記事
[ 総記事数:5983件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2009年3月31日(火曜日)
[ 21:56 ] [ コレクション ]
   
[ 前のシーズンは262個 ] どこまでいけるかな。

10/1(水):2個 カキと豆腐のさっぱり煮
10/5(日):3個 赤崎北海道
10/12(日):6個 カキの燻製
10/18(土):3個 カキのホイル焼き
10/20(月):3個 牡蠣フライ
10/25(土):4個 牡蠣と豆腐のさっと煮
10/28(火):5個 牡蠣フライ
10/29(水):1個 広田湾の牡蠣
11/1(土):5個 牡蠣のくぎ煮&天ぷら
11/2(日):2個 牡蠣そば
11/3(月):3個 牡蠣フライ
11/6(木):2個 牡蠣焼き
11/7(金):1個 牡蠣のマリネ
11/8(土):4個 焼き牡蠣 & 牡蠣おでん
11/12(水):2個 生牡蠣
11/15(土):3個 牡蠣マヨ
11/23(日):7個 牡蠣の赤ワイン煮
11/26(水):1個 オレロン島産牡蠣の温製
11/29(土):4個 牡蠣のアオサ炒め
11/30(日):1個 オレロン島産牡蠣の温製
12/1(月):1個 カキフライ
12/2(火):2個 牡蠣のリゾット
12/5(金):7個 昆布湾の牡蠣牡蠣のフェトチーネ
12/6(土):5個 牡蠣のアヒージョ
12/7(日):2個 牡蠣とほうれんそうのグラチネ
12/9(火):5個 焼き牡蠣、牡蠣鍋
12/12(金):2個 牡蠣おでん
12/15(月):4個 牡蠣の豆豉炒め
12/20(土):8個 牡蠣のヴァプール牡蠣ごはん
12/21(日):7個 牡蠣せいろ、牡蠣のコンフィ
12/23(火):5個 牡蠣のクリームパスタ

計 110個 (2008年12月末)
1/7(水):2個 牡蠣のサラダ
1/8(木):2個 生牡蠣
1/9(金):1個 牡蠣の豆豉炒め
1/11(日):6個 牡蠣の生姜煮、牡蠣のくぎ煮
1/12(月):5個 牡蠣のクリーム煮
1/15(木):1個 牡蠣と青海苔のテリーヌ
1/23(金):1個 牡蠣の入った粕汁
1/24(土):3個 リゾットと粕汁
1/25(日):4個 岡山と岩手の生牡蠣
1/30(金):3個 健牡蠣のグラタンとしゃぶしゃぶ
1/31(土):1個 ちょっと火を入れた牡蠣
2/2(月):6個 生牡蠣ポン酢&牡蠣と青海苔鍋
2/4(水):2個 牡蠣とねぎ生姜炒め
2/7(土):5個 牡蠣の春巻と牡蠣汁
2/13(金):10個 牡蠣鍋
2/15(日):3個 牡蠣のベニエ
2/16(月):8個 牡蠣の土手鍋
2/20(金):2個 牡蠣と豆腐の小鍋
2/22(日):2個 牡蠣の豆豉炒め
2/27(金):6個 牡蠣と大根の旨煮
3/1(日):2個 生牡蠣
3/7(土):7個 牡蠣の生姜煮、牡蠣のくず煮、生牡蠣
3/20(金):20個 牡蠣ジョン@ソウル
4/9(木):2個 カキフライ

計 214個 (2008年秋〜2009年春シーズン)
[ 21:12 ] [ 見つけた! ]
   
[ 幸之助さんのレポートはまゆだま ]。

乾燥大豆に麹菌をつけたものなのだそう。戦国時代のサプリメント。


私がたまたま出会ったのは・・・

韓国の納豆サプリメント。乾燥チョングッチャン(清麹醤)かな?
ほとんど臭みもなくて、ポリポリとビールのおつまみにも合いそう。

もともとの清麹醤は、スープにして食べるものらしい。納豆汁?
発酵食品、まだまだ奥が深いですね〜
2009年3月30日(月曜日)
[ 23:51 ] [ おいしい食べ物 ]
   
ほぼ一週間、風邪でグスグス言っています。そんなに悪化はしていないのだけど、すっきりしない。

ここは、ニラとあったかいもので、吹き飛ばしてしまいましょう!

