珠みたい♪
じゅわぁ〜♪
さらに自宅でも、加熱用の牡蠣(こっちのほうが味があっておいしいんです)を買ってきて、炙って食べました。

ちょっと火を通すことで、甘みが増すんですよね♪
2010年1月24日(日曜日)
   
2009年年末から2010年年初にかけて訪れた、世界遺産の麗江・白沙村・束河古鎮、玉龍雪山など雲南省の旅の記録です。
(写真:民族衣装を着て踊る人々 @玉河広場)

12月29日(火)
成田出発
頭を雲の上に出した富士山
北京到着 乗り継いで昆明へ
昆明での夕食

12月30日(水)
【麗江到着】
夜明け前に飛行機に乗って・・・
ようやく目的地に到着
納西(なし)族の東巴(とんぱ)文字(麗江市博物館)
麗江はきのこの宝庫だった!
きのこの次は木の実
(写真:朝の体操中 @玉泉公園)

【白沙村】
世界遺産、白沙村へ
白沙村は藍染で有名
白沙村の市場で

【束河古鎮】
納西族の女性は働き者、それに対して男性は・・・ @束河古鎮
束河古鎮で気になった食べ物

ホテルで休憩中
麗江古城内で雲南名物、火鍋
旧暦11月15日の夜
(写真:玉河広場で織物のデモンストレーション)

12月31日(木)
【玉龍雪山】
モルゲンロート
玉龍雪山に登る その1
玉龍雪山に登る その2
4680m!

【麗江古城】
麗江の見どころ その1
麗江の見どころ その2

大みそかのディナー @バンヤン・ツリー
(写真:麗江 忠義市場で買い物中のナシ族、若い女性)

1月1日(金)
ハッピーニューイヤー from 麗江

【麗江古城】
ナシ族の男性も働いている? @麗江古城
麗江で普洱茶を買う
麗江で羊の串焼き!
ファイヤー @忠義市場
麗江の胃袋、忠義市場の風景
麗江のお勧めスポット、忠義市場
(写真:麗江古城内 色とりどりのスカーフ)

【束河古鎮】
美しい水の街
茶馬古道 @束河古鎮
束河古鎮 食べ物のある風景

黒山羊鍋に虎? もちろん過橋米線、そして燕の巣まで! @バンヤン・ツリー
 (過橋米線 よそったところ

1月2日(土)
山に雪、地に霜 〜寒い朝 麗江から旅立ち
広州で結婚式に遭遇

1月3日(日)
パンダジェットで帰国

【その他】
雲南省で出会ったビール
雲南省で出会った花
   
雪花ビール。いまや中国第一のビールブランドですね。
麗江のような地方都市にも、普及しているということ。

雲南省には工場はないはずだけど、どこから運んでるのかな。チェックするの忘れました。
バドワイザー。これは雲南省の省都、昆明で。
少し都会だからかな。湖北省の武漢から運ばれてきています。
北京のビール、燕京も飲みました。
こちらは広西チワン族自治区の玉林市で作られていました。
山城ビール。お隣、四川省の拳枝花市のものでした。
初めて見た!
もうひとつ、山水ビール。
青島ビールの傘下にあるようです。こちらも、広西チワン族自治区の首府、南寧市でつくられたもの。

あれ? 雲南省のビールは飲んでないなー
2010年1月23日(土曜日)
   
[ おとといの山羊鍋は残骸でしたが・・・ ]

お正月に行った麗江では、しっかり黒山羊のお鍋を食べてきましたよ。
あっつあつの石鍋に、たっぷり盛られています。濃厚でおいしい♪
あわせたのは中国のワイン、ダイナスティ(王朝)。

軽めだけど、すいすい飲めていい感じですよ。
もひとつ、珍しいものは、虎掌菌のソテー。
貴重なものなのかな、オーダーした中で一番高いメニューでした。
たしかに、味わい深く、おいしかった。

これも雲南省、特に麗江の特産のようです。
日本では香茸(コウタケ)とか、シシタケって呼ぶみたい。
雲南に来たら逃せないのは、過橋米線ですよね。
何種類もの具材を、あつあつの石鍋に・・・

あ、写真撮る前に混ぜられちゃった!

豚耳も入って、味わい深〜い
デザートには、薔薇風味の燕の巣。

こちらは超高級食材ですが、”虎”より安かった。しかもたっぷり!
(ココナッツミルクの下にいっぱい沈んでいました。)

満足、満足。
朝は、プリップリになるかな〜
   
[ 白沙村ののどかな市場と比べると、 ]人口110万人と中国の中ではとても小さな街とはいえ、麗江市内の市場は大量の品物であふれていました。

市場の中、八百屋さんが連れていた赤ちゃん。ぷっくぷくですね♪



ちょうどお昼時間、こちらのお店でも麺を用意していました。
スープの色、赤いですね〜 トウガラシの粉入りかな?

え? 秤の上に乗っけて食べるの?
束河村の屋根や軒先で干されていた肉や腸詰も集めてみると迫力です。


次の写真は気の弱い方は要注意!
つるりと皮を剥かれて、つりさげられたアヒルちゃんたち。

丸焼きになるのかな〜。
揚げたてのチップス、おいしそうだったな。

買わなかったのが今でも惜しまれます(笑)
2010年1月22日(金曜日)
   
