記事
[ 総記事数:5982件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2004年12月31日(金曜日)
   
焼酎 焼酎[於茂登の古酒]とか、「佐藤」とか、[鳥飼]とか、[黒西海の薫]とか、B食倶楽部の中でもいろんな焼酎の銘柄が登場しています 焼酎 焼酎

焼酎の飲み込みが足りなくて、まだこれ!という銘柄に出会っていない私に、みなさまのお奨めの焼酎を教えてください。

いまのところのお気に入りは「燃島」です。どんぶり仕込みという昔ながらの作り方の芋焼酎。焼酎には珍しく、酸味があるところが好きです。お湯割りよりも、ロックで飲むと深い味わいが楽しめると思います。

−12月15日の更新−
この焼酎をはじめて飲んだのは、オーセンティック・バーでした。一応会員制。まあ、大人の隠れ家ですね。(くさい表現 汗 汗)

いつもは、オードヴィー(ミラベルとかフランボワーズとか、フルーツフレーバーの蒸留酒。アルコール40度以上あるのをストレートで飲むのが好き)を頼むのですが、この日は焼酎にトライ。酒飲みにとってはラックにならんでいる、シングルモルトウイスキーなんかを眺めるだけでも楽しいお店です。バーテンの方がとても親切。


このBlogページにトラックバックしていただけるとうれしいな。現時点ではコメントの内容まで検索できないみたいなので。Blog本文に「焼酎」って言葉を必ず入れておいてくださいね。

また、こちらに引用した3つのBlogも含め、すでにおすすめ焼酎を書いていらっしゃる方がありましたら、できればこのBlogにトラックバックしてくださいね。一旦、編集で開いて、一番下のトラックバックというところに、
http://www.b-shoku.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/1060
をコピーペーストし、トラックバックPing送信にチェックを入れて送信すると、このBlogにトラックバックできます。 よろしくお願いします ハート
B食店情報
・店名 : 松涛倶楽部(しょうとうくらぶ)
・ジャンル : バー
・住所 : 東京都渋谷区宇田川町37-12 カザマビルB1F
・TEL : 03-3465-1932
・営業時間 : 18:00?翌?2:00
・定休日 : 日・祝休
・最寄り駅 : 渋谷
・キーワード : オーセンティック・バー/とっておきのウイスキー/とっておきの焼酎/とっておきのオードヴィー
・友人・同僚
B食店ページへ

[ 22:56 ] [ おうちごはん ]
   
東京に戻ってみたら、雪が積もっていてびっくり。東京駅は新幹線の遅れもあってごった返していました。

新潟でまる二日おいしいものを食べつづけたROSARY。さすがに今晩くらいは軽めにしなければ、Oの道まっしぐら。

でも、「ゆめや」さんからお土産にお結びいただいちゃったのよね。もちろんコシヒカリ。食べないわけには行かないでしょう。
ま、あとは家にあった、葉山葵、やまごぼうといったつまみと 熱燗があれば・・・ 満足満足
   
宿を出る前にお昼をいただきました。おせちの先取りですね。
熱燗は「越州」。これにコシヒカリをいただいて、文句のあるはずもありません。

その上、お土産にコシヒカリのお結び・・・・
B食店情報
・店名 : ゆめや(ゆめや)
・ジャンル : その他
・住所 : 新潟県西蒲原郡岩室村岩室温泉
・TEL : 0256-82-5151
・URL : http://www.hotel-fujiya.co.jp/yumeya/
・キーワード : A級温泉宿/日本海の海の幸/越後名酒/魚沼コシヒカリ
B食店ページへ

[ 21:34 ] [ 見つけた! ]
   
ゆめやさんで売っていた、納豆石鹸。Googleで検索してみたら、結構いろんなところから発売されてるのね。でも、ほんとに肌にいいのかしら?

