記事
[ 総記事数:5997件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2005年3月31日(木曜日)
   
[関連したBlog]
このお店のスペシャリティはソムタムだけではありません。

なんといっても”なまず”。かなりクセがありますが、好きになれば病み付きかも・・・

このワイルドにぶった切った鶏さん。炭火で焼いているし、もちろん地鶏なのでとってもヘルシー&うまい!
ソーセージだそうです。右上にあるのは、じゃがいもではなくて、生姜のスライス。ちょっと脂っぽいので、生姜で口の中をサッパリさせるんだそうです。

その隣に見えるのは・・・ ふっふっふっ 唐がらしです! 自虐的な方、舌の痛覚が麻痺している方は是非お試しください。
あ、ピーナッツも添えられてますね。
牛筋スープにも唐がらしは容赦なく入っています。パクチーもね。

うーむ、やはり蕁麻疹はこの唐がらしのせいか?
こんな感じのお店です。歩道にまではみ出してますね。

このお店にも蚊がいっぱいいましたので、刺されやすい方は要注意です。


お値段はガンガン食べて飲んで、1人150バーツくらい。満足、満足。
   
タイ料理=ソムタムになってしまっている私。

今日は仕事が押せ押せで、お昼を満足に食べることが出来なかったから、夜にかける意気込みも違います。

ちょっと遠出して、ソムタムが抜群のお店に連れて行ってもらいました。

これは普通のソムタム。生のトマトとタマネギがフレッシュで GOOD
辛さをピーナッツで中和しながらいただきます。

こちらは蟹味のソムタム。蕁麻疹を恐れて食べませんでした・・・
(でも結局蕁麻疹が出ちゃったの。食べればよかった)

そして、今回も感激した「筍のソムタム」。酸味が効いていて、パパイヤのソムタムより好みだなあ。前回食べたものよりも、今回あちこちで食べたものよりも、このお店のソムタムが好みです! (蕁麻疹でたけど。しつこいって)

こちらのお姉さんがソムタム担当。鉢の中で材料をつぶしています。これにトマトやタマネギをスライスしたのを加えます。

この他に食べたものは次のBlogへ。

店の名前もわかりません。

行ってみたい方は、写真のグラスのタイ語が店名みたいなので解読してみてね。電話番号もタイ語。

最寄駅はBTSのVictory Monumentでした。

他に食べたものは、こちら
2005年3月30日(水曜日)
   
[関連したBlog]
イカ、ホタテ、牡蠣ときて・・・

忘れてならないのが、トムヤムクン。真っ赤なスープが透けて見えますよね。辛いのなんのって・・・
巨大な海老の炭火焼も。
すでにおなかいっぱいです。
蟹と春雨。もうギブアップ・・・

実はこれ以外にも、赤貝の炒め物とチャーハンも出てきました(汗)
と思ったら、本物の屋台のスルメいか売りがやってきました。
その場で七輪で炙ってくれます。
絶妙の炙り具合。おいしい〜。ビールがすすむ〜。

しかし、そのあと・・・
B食店情報
・店名 : Lek SEAFOOD(れっく しーふーど)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : タイ バンコク市156 Soi Phiphat, Narathiwatrachanakharin Rd., SILOM
・TEL : 02-636-6460
・営業時間 : 不明
・定休日 : 不明
・キーワード : シーフード/豆のサラダは必食/最寄駅=BTS Chong Nonsi
B食店ページへ

   
店舗を構えてますから、屋台とは違うんだけど・・・

これはソムタムの一種かな? 豆のサラダです。緑色で四角っぽくて角が出ている、細胞の写真みたいなのが豆です。辛いです。ミントがアクセントになっています。

辛すぎて声が出ません・・・
イカのニンニクいため揚げ? で舌を休ませます。
こちらは、ホタテのソテーです。グリーンペッパーがてんこ盛り。爽やかな風味。
ちょっと広島風お好み焼きを思い起こさせるもの。
中はこんな感じ。モヤシと牡蠣でした。