黄ニラと牛肉の炒め。シャキシャキした黄ニラがおいしいね〜。
そら豆や白菜、白木耳に小海老まで入った、豪華なタンメン。

野菜もたっぷり、しっかりあったまります。

さあ、これで明日は元気復活だ!
2009年3月29日(日曜日)
[ 22:17 ] [ おうちごはん ]
   
京都産のたけのこが、手の出る価格で売られていたので・・・

皮ごとまるごとグリルで、焼き筍。
少しえぐみが出始めていましたが、それもまた春の目覚めを誘発してくれるようで、しっかり堪能できました。
筍ごはんもね。
(筍ごはんの素を使いました  汗 )

おなかいっぱいでも、まだ食べたくなる味♪  
今月の季楽の会で買い求めた、ひとむさんの自家製スモークサーモン。

燻製の香りがひときわ鮮やかです。
皮とハラスは炙ってね。

パリパリの皮って、どうしてこんなにおいしいんだろう。
   
桜がほころび始めた京都で

その名も花見酒という、純米酒をいただきながら。
春のよろこび。

ホタルイカ。
鯛の白子。
フキノトウ味噌。
筍も木の芽和えと焼き筍の2種でいただきます。
木屋町三条のめなみ。

この焼き鯖寿司も絶品でした。
B食店情報
・店名 : めなみ(めなみ)
・ジャンル : 和食-日本料理
・住所 : 京都府京都市中京区木屋町三条上る
・TEL : 075-231-1095
・URL : http://www.k5.dion.ne.jp/~menami/restaurant.html
・営業時間 : 11:30〜14:00/17:00〜23:00
・定休日 : 日曜
・キーワード : 季節の食材/炙り鯖寿司
・友人・同僚 / デート / 接待
B食店ページへ

2009年3月28日(土曜日)
[ 23:23 ] [ おいしい食べ物 ]
   
[ 宇宙人も出た、ひとむさんの季楽の会 ]。

今月のメインは、スペインのサフランをたっぷり使ったパエリャ

その前に・・・ えごまの実がたっぷり乗った、アボカドのサラダ。
プロヴァンスのロゼとぴったり。
菜の花畑に舞い降りたチョウチョ。

ハマグリから出る、たっぷりのブイヨンで蒸しあげられています。濃厚〜
自家製のカラスミを、これでもか! というくらいに使ったパスタ。
これも自家製のスモークサーモンが乗っかって、贅沢ですね〜
キトキトのホタルイカは?
お米が見えないほど投入されて、本日のメインのパエリャが登場。

実はこれ、エキスをお米がたっぷり吸い込む、翌日がまた美味なの♪
ということで、おみやげにも持ち帰っちゃいました。

おいしかったな♪ ごちそうさまでした。

デザートはこちら
   
[ ハンミリ その1。クジョルパンと並んで ]、もうひとつの名物料理が、こちら神仙炉。

具材が全然見えなくてごめんなさい。たっぷりのキノコです。
ゴマだれ風味のスープで、ぐつぐつ。

おなかにもやさしくて、パクパク食べちゃいますね。
骨付きのカルビを煮込んだ、カルビチム。
柔らかく煮込まれて、特に骨ぎわのお肉がおいしい〜
もうおなかいっぱいですが、ごはんに冷麺、そしておこげをたっぷりいれたお茶漬け。

さらに、付け合わせが6種!
写真はその中の一つ。山菜の一種でしょうか。独活とタラの芽を合わせたような感じ。
デザートはお餅。中の餡が香ばしくておいしかったけど、何だったのかな?
麹の浮いた、ショウガ風味の飲みもの。
身体の中からすっきりしますね。

量は多めだけど、とってもヘルシーなハンミリ定食。52000ウォン。
ウォン安の今(4000円弱)は、とってもお得な感じでした。 
   
ソウルの宮廷料理店、ハンミリにて。ハンミリ定食をいただきました。

かぼちゃのあったかいおかゆで始まって、一つずつお皿に盛られた前菜が3種、チャプチェ。

写真はクジョルパン。お皿が九つに分けられています。
色鮮やかですね。
真ん中の、薄いクレープ状の皮に、8つの具材を乗っけてくるっと巻いていただきます。ゴマだれのソースをかけてね。

やさしい味ですね〜
3種のチヂミです。

野菜と魚介と肉。味も食感も異なっていて、それぞれのおいしさ。
お肉とエリンギと、よもぎのトッポギ。
トッポギはもちもちしてて、ほどよい歯ごたえ。
伊勢海老チム。上に乗ってるのは細切りのジャガイモ。

まだまだ続きますよ〜
2009年3月27日(金曜日)
[ 19:16 ] [ ワイン ]
   
楽しい宴のはじまりー。池尻のオギノです。

体調悪かったはずなのにな〜。
シャンパンから始まって・・・
タルタルと、つぶ貝に合わせたローヌの白。
鴨と羊にあわせたローヌの赤。
さらに、ディジェスティブまで! (これは一口いただいただけだけど)
こっちからも一口。

よく飲んだなあ。ほんとに楽しい宴でした♪
2009年3月26日(木曜日)
[ 19:56 ] [ おいしい食べ物 ]
   