どなたか体験した方はいらっしゃいませんか?
2004年12月30日(木曜日)
   
二日目の夕食。「何か召し上がりたいものは?」と聞かれて、やっぱりこの季節 キラキラふぐ キラキラでしょう。

今日はいいふぐが手に入ったそうです。ふぐを中心にってお願いしました。

最初はふぐしゃぶ。ふぐと、しいたけと、白ねぎと、水菜。
今日のお酒は「越王(こしわ)」。私の大好きなお酒、上原酒造さんのお酒です。
煮えたぎるお出汁に2.5回くぐらせて食べる。表面が少しだけ白っぽくなって、中はまだ生。この状態で食べるのがベストだと思いました。

ふぐはお刺身、から揚げ、ふぐちりなどいろいろな食べ方がありますが、私はなんと言ってもふぐしゃぶが一番好き。コリコリっとした身がなんともいえません。

お刺身でいただいた中では、やはり旬のお魚「佐渡の鰤」が極めつけ。個人的には、トロよりも鰤のほうが100倍くらい好きだなあ。

あ、もちろんふぐのお刺身もおいしかったですよ。
このあと、蕪の粕煮やふぐの酢の物をいただいて、「のどぐろ」の焼き物。もう日本海の海の幸づくしですねえ。
さらに、よいものが手に入ったということでいただいたのが、「鮑のステーキ」。磯の香りがただよい、野性味あふれる味わいの鮑でした。

締めは、ふぐ雑炊。ふふふ。
B食店情報
・店名 : ゆめや(ゆめや)
・ジャンル : その他
・住所 : 新潟県西蒲原郡岩室村岩室温泉
・TEL : 0256-82-5151
・URL : http://www.hotel-fujiya.co.jp/yumeya/
・キーワード : A級温泉宿/日本海の海の幸/越後名酒/魚沼コシヒカリ
B食店ページへ

   
寒いし雪だし、出かけるのはやめて、宿でお蕎麦をいただくことに。もちろんビールも。
三時のお茶菓子のゆべしも GOOD。中に胡桃が入っています。

そして、一歩も外に出ずに一日を過ごしたのでした・・・・
B食店情報
・店名 : ゆめや(ゆめや)
・ジャンル : その他
・住所 : 新潟県西蒲原郡岩室村岩室温泉
・TEL : 0256-82-5151
・URL : http://www.hotel-fujiya.co.jp/yumeya/
・キーワード : A級温泉宿/日本海の海の幸/越後名酒/魚沼コシヒカリ
B食店ページへ

   
夕べは雷がすごかった。最初は雨だったけど夜の間に雪に変わり、朝起きてみると外は真っ白。
吹雪の合間に時々晴れ間も。その隙に露天風呂に入ったりして。
朝御飯は洋食にしてみました。朝から ビールがおいしい
B食店情報
・店名 : ゆめや(ゆめや)
・ジャンル : その他
・住所 : 新潟県西蒲原郡岩室村岩室温泉
・TEL : 0256-82-5151
・URL : http://www.hotel-fujiya.co.jp/yumeya/
・キーワード : A級温泉宿/日本海の海の幸/越後名酒/魚沼コシヒカリ
B食店ページへ

2004年12月29日(水曜日)
   
新潟は岩室温泉の「ゆめや」さん。魚・酒・米の三拍子そろったA級のお宿です。

待ちに待ったお夕飯。いつも品切れで、口にしたことがなかった「亀の翁」が今日はあるというので、早速注文しました。

すっきり上品なのに迫力のあるお酒。味わいもとてもしっかりしています。普通のお料理だと、お酒の勢いに負けてしまいそう。
アンコウの白みそ仕立て、旬のお造りに続いて登場したのが、焙烙に鎮座する朴葉包み焼き。
中は、里芋に寒鰤を重ね、みそを塗り、間に柚子をはさみこんだ、季節感あふれる一品。脂がしっかり乗った鰤、とろけるようでした・・・ お酒もすすむよ〜。
さらに、こちらの名物「ゆめや饅頭」。お餅の中にウニが詰められています。
このあと、氷頭なます、村上牛のステーキと続き、締めはなんと言っても魚沼こしひかり キラキラ

つやつや、もっちり、お米の甘みが口の中に広がります。
あ〜、し・あ・わ・せ



B食店リストに載せていますが、はっきり言ってA食の宿です。特に調子に乗ってお酒を注文すると危険です・・・
B食店情報
・店名 : ゆめや(ゆめや)
・ジャンル : その他
・住所 : 新潟県西蒲原郡岩室村岩室温泉
・TEL : 0256-82-5151
・URL : http://www.hotel-fujiya.co.jp/yumeya/
・キーワード : A級温泉宿/日本海の海の幸/越後名酒/魚沼コシヒカリ
B食店ページへ