続く)
B食店情報
・店名 : Lek SEAFOOD(れっく しーふーど)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : タイ バンコク市156 Soi Phiphat, Narathiwatrachanakharin Rd., SILOM
・TEL : 02-636-6460
・営業時間 : 不明
・定休日 : 不明
・キーワード : シーフード/豆のサラダは必食/最寄駅=BTS Chong Nonsi
B食店ページへ

   
[関連したBlog]
今回の出張で初のタイ料理は、タイの東北地方(イサン地方)料理でした。ソムタムはイサンの地方料理。この辛さに耐えられない、バンコク・シティボーイもたくさんいるとか(笑)

青いパパイヤを刻んだものに、トマト・マナオ・もやし・各種スパイスで味付けしてあります。生野菜は、辛さにいかれた舌を休めるためのもの。インゲンも生でいただきます。
肉と春雨の入ったスープもイサン料理。こういったお料理は、高級タイ料理店では出てこないものなのだそうです。

これも辛い、辛い。ただでさえ39度の炎天下を歩いてきたあとなので、 汗が滝のように出てきます。
これは、今回はじめていただいたもの。
ラープ・ムー・クロン・トート(発音が違うかも)といいます。

ラープ:味付けの名称
ムー:豚
クロン:丸い
トート:揚げる

だそうです。
断面はこんな感じ。香草がいっぱい入っています。
このお店、ショップカードがなかったのでしかとはわかりませんが、いわゆる香草(パクチー)が店名になっているみたい。

店内はとってもおしゃれにデコレートされています。
大勢で食べたこともあって、1人160バーツぐらい。(お昼だったのでアルコールはなし)
B食店情報
・店名 : PHAK-CHEE-LAO(ぱくちーらお)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : タイ バンコク市不明(Sathornの近く)
・TEL : 02-211-9596
・営業時間 : 不明
・キーワード : ソムタム/ひき肉団子が抜群/最寄駅=BTSのSURASAK
・友人・同僚
B食店ページへ

   
ホテルからは接続できなかったので、お昼休みを利用して現地の会社から書き込んでいます。

かぜの状態は一進一退。昨日は念のため、辛いものでなく、日本料理をいただきました。これがタイにいるとは思えない味と内装。写真は戻ってからアップします。

これから、お昼に行ってきます。今日は昼・夜タイ料理かな。
2005年3月29日(火曜日)
   
びっくりしました。海外でこんなまともな和食が食べられるなんて・・・

出張に出かける前から風邪気味で、途中で倒れるわけに行かないので、普段の主義(現地に行ったら現地の食事をする)を曲げて、和食をいただいたのです。

そんなことを言っても、お付き合いやなんかでそれなりに海外の和食はいただいていますが、たいていの場合はがっかりなのですが・・・

お刺身はこんな演出付き。
とんかちで氷を割るとこのとおり。かなり力が要りましたけど・・・

鯛はタイの近海(オヤジギャグではありません。念のため)でとれるため、かなりおいしいです。
長芋とアボガドの梅肉和え。
器も結構こっています。
豆乳鍋。ちょっと沸き立ちすぎてますね(笑)

こちらのお店は自分で豆腐を作っているそうです。だから豆乳とか、おからなんてメニューもあるみたい。
お漬物の盛り付け方がかわいかった。

お値段は、一品100〜300バーツと決して安くはないけど、適当に飲んで食べて、ひとり1000バーツくらいでした。(1バーツは約3円。バンコクでは高いよね)

もしどうしてもバンコクで和食が食べたくなったときにはお勧めです。いわゆる日本人歓楽街(?)の中のビルに入っています。大阪料理ですって?!
B食店情報
・店名 : 菜の花(なのはな)
・ジャンル : 和食-郷土料理
・住所 : タイ バンコク市2F Thaniya Plaza Bldg. 52 Silom Road
・TEL : 02-231-2327
・URL : http://nanohana.ycsjp.com
・営業時間 : 11:30?14:00/17:30?22:30
・定休日 : 日休
・キーワード : バンコクで和食/大阪料理/豆腐
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

