記事
[ 総記事数:5985件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2007年2月28日(水曜日)
   
鯛焼き?

いえ、鯛団子。中には黄身餡が。
「観音皇茶魚」。お団子には茶葉が練りこまれています。
これをいただいたのは公園の中の茶芸店。茶芸師のお嬢さんが、つきっきりでお茶を入れてくださいます。
お茶は「蜜味単樅」。100度の熱湯でいれる、爽やかなお茶。その名のとおり、蜂蜜のような甘い香り。

お湯を注いですぐに出し、最後の一滴までちゃんと出し切れば、20煎は入れられるそうです。
ほかにはこんな雀ちゃんもね。「茘紅歩歩高」ですって。

全部で9種類の点心とお茶のセットで、380元(5〜8人)。6人でしたのでひとり当たり1000円でした。

気持ちのいい昼下がり。(お店情報もこちら)
2007年2月27日(火曜日)
   
[出張前に、豚]。
広州についても抜けきらない風邪には・・・

お決まりの鶏。
うん、おいしいね。あ、頭はパスね。
さらに、羊の炒め。葱もたっぷり。
羊のスープも。コラーゲンたっぷり♪
野菜もね。

今日もお酒は自重。だいぶ元気になりました。

お店はこちら
   
明るいラウンジ。ビジネスブースがないのがいまいち。
さあ、いってきます!
2007年2月26日(月曜日)
[ 23:13 ] [ おいしい食べ物 ]
   
明日からまた出張なのに、風邪が抜けません。

こんなときは豚を食べて元気に!

おお、むっちりした脂♪
ついこの間まで、豚の脂身が食べられなかったなんて自分でも信じられないわぁ

塩だけで肉の旨みを味わいます。
お酒は自重して・・・ 風邪、すこしよくなるかなあ。

いってきます!
明日は5時起き。おやすみなさ〜い Zzzz
2007年2月25日(日曜日)
[ 22:23 ] [ おいしい食べ物 ]
   
おこもりごはんは、菊の井の鯖寿司。
上には見えないほど薄い朧昆布。
鯖と酢飯の間には生姜が仕込まれています。

繊細なお味。

分厚いけど、脂がのりすぎていないので、さっぱりといただけました。
[ 10:13 ] [ おいしい食べ物 ]
   
小学生の頃のヒーローはハンニバルだった」って言うと驚かれるんですけど・・・ プルターク英雄伝を読みながら、象でアルプス越えをするシーンを思い浮かべては、胸を熱くしていました。

その思いが募って、カルタゴまで行ってしまったほど(笑)
ひがな一日、タラソテラピーの温水プールに浸かりながら、2000年以上昔に思いを馳せていました。

で、ハンニバル・ドゥー。

ブリックがうまうま。写真がぼけぼけだけどね。
とろとろの卵をこぼさないように、手で持っていただきます。
赤いのはハリサね。グリーンオリーブとか三種類の唐辛子などをペースト状にしたもの。

もちろん辛いです。風邪気味の私は恐る恐る・・・ うん、平気!

まあ、風邪とかいいながら、こんなことしてたんですけど。
ばったり、ケイトさんとお会いしましたね〜
タジンはチュニジア風のキッシュ。野菜がたっぷり添えられて・・・

やさしいお味。個人的にはもっとスパイスが効いてガツンと来るのが好きなんだけど、風邪気味の私にはちょうどよかったかも。

全般的に日本風に食べやすく、アレンジされているような気がしましたよ。年輩の方にも抵抗なく食べられるかな。
チュニジアのワインもいろいろそろっていました。

いただいたのは「シロッコ」。爽やかな味覚。

そういえば、赤羽橋にシロッコって言う名前のチュニジア料理店もあったけど、今も健在かなあ。シロッコのほうが、パンチの効いたお料理で好みだったんだけど・・・

そして、シロッコといえばチュニスでの55度体験も思い出す〜。
あ、脱線、脱線。ハンニバルでした。

とてもホスピタリティあふれるお店。パーティにもよさそうでしたよ。
B食店情報
・店名 : ハンニバル・ドゥ(ハンニバル・ドゥ)
・ジャンル : その他
・住所 : 東京都渋谷区千駄ヶ谷3533
・TEL : 0334793710
・URL : http://www.hannibal.cc/deux.html
B食店ページへ

2007年2月24日(土曜日)
   
[明るいうちにたべちゃったから]、足りるはずもなく、深夜のスイーツです。

ミニプリン。カラメルの苦味を抑えて食べやすくしてあるんですって。
ちょっと、のども痛いから、ビタミン補給。

さて、寝よっかな。
   
クールファイブではありません(古っ)

泡です!
まだ明るいうちから飲むビールはおいしい♪

松本ラガーではないけれど・・・
すっきり、こっくり。おいしいラガーでした。

その上、ただいまラガーキャンペーン中。くじをひいて、特製グラスとコースター、しっかりゲットしました!
へえ! タラの芽と菜の花の天ぷら!