   
初雪の東京から、昨日全線復旧した上越新幹線で新潟へ。
おべんとう、関さば棒寿司、京都の焼き栗、日本酒、ワイン買いこんで準備万端。
新潟の美味しい魚とお酒のレポートもお楽しみに。では、いってきます
この雪で、中越地震に被災なさった方は本当に大変だと思います。観光客も激減しているようですが、少しでも応援できれば・・・と思っています。
[ 01:04 ] [ おいしい話 ]
   
[喜福世]といえば、私にとっても厚切りタン塩(前に撮った写真を発掘したので掲載します)と特選リブロース、それに ビールワインの店です(あ、よだれが・・・・じゅるじゅる)が、今「飲み放題付き 特別ご宴会コース」って言うのをやってるらしいです。

 ・拘りの逸品コース ひとり6500円
 ・至福の王道コース ひとり5000円
 ・冬の宴コース ひとり5000円

この、冬の宴コースはプデチゲかホルモン鍋か選べますが、さてプデチゲとは?

韓国の軍隊から発祥したので「部隊(プデ)チゲ」。インスタントラーメンとかハムとかが入っていて、すごいらしい。おいしいといううわさを聞いても、ちょっと怖くていままで二の足を踏んでいました。

画像は喜福世さん:冬の宴コースのチラシを写真に撮ったもの。真中にあるのが多分そう。これは、かなり上品そうなので大丈夫かな。どなたか召し上がって感想聞かせてくださいませんか?
B食店情報
・店名 : 喜福世(きっぽよ)
・ジャンル : 焼き肉・ホルモン
・住所 : 東京都渋谷区恵比寿南1-16-11
・TEL : 03-5704-8768
・URL : http://www.kippoyo.com/
・営業時間 : 17:00?24:00
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : 恵比寿
・キーワード : 上質のお肉
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

2004年12月28日(火曜日)
   
[関連したBlog]
今日は食後に甘いものよりすっぱいものがほしかったの。どうしてかな? 今日で仕事終了のため、片付けとか年賀状書きとか最後の仕事の追い込みとかで、疲れちゃったからかな。

そんなときはローズヒップティ。ビタミンCも豊富そうだし、なんと言っても淡いピンクの色がきれい・・・・ 幸せなティータイム@IDEE Service Stationでした。
[ 21:10 ] [ おいしい話 ]
   
[関連したBlog]
子供のころは砂糖納豆が定番だったROSARY。考えてみたら、納豆に辛子を入れて食べたことがありませんでした。

で、本日初チャレンジ。ワクワクしながら、社食の納豆についてるカラシを、ぶちゅっとかけてみました。
まずはカラシのかかってるあたりを一口。パンチが効いてて、意外といけるかも・・・
さらにしっかりかき混ぜてから、ご飯にかけてみました。

うーん、びみょう・・・
カラシが入った分、なんとなく口当たりがマイルド(って言うのも変なんだけど)になった気はするものの、ほとんど辛子の味はなく、かつ納豆の香味も薄くなって、ようするにボケた感じ。

まあ、納豆についてたカラシ、ってとこが問題なのかも。それとも、この程度のカラシの量じゃだめなのかな?

で、ためしに「七味唐がらし」かけてみたんだけど・・・・
これは完璧にはずしました。まずかった 汗 汗

次回からはおとなしく、ねぎだけで納豆の味をしっかり楽しもうと心に誓ったROSARYでした・・・・
   
って言っても、もちろん私が出場したわけではありません・・・
ハワイのお土産のクッキーおいしかった ハート

イッセイさん、マラソン出場記も読みたいなあ・・・ね。
[ 11:31 ] [ 見つけた! ]
   
[関連したBlog]
今日こんなに可憐なお正月飾りを発見。
梅のつぼみがふくらみかけていて、思わずにっこりしてしまいました。まだ寒い日がつづくけど、がんばれよ!

お寿司屋さんの店頭にて。


PS. 写真クリックして大きくしてみてね。ちょっと笑えるかも???
   
[関連したBlog]で散々三大珍味を日本で食べるのなんて、ってけなした私ですが、本日トリュフの魅力に負けました。

おいしかった。黒トリュフを薄く削ったのもおいしかった。香りもよかった。卵の黄身とクリームソース+トリュフ。これで1800円だけど満足 ハート それにしても、トリュフと卵ってなぜこんなにぴったし合うのかしら?まるで○○と私みたい・・・・
このごつごつのトリュフをおろし金で薄く削ってかけてくれるの。うっふん。やっぱり三大珍味、侮れません。ごめんなさい、昨日あんなにけなして・・・
前菜ですごく満足したので、パスタは飛ばして主菜に。(穀物よりタンパク質系なの、私・・・)

今日の鮮魚の欄にある「メンドリ」って何かしら?