   
タイ航空でした。桜の季節にこんな小粋な演出。ちょっとうれしかった ハート お味も普通においしかったし・・・

以前から和菓子のサービスってあったのかしら?
[ 02:34 ] [ ノンジャンル ]
   
出張に行ってきます。またもやバンコク。今回は、この子が私の代わりに風邪を受け持ってお留守番です。

ネットにつながるかどうか微妙ですが、つながればコメント欄に書き込みます。

またね ハート
   
風邪ひいちゃったみたいです・・・・ 前回みたいに寝込むわけには行かないので、速攻で医者に行きました。でも、喉を見てちょっとぐりぐりないか触っただけで、「インフルエンザじゃない。ただの喉の炎症」と言われてしまった・・・ まあ、よかったんだけど。

抗生物質を含む薬を大量に処方され、普段なら薬を飲まない私も、さすがに今日はおとなしく飲みました! (あ、薬をね)

で、風邪のひきがけは「肉」でしょ、肉!
marikoさんの記事を読んでから、もうじゅるじゅるだったピッツァも!(順不同)

これ、ゴルゴンゾーラに、ドライいちじく ハートとくるみが乗ってるの。わーい、自分を甘やかす日だぁ。
で、ついでにカーボ食。春野菜のリゾット。

パンも食べたし、前菜にパンと卵とアンチョビのグラタンも食べたし、肉のつけ合わせには豆もいっぱいだったし・・・・

おお、ハイカーボ、っていうかカーボ尽くし?
(狙っていた、じゃがいものニョッキはなかったなあ)
一応、野菜もね。本日唯一サッパリ目のお味の、グリーンアスパラ。
デザートは、サバイヨン・ロマーナ(だったと思う 汗)。洋酒の効いた軽めの生クリームといちごがおいし〜い。


あ、行ったお店ですか? ずっと行きたくて行けなかった、恵比寿のデリツィオーゾ・イタリア。今日も満席だったけど、ぎりぎり予約が間に合ったみたい。ラッキー。
B食店情報
・店名 : デリツィオーゾ・イタリア(でりつぃおーぞ いたりあ)
・ジャンル : 欧風料理-イタリアン
・住所 : 東京都渋谷区恵比寿4-27-17 ルピナス恵比寿1F
・TEL : 03-3440-5510
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : 恵比寿
・キーワード : モチモチピザ/ニョッキ
・友人・同僚
B食店ページへ

2005年3月28日(月曜日)
   
ダロワイヨのラズベリータルト。すごく甘い。タルト生地が小さくて、ラズベリーフィリングがあふれ出そう。これは朝から力が出そう。

左のはレモンパンね。(正式名称は忘れました・・・) サッパリ。
2005年3月27日(日曜日)
   
[関連したBlog]
お花見もしたし、桜餅でも買おうかなと物色していたら、こんなものが目に飛び込んできました。

さくらアイスです。
いちごもひとつ。

桜餅をアイスクリームにしたみたいな味。桜の葉っぱが入ってるからかな?
作っているのは、東京シルヴァー商会。

おいしそうなアイスクリームがいっぱい。杏仁トーフアイスもあるみたい♪



紀ノ国屋で販売しているほか、目白駅前のイタリアレストランスタジオーネでもいただけるそうです。



それにしても、だったんそばアイスってどうだろう 汗
   
[関連したBlog]
新宿でお食事、といってもほとんどお店を知らない私。出かける前にB食倶楽部で検索していきました。

ぱんさんが紹介してくださった、ボスポラス・ハサン。トルコ料理です。

トルコ料理といえばシシカバブ? もちろんいただきましたが(汗)

私の場合は、葡萄の葉のドルマです。新鮮な葡萄の葉が手に入らないっていう記事を書いていらしたの、おうさるさんでしたっけ? これは缶詰なのかしら・・・
それからキョフテ。肉団子ですね。