キリンシティにもこんな季節感たっぷりのメニューがあったのね♪
豚とポルチーニのワンタン。

ポルチーニはあんまりよくわからなかったけど、とってもおいしかったのは、きっとポルチーニのおかげなんでしょうね〜
砂肝のガーリックグリルも食べて・・・

おいしかった♪
しかし、これで夜までもつかなあ。

(今日は、キリンシティの横浜西口店(More’s2階)まで遠征しました。)
2007年2月23日(金曜日)
   
なんかね、甘いお酒が飲みたかったの。

あ、きのうも杏露酒のんでたっけ。

忙しい一日だったからかな。おなかがすきすぎて血糖値が下がってたからかな。
一緒に食べたのは、牛たたきのサラダ。タイ風の味付けでおいしかった♪
B食店情報
・店名 : 草花木果(そうかぼっか)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 東京都目黒区上目黒2-7-11
・TEL : 03-5722-1055
・URL : http://www.sokabokka.com/
・営業時間 : 11:30?15:00(土日祝はランチ休)/17:30?26:00(日・祝は?25:00)
・定休日 : 日休/月が祝日なら月休(当面の間)
・最寄り駅 : 中目黒
・キーワード : アグー豚の鍋
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

2007年2月22日(木曜日)
   
[銀座芝蘭]。四川料理のお店だとは知っていたけど・・・ そっか、火鍋だったのね!

ん〜。真っ赤な唐辛子がいっぱい!
こんなのや・・・
こんなのも、投入されます。

右奥にちょっと見えているのは、お肉。豚・牛・羊の三種類でした。

で、結局みんな、赤い方に入れてるじゃん。白のもサルベージして赤に移してるし・・・
薫り高い胡麻油に、大量のニンニク。

これのおかげで、あんまり辛さを感じなかったけど・・・ 明日会う方、ごめんなさい(爆)
と、ここまでは余裕だったのですが・・・

これにやられました! 火、噴いてます・・・
花椒多すぎ〜。ビリビリビリビリビリビリビリビリ 激辛

杏露酒ロックをついつい一気飲みしちゃったじゃない(汗)

ほ〜。いい汗をかきました。
おいしくて、楽しい時間をありがとう♪ 次もたのしみにしていま〜す。
B食店情報
・店名 : 銀座芝蘭(ぎんざちーらん)
・ジャンル : 中華料理
・住所 : 東京都中央区銀座7-8-15 銀座新橋会館2F
・TEL : 03-3573-0301
・URL : http://www.geocities.jp/tooenkai/
・営業時間 : 11:00?14:30(LO)/17:00?21:30(LO)/土曜は通し営業
・定休日 : 日
・最寄り駅 : 銀座
・キーワード : 四川料理
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

2007年2月21日(水曜日)
[ 07:10 ] [ おいしい話 ]
   
今朝起きてみたら、総アクセス数が100万を超えていました。
この間、いろんなことがあったけど・・・ 皆様のおかげです。ありがとうございました。
[ 07:06 ] [ おいしい食べ物 ]
   
牡蠣バター。

うひゃひゃ、ちっちゃいけどぷっくぷくの牡蠣がたっぷり♪
大七のお燗であったまりながら。
牡蠣バターの残ったお出汁で炒飯を作っていただきました。おこげも入っておいし〜♪

さて、牡蠣の記録はどこまでいけるかな。ラストスパート!
2007年2月20日(火曜日)
   
こんぱる座をでてから・・・もう一軒。
[銀座サンボアへ]。

さっきは飲み放題だったけど、ビールは1000円追加だったので我慢。
声援をおくってのども渇いたことだし、やっぱりビールね♪

うーん、しみわたる〜。
さらにギムレット。定番だけど、一番好きなカクテルかな。
ライムと、ジンのジュニパーベリーの香りが心地いい。

楽しく飲んだ一夜でした。うーん、月曜から飛ばしすぎ?


−−
銀座サンボアの住所が変わったのでB食店情報を更新しますね。

B食店情報
・店名 : 銀座サンボア(ぎんざさんぼあ)
・ジャンル : バー
・住所 : 東京都中央区銀座5-4-7 銀座サワモトビルB1
・TEL : 03-5568-6155
・URL : http://www.samboa.co.jp/index.htm
・営業時間 : 15:00?24:00(日祝?22:00)
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : 新橋 ・銀座
・キーワード : ハイボール
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

[ 01:35 ] [ 見つけた! ]
   
ワクワク♪
ちょっと出遅れたので、すでに4人のダンサーさんの挨拶が終った後。
今日はショーチャージとお食事のセット、6300円でお願いしました。
根菜のお料理、おいしかったなぁ。
ニューハーフのティナさんがご挨拶にきてくださいました。女っぽいなぁ・・・