お店の人によると、シェフの出身、関西の方言で「いとより」のことなんですって。真っ赤なところからメンドリって言うそう。それにしても赤いですねえ。これも1800円。結局アラカルトでいただきました。

いずれもしっかりした味付けで、ワインにぴったり。
コペルトがひとり500円つくけど、これでグラスワインだとぎりぎり5000円でおさまるかな?今日はフルボトルのワインを3人で2本しっかり飲んじゃったのでオーバーしました・・・・

ちなみにコースは、3800円(お決まり)、4800円(プリフィックス)、6000円(シェフにお任せ)。どれも、前菜、パスタ、主菜、デザートがついているので、アラカルトで食べるよりお得。それでもA食になっちゃうかな、でもこの値段での満足度は B星赤 B星赤 B星赤
写真は友人が食べた前菜盛り合わせ(これも1800円)。フォアグラとかウニとか入っていてこれもお得。

お店は白を基調に、すっきりした中にもかわいさが(まるで私?)。デートにもおすすめですが、問題はシェフがイケメン キラキラなこと・・・
B食店情報
・店名 : La Brianza(ら・ぶりあんつぁ)
・ジャンル : 欧風料理-イタリアン
・住所 : 東京都港区麻布十番2-17-8
・TEL : 03-5440-8885
・営業時間 : 12:00?15:00/18:00?23:30
・定休日 : 日休・月は夜のみ
・最寄り駅 : 麻布十番
・キーワード : ワインが進むイタリアン
・友人・同僚 / デート / 接待 / 家族・子供
B食店ページへ

2004年12月27日(月曜日)
   
こんなの発見。スパークリング・トロピカーナ。果汁100%で炭酸入りです。もちろんノンアルコール。「アップル」と、りんご・ぶどう・ピーチの「ブレンド」の2種。冬季限定ですって。

グラスに移して飲めば、スパークリングワインを飲んでる気分。クリスマスは終っちゃったけど、年末のカウントダウンにいかがですか?


2004年12月26日(日曜日)
   
[関連するオーダーを見る]
今日は夢呆にも歩いて出かけたし、ジムでしっかり汗を流したし、たまにはビールたくさん飲みたいし(たまか?という声が聞こえますが)、アイリッシュパブに繰り出しました。自由が丘のO’Carolan’s

お目当ては、シェファーズパイ。(たぶん羊の)ひき肉と、マッシュポテトを層状に積み上げてオーブンで焼いたもの。スパイスが効いていておいしいんだ GOOD
ビールはまずはキルケニー。これもお気に入りです。泡がクリーミーなこと。味は結構キレがあって、苦味もあるけどさっぱり飲めます。

後ろに見えているオリーブもスパイスたっぷり。温かいお料理が出てくるまで、つまんで待つのにぴったり。
ビーフのギネス煮込みも B星黄 B星黄 B星黄
ちょっとパサパサした肉がまたビールによくあうの。クミンとかクローブとかその他もろもろのスパイスがきいてます。これもマッシュポテト添え。

ギネス煮込みというだけあって、ギネスビールとの相性がぴったりですね。
でも、天邪鬼の私は「ヒューガルテン」をいただきました。

グラスはギネスですが、中身は正真正銘のドラフトのヒューガルテン。瓶を置いているお店は時々ありますが、ドラフトで飲めるお店は少ないですよね。いわゆるホワイトビールで、フルーティな味と香りが楽しめます。

デザートと一緒にいただいてもよさそう。今日もおいしそうなチーズケーキがありましたが、マッシュポテトを食べ過ぎて、D計画が頭をよぎるROSARYにはちょっと酷。がまんしましたとも 涙 涙 涙
外観はこんな感じ。外階段で3階まで上がります。

普段から外国人比率がすごーく高い店。サッカーなどのスポーツ映像を流しているほか、ダーツや、テーブルサッカーも置いてあります。意外と終りが早いのは、住宅街にあるからかな? 皆さん終電前におとなしく帰るようです。
B食店情報
・店名 : O'Carolan's(おきゃろらん)
・ジャンル : バー
・住所 : 東京都目黒区自由が丘2-15-22
・TEL : 03-3723-5533
・URL : http://www.o-carolan.co.jp/
・営業時間 : 11:00?24:00
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : 自由が丘
・キーワード : アイリッシュパブ/キルケニー/ヒューガルテン/シェファーズパイ
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