ハーブがいっぱい入っているのがわかりますねえ。ビールにも、トルコの赤ワインにもぴったりでした。へへ、両方飲んだんです。
もうひとつ忘れてはならないのが、薄い生地のピッツァ。実はこれ、私の得意料理の一つなんです。っていってもしばらく作っていないけど・・・

ひき肉(できれば血抜きしたもの)とタマネギ、ピーマン、トマト、それに欠くことが出来ないのが、パセリ!。全部みじん切りにして、塩・胡椒と好みのハーブ類で味をつけ、一晩冷蔵庫で寝かせます。ちょっぴりトマトソースを加えると味に深みが出ます。

これをピザ生地に乗せて焼く。チーズは使いません。

懐かしい味。お肉は残念ながら血抜きではなかったようです・・・
最後はトルココーヒーで。飲んだあとは、ソーサーにひっくり返してしばらく放置。コーヒーカップの底に表れる図形や文字で、占いをします。

なんだかよくわかりませんねえ(笑)
厨房の様子。お店もトルコ色豊かで、いい雰囲気でした。
もちろん、味もかなり本格的で GOOD

新宿三丁目、末広亭のすぐとなり。知らないと入りにくい雰囲気ですが、次々女の子たちがやってきました。いろんなところで紹介されてるのかな?
B食店情報
・店名 : ボスポラスハサン(ぼすぽらすはさん)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 東京都新宿区新宿3-6-11第一玉屋ビル2F
・TEL : 03-3354-7947
・URL : http://members.at.infoseek.co.jp/B_Hasan/
・営業時間 : 12:00?14:30/17:00?23:30
・定休日 : 年中無休
・キーワード : トルコ料理
B食店ページへ

[ 16:00 ] [ ]
   
所用で新宿に出た足で、新宿御苑に立ち寄りました。

染井吉野はまだ固いつぼみでしたが、すでに盛りを過ぎたのや、丁度見頃のなど、いろんな桜を楽しめました。
その中からいくつか。

1)これはすでに満開を過ぎた、寒桜。ガクのピンク色が濃いですね。
2)こちらも散り際の、修善寺寒桜。散る花びらが風に舞って、幻想的でした。
3)一見、桜とは思えないような濃い緋色。その名も寒緋桜です。釣鐘状に咲いているのを、下から撮ってみました。
4)ご存知、しだれざくら。写真を撮る人が多く、凄みを感じさせるような全体像はなかなかシャッターチャンスなし。五分咲きの丁度美しい盛りのアップをどうぞ。
最後は、周りの木がすべて固いつぼみの中でただ一本花をつけていた染井吉野(多分)。ピンク色が強いので、もしかしたら違う品種かも・・・

来週あたり、園内の大半を占める染井吉野も満開になるんでしょうね。


一足先のお花見でした・・・


ラウンジでも別の角度から撮った写真を載せています。(ログインしなければ見られません)
2005年3月26日(土曜日)
[ 22:01 ] [ おうちごはん ]
   
[関連したBlog]
え、食べたことなかったの???

という私も、はじめてホワイトアスパラガスをお料理したとき、皮を剥かずにゆでて、いつまでたっても硬いなあなんて思っていたものでした・・・かれこれ15年程前です。

今日スーパーに行ったら、香川産のホワイトアスパラガスが売られてました。すかさず購入。以前は輸入物ぐらいしか見かけませんでしたねえ。ゆで汁はたけのこと同じような香りがしましたよ。

ゆでて、ニンニクマヨネーズでいただきました。輸入ものと比べると癖のない味。日本で栽培すると味が薄くなっちゃうのかな?
アスパラをゆでている間・・・

はい、キッチンドリンカーです。
アスパラと一緒にオクラもゆでてみました。ゆで時間はアスパラは20分くらい、オクラは5分くらいです。

柚子味噌と白ゴマをかけて。

このほかに鰤の塩焼きも。脂は少なくなってきています。実山椒と一緒にね。
本日のメインは、竹の子ご飯です。ところが失敗! 芯が残ってしまいました。炊飯器なのに失敗するなんて・・・・水の加減を間違ったかな?