久しぶりに棗へ。

昨日は牡蠣とビールだったけど、今日は白ワインと。
オリーブオイル漬。ピンクペッパーがいいアクセントです。
チーズ&酒盗で、発酵食品祭り。

ワインが進みますね〜
揚げ物にも、白ワインはあいますね〜。
カリフラワーのフリットです。

久しぶりに伺ったら、内装とメニューがちょっと変わっていました。
フロアも全員男性になってたし。

でも、もちろん相変わらずおいしく頂きました。
B食店情報
・店名 : 代官山 棗(なつめ)
・ジャンル : 和食-郷土料理
・住所 : 東京都渋谷区恵比寿西2-17-16代官山TKビル2F
・TEL : 03-5428-0210
・URL : http://www.d-natsume.com/
・営業時間 : 18:00?22:30(LO) 土曜は?22:00(LO)
・最寄り駅 : 代官山/恵比寿
・キーワード : 食べたいものが一杯/お酒もいろいろ/カフェのような心地良さ
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

2010年1月21日(木曜日)
   
・・・の残骸。
らしい・・・

確かに、山羊から出た(らしい)いい出汁の味がする。

ギャートルズみたいな肉だったんだってさ。
一切れもなかったけどね(笑)

麗江で食べたからいいもん
羊の串焼き&鴨レバーの串焼き。
こっちは、残骸とはいえ、身が残ってるだけましかな。
小さな丸皿に入っているのは、腐乳の残骸(笑)

これだけで、ビールジョッキ一杯、いっちゃうもんね。
それに、これも麗江で食べたからいいもん
いいもんねー。牡蠣のお料理、二品頼んじゃうから。

その1、牡蠣オムレツ。
ふぁっふぁ。牡蠣の出汁がガツンと効いています。
その2、牡蠣春巻。いい感じに揚がってます。

またまたビールジョッキ一杯。
(今日は、ビールの写真を撮る心の余裕がなかった 汗)
ささっ。ゴマ団子食べて帰ろ。
2010年1月20日(水曜日)
[ 23:31 ] [ おいしい食べ物 ]
   
なんだこれ?

茄子のペーストかな? と思うような色合いですが・・・
高菜入りの卵焼きに、めんたいペーストをトッピングしたものなんだそう。
博多焼きってあったけど、博多にあるのかな?

なかなか美味で・・・
泡までおいしいビールも
あっという間に、空になっちゃいました。
白ワインと揚げごぼうのマッチングもよかったですね。

あ、「ひみつの純米酒」も飲んだような・・・ 楽しい新年会♪
2010年1月19日(火曜日)
[ 23:13 ] [ おいしい食べ物 ]
   
アジアのスナックのいろいろ。

これは、魚の粉でつくったお煎餅かな。インドネシアのもの。
写真、ちょっとサメみたいな感じですね〜

ビールによくあいます。
インドの穀物スナックと、インドネシアのテンペでできたスナック。

これもビールにあうあう。
ドライ・グリーンマンゴー。酸味がいい感じ。
とか何とか言って、リングができちゃいました。
お疲れさまでした!
2010年1月18日(月曜日)
   
酒蔵訪問の前から好きだったけど、高橋杜氏さんのお話をうかがって、ますます好きになった、雪の茅舎。

にごり」も「秋田」もおいしい。もちろん、山廃はとってもおいしい。

でも普段飲むには、”ブルー”(純米吟醸)がすーっと入る感じでいいなー。
ほんとに、やさしいお酒です。
熟れたバナナに、ハーブ風味のクリームチーズをのっけて、”ブルー”とあわせてみました。

うん、いい感じ♪
そして”ピンク”。純米吟醸。限定の生酒です。

ふわぁっと、生酒ならではのフレッシュでフルーティな香りが立ち上ります。
自然のままのアルコール度数。
やわらかい酸味がいい感じですね。
これには、焼きチーズを合わせてみました。
うん、これもいいねー。
   
[ 気になった食べ物 ]に続いて、束河古鎮で出会った、食べ物のある風景。

まずは、トウガラシ。魔除けの意味もあるのかな、玄関につりさげられていました。

実は、ナシ族のお料理はトウガラシたっぷりなんだそうです。
そして腸詰。
これもピリ辛らしい。
干し肉はあちこちで見かけましたが、もの干し台に洗濯もののように干されているのは見応えがありました。

家の前では、ナシ族のおばあさんが、何やら売っています。
街中の小川は、湧きだしたばかりのとてもきれいな水。野菜を洗っても大丈夫♪
ここでも、路傍で野菜を売っていました。大きな白菜にかぼちゃ。
のどかですね〜
2010年1月17日(日曜日)
[ 09:09 ] [ おいしい食べ物 ]
   
鱈尽くし。駆け付け一杯?は、白子。

軽く蒸していただくと、甘みが増しますね〜。とろとろー
新鮮さ、写真からも伝わってくるでしょ♪
そうそう、肝とコンニャクを甘辛く炊いたのも、絶妙。
合間に牡蠣♪ をはさんで・・・
焼いた白子&焼いた鱈。

これまた、とろけてしまいそうなおいしさです。
秋田のお酒、栗林の無ろ過生原酒とぴったり。

とってもふくよかなのに、酸が高めなので、すきっと切れます。
このお酒、好きだなあ。

その2につづきます
2010年1月16日(土曜日)
[ 22:55 ] [ おいしい食べ物 ]
   
あっつあつの牡蠣フライ♪

広島です。
今日こそはビールといっしょに
ビールときたら、芋天♪

あらら、芋づる式に注文しちゃいそう(笑)
2010年1月15日(金曜日)
[ 20:33 ] [ おいしい食べ物 ]
   
元気になられてよかった!
久しぶりの、飲兵衛倶楽部。その1はこちら。

お料理、相変わらずさえていますね。鱈そうめんです。
お祝いの、ロゼシャンパンとよく合いました。
鱈尽くしの最後は、鱈ちり。

きのこがいっぱい入るのもうれしいですね。
鱈からおいしい味がいっぱい出てきます。
それを、この「せんべい」で吸わせるなんて、ナイスアイディア!
(青森のせんべい汁ですね)

ごちそうさまでした♪
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