今日の季楽の会は海鮮づくし♪

宇宙人の正体は、スミイカ。中にハマグリ、アサリ、ムール貝がつめられてるのー

このあと、どうなって出てくるのかなー
こんな素敵なお皿に変身。

秋田のしょっつるのもろみが隠し味として使われているのだとか。
ローヌの白によく合いました。

ひとむさんの季楽の会。お料理とお酒、そして楽しい会話。
本編はこちら
   
新発売のヨーグルトの風味の発酵ウコン。

これで準備万端。味も乳酸菌飲料ぽくって、飲みやすい。量が多めなのもうれしいかも(笑)

さあ、飲むぞー (←お酒♪)
   
京都駅で仕入れた、パン・オ・ショコラを食べながら東京に戻ります。
しっかりした粉の味が感じられる、おいしいパンでした。

それにしても底冷えしますねー
2009年3月25日(水曜日)
   
それも、生カルビ!

これ、一人前。ゴージャスですね〜♪
おねえさんが、チョキチョキしてくれます。
うー、たまりません ウマッ

塩だけでも、たれをつけても、どっちも ウマッ
ワインは高かったけど・・・
〆はやっぱり、石焼きビビンパ♪

コチュジャン、ジュセヨー♪
2009年3月24日(火曜日)
   
うさ、みっけ。
国立中央博物館の、青磁の香炉。

だめですよ〜。持って帰ろうとしても(笑)
2009年3月23日(月曜日)
   
[ 韓定食に ]、牡蠣おこ追加。

牡蠣ジョン(クルジョン)ですね〜

むふふ〜。
一枚に牡蠣10個は入ってたな〜。2枚食べたから、これだけで20個。

そして、今シーズンの牡蠣も200個を突破!
2009年3月22日(日曜日)
   
春分の日の3連休。木曜の夜、羽田発のツアーは早々にいっぱいで、予約できたのはビジネスクラス利用のもののみ。ウォン安で日本人が大挙して出かけているため、免税店も品切れ続出だと聞きましたが・・・

思い起こせば、2002年の日韓ワールドカップ共催時にも、羽田からチャーター便でソウルに行きましたね〜。今は上海や香港に行く便もできて、小さいながらも免税店やラウンジもできていました。

さて、飛行機の旅で楽しみなのが機内食。陶器やガラスの食器がうれしいです。
前菜に続いて、主菜はえび。

韓国の航空会社では、お願いすればチューブ入りのコチュジャンをくださいます。これがないとね♪
食後の飲み物は高麗人参茶もチョイスできました。蜂蜜を添えてね。
こちらは今朝の機内食。

そろそろ韓国料理以外を食べたいなあ、とおもってキッシュにしましたが・・・ (これもおいしかったけど)
やっぱり、ビビンバにすればよかった! (お隣のをパチリ)

これに、ごはんとあのコチュジャンをたっぷり入れて、かき混ぜていただきます。ヘルシーだし、おいしそうだったなあ。

しかし、韓国では朝からビビンバ食べるのかな〜。元気はつらつですね〜
2009年3月21日(土曜日)
   
餃子じゃなくて、お皿饅頭だけどね。
中はびっくり。お肉はちょっぴりで、豆腐というかおからがたっぷり。根菜も入って、とってもヘルシーな感じ。(ピンボケですみません)
1個女性のにぎりこぶしくらいありそう!
さらに、お店の名前にもなっている、平壌冷麺。
コシがあって、なかなかおいしい。つるつる、いっちゃいます。

せっかくだからと、辛い麺も追加。
店の前に、麺を打つ場所が! 自家製麺なのね。

東大門の近くの大通りから奥まった、こんな店構えなので、最初は見過ごしそうになりました。お客さんはひっきりなし。麺は8000ウォンだから、結構高いと思うんだけどね。

お店の詳細は、ソウルナビへ
2009年3月20日(金曜日)
   
ソウルで最初の食事。
これでまだ半分。

真ん中の白っぽいのは自家製の豆腐。表面が湯葉になります。
この定食は13000ウォン。今のレートだと1000円くらい。
(ビールは別です)

すご〜く、お得な感じ。
チャプチェ、おいしかったな〜。
奥の左は、苦菜のキムチ!

カキおこも追加しちゃったので、おなかいっぱい!
2009年3月19日(木曜日)
   
おいしいものに会えるかな。
行ってきます!
2009年3月18日(水曜日)
   
あったかい一日だったけど、あったかい稲庭うどん。
天ぷらとご飯がついた、古都里膳。

今日は戌の日で、水天宮は大行列でした!
B食店情報
・店名 : 古都里(ことり)
・ジャンル : 和食-うどん・そば・麺類
・住所 : 東京都中央区日本橋蛎殻町2-2-1 富田ビル1F
・TEL : 03-3664-1030
・営業時間 : 11:00 - 15:00/17:30 - 21:50(土日祝は昼のみ)
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : 水天宮前/人形町
・キーワード : 稲庭うどん
・友人・同僚 / 一人
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