もういちど水をふりかけて、ちょっと加熱。何とか食べられる状態に。(ほっ)

新じゃがと若布のお味噌汁と。ぱらぱらかかっているのは、実山椒です。
「とり市」の竹の子ごはんのもとを使いました。数量限定ですって。
[ 21:12 ] [ サッカー ]
   
イランサポーターの方がなくなる事故があったと知りました。

それで、思い出したのが先日の、埼玉スタディアムでの北朝鮮戦。今まで海外での国際試合やチャンピオンズリーグの試合を観戦した際、かならず終了前に、アウェイチームのサポーターに対するアナウンスがあったと記憶しています。

試合後の無用な混乱や衝突を避けるために、終了後しばらく席にとどまってほしいというものです。ある程度の時間を区切ったあと、アウェイチームのサポーターは、係員の先導でスタディアム外に(安全に)誘導されます。

画像は、チャンピオンズリーグのACミランvsFCバルサの試合終了後、他の観客がすべていなくなったあとも、スタディアムにとどまるバルササポーターです。

ところで、このような配慮は前回の日本vs北朝鮮戦の時には(少なくともスタディアムに行っていた私の知る限り)全くありませんでした。日本が勝ったからよかったものの、逆の場合はどうなるか・・・

ましてや、今回イランに負けたあとですし。バーレーン戦の際の何らかの配慮を是非。
   
ある日の女子飲み!

食べて、食べて、食べて、飲んで、飲んで、飲んで・・・・ しゃべる!
パクパク、ゴクゴク、ペチャクチャ・・・

男子禁制。
例外:女の子っぽい、またはおばさんぽい男子(笑)




このあと、女だけで立ち飲みの縄のれんに行って、さらに飲みつづけましたとさ。お隣にいたお客さん、ごめんなさい。酔っ払った私たち、あなたを肴に飲んでました(し〜っ)

あ〜、おいしかった。楽しかった。お疲れ様でした!
2005年3月25日(金曜日)
[ 21:43 ] [ ノンジャンル ]
   
今日は坦々クラブの会合・・・

なのに、お昼社食で辛ラーメン食べちゃった 汗
ちっとも辛くない。
こちらが、坦々クラブでいただいたもの。「普通」

ゴマがかなり効いてます。色ほどには辛くない。
こちらは「劇辛」。色が全然違います! 「ひとつは、すっごく辛くしてください!」って注文したら、お店の人が満面の笑みを浮かべてた。

ゴマより唐がらしが効いている感じ。

結論:「普通」ベースに、「劇辛」をトッピングした位が丁度いいかも・・・


あああああ、ハイカーボの一日! 辛麺祭り キラキラ
お勘定書。激辛って書いてありますねえ。
(おまけ)
おやつにこんなものまで食べてしまいました 汗 汗
[ 14:53 ] [ おいしい話 ]
   
[関連したBlog]
ゆうさんが、カルパッチョ イコール 魚、っておっしゃっていたので・・・

今はお魚のカルパッチョの方がメジャーになっちゃったけど、もともとは生の牛肉の薄切りをカルパッチョと呼んでいたようです。

それも、イタリアのルネサンス期の画家「カルパッチョ」の鮮烈な赤色にちなんで名づけられたもの。(画像:ベネチアのアカデミア美術館のHP
http://www.artive.arti.beniculturali.it/index.htmより)

以前、スイスのツェルマットでカルパッチョをオーダーしたとき、お店の方が心配そうに、「生肉ですけど大丈夫ですか?」って聞いて下さったのを思い出しました・・・・
   
ダロワイヨのチョコマフィン。

中に、モカ味のチョコクリームが練りこまれていて、ところどころに塊になっていたりします。そのままだと強烈なので、生乳100%ヨーグルトと一緒に。


♪モーニング・スイーツというジャンルを設定しました♪
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