でもって、あっという間にショータイム。
約1時間、ノンストップのダンシングです。間近で見ることができてラッキー♪

ケイトさんと同じく、私もけいちゃんの身のこなしに目がくぎ付け。
客席からもいっぱい声がかかって・・・ 一番人気でしたね。
けいちゃんです。ショーが終わった後。
あっというまの2時間。とっても楽しかった。

でもって、もう一軒(汗)
B食店情報
・店名 : 笑座こんぱる(しょうざこんぱる)
・ジャンル : その他
・住所 : 東京都中央区銀座8-7-5
・TEL : 03-6215-8593
・URL : http://www.konparuza.co.jp
・営業時間 : PM6:00?AM3:00/土・祝?0:00
・定休日 : 日曜日
・最寄り駅 : 新橋駅
・キーワード : 楽しいショーとトーク/記念日にはダンサーとの写真撮影
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

2007年2月19日(月曜日)
[ 15:44 ] [ ノンジャンル ]
   
今晩[ここに]行く予定!?

ドキドキ
   
[前哨戦]のあと、ジムで汗を流して本番に備えました(笑)

まずは生牡蠣。シャブリと一緒にね。
続いては牡蠣フライ。ジューシー♪
さらに、牡蠣のコキーユ。ワインも2杯目です♪
ほらほら〜。

このお店の牡蠣は、いつ食べてもおいしいな〜

ああ、満足、満足!
   
雨が残るお昼。遠出する元気もなくて、いつものように吉法師へ。

おお! お通しが牡蠣♪
これは幸先がいいですね〜

生姜とおしょうゆで炊いてあるのかな。ビールがすすむ♪
花ワサビのおひたしも。

このあたりから日本酒に切り替えて・・・
穴子♪
〆はにしんそば。

って、ほかにも白バイ貝や、ほたるいか、新じゃがなんかも食べたんですけどね(笑)

いついっても満足のお店です
2007年2月18日(日曜日)
   
[大好きなワインバー、KISSAKO]。
懇親会でまともに食べられなかった私も、ここではじっくり♪

やっぱり、牡蠣でしょ。厚岸の牡蠣♪
ムルソーとサンセールをいただいて・・・

辛口のサンセールが牡蠣にぴったり!
ムルソーは、昆布締めにしたひらめとカラスミのカルパッチョとよくあう〜。

根菜のピクルスも。

ああ、身体が生き返るような気がします。野菜、大好き!
〆はカスタード ハート

おいしいプリンでした〜。満足、満足♪
B食店情報
・店名 : KISSAKO(きっさこ)
・ジャンル : バー
・住所 : 東京都港区南麻布5ー1ー1 PLAZA KAY 2F
・TEL : 03-5475-5920
・定休日 : 日曜・祝日休み
・最寄り駅 : 広尾
・キーワード : グラスワインいろいろ
・友人・同僚
B食店ページへ

[ 10:46 ] [ ビール ]
   
まずはビールで乾杯。

さて、お料理。

点心♪

エビマヨ♪

あ、出遅れた・・・ お刺身戦線には加われず。

伊勢海老と巨大なお魚コーナーは、写真だけ撮らせてもらいました。

事前の下調べ&プランニングが足りませんでした。完敗(笑)
   
[関連したBlog]
以前から気になっていたお店。開店前にちょっぴり並んでみました。あ、並ばなくても入れます。

うどんが茹で上がるまで、ビールを飲んで待ちましょう。
お揚げを焼いたものと、きゅうりをつまみながら。
きゅうりは、八丁味噌の予行演習(笑)
うどん本来の味を楽しむために、まずころうどん。

おしょうゆと薬味だけ。これに白ゴマをたっぷりすりおろしていただきます。

おお〜。素晴らしいコシ! つるつると通るのどごし。
その昔、渋谷にあった讃岐うどんの名店、長徳のうどんを思い出しました。これは好み♪
名物のカレーうどん。なめらかなカレーです。
うどんはあたたまってやわらかに。カレーとよくなじみますね。

やわらかいおうどんが好きな人におすすめかな。
さて、真打、味噌煮こみうどんの登場です。一日20食限定。

うどんは半分くらいしか火が通っていなくて、かなり固め。
濃厚な八丁味噌で、ぐつぐつ煮込まれてやってきます。

想像してたみたいにくどくなくて、これはなかなかいけるかも。

個人的には、こしのあるおいしいうどんの味をしっかりたのしめる、ころうどんが一押し。いろんなトッピングもできるみたいだから、今度は冷たいうどん&トッピングで楽しんでみようと思います。
B食店情報
・店名 : でら打ち(でらうち)
・ジャンル : 和食-うどん・そば・麺類
・住所 : 東京都品川区旗の台2-7-3
・営業時間 : 11:30?14:30(LO)/17:30?21:30(LO)
・定休日 : 月曜休
・最寄り駅 : 旗の台
・キーワード : 初回には、ころうどん。
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