   
忘年会続きで弱った胃を休め、かつD計画にも適当な食べ物は? やはりうどんでしょう。

このところ、蕎麦屋で酒のつまみにはまっていた私。今日は、蕎麦屋にいっても酒のつまみも蕎麦も食べず、ひたすらうどんだと心に決めて「夢呆」へ。こちらは、蕎麦もおいしいですけど、東京には珍しく比較的薄味のお出汁で食べられるうどんもおすすめ。

おかめうどんをいただきました。うどんはこしがしっかり、お出汁は(私にはやや甘辛めですが)十分薄味、おあげは濃い目に煮含めてあります。
いつもは品切れしているおしんこも、今日はありました。ラッキー
かぶ、大根、ニンジン、きゅうり、それと蕪の葉っぱかな? 浅漬けでサラダ感覚で食べられます。
ついでにお酒も一杯だけ・・・・
古民家風の店内。ひとりでも入りやすいお店です。
外観はこんな感じ。「夢呆」ってちょっと読めない字ですよね。

最寄駅は学芸大学。碑文谷公園に向かった住宅街の中にあります。
(それにしても学芸大学って、[吉法師]とか[遊山]とか、おいしいお蕎麦屋さんの宝庫だなあ)
お店の横に駐車スペース2台分、すぐそばにはコインパーキングもあります。
B食店情報
・店名 : 夢呆(むほう)
・ジャンル : 和食-うどん・そば・麺類
・住所 : 東京都目黒区鷹番3-17-6
・TEL : 03-3710-1180
・営業時間 : 11:30〜売り切れ仕舞
・定休日 : 木休
・最寄り駅 : 学芸大学
・キーワード : そば/薄味だしのうどん
B食店ページへ

[ 10:37 ] [ おいしい食べ物 ]
   
[関連したBlog]
こうした黒トリュフは肉(特に羊なんかがよい)とじっくり煮込んで初めて、おいしさがわかります。わたしはアルザスのとある三ツ星レストランで開眼しました。香りというより味に複雑さをもたらします。それまではcrestさんと同様、どこがおいしいの?って思ってましたけど。

薄切りにしてかけておいしいのは、白トリュフですね。これは松茸感覚で香りを楽しむもの。産地ペルージャあたりだと、目玉焼きにかけたのがレストランででてきます。ローマのレストランではパスタにパルメザンチーズの代わりにサービスでかけてくれたこともあります。

カラスミもそうですが、薄いのを食べてるうちは本当の良さがわからない。トリュフもキャビアも口一杯に含んでみて、脳天直撃されるくらいの刺激を受けると、さすが三大珍味と言われているだけある、って思います。ちなみにキャビアは、イスタンブールの空港で100g 3000円くらいで買ったのを、スプーンでたっぷりすくって口に放り込んで食べたら、おいしさがわかりました。

ということで、三大珍味を食べるなら産地に行って食べるに限ります。っていっても、今度いついけるかわかりませんけどね(笑)
だいたい日本の価格は高すぎます(プンプン) ほんとcrestさんのおっしゃるとおり、他のものを食べたほうがずっと満足感が高いですよね。
[ 06:57 ] [ ワイン ]
   
仕事でやさぐれたときとか、埼玉スタジアムでひどい試合を見たときとか(これは頻度は少ないですね、でも浦和美園から一本で行けるから)、遅めの時間にふらっと立ち寄るのが、奥沢の「えん」。カウンターとテーブル1席だけの小さなワインバーです。

シャンパン、白ワイン2・3種、赤ワイン3・4種がグラスでいただけるので、ちょっとだけ飲みたいときにも GOOD
もちろんがっつり飲みたい時はボトルでどうぞ。

なんとなくサンタさんを思わせるマスターの笑顔とあいまって、ささくれた心が癒されていきます。
つまみもマスターのお手製。
ルッコラのサラダは、パルメザンチーズが雪の様にかかっていて、クリスマスムードたっぷり。(あんまりきれいだったので、これだけフラッシュ使って写真撮っちゃいました)
卵のグラタンには、ウニが仕込まれていて、濃厚な味わいを楽しめます。
この他、パスタや稲庭うどんなんかもあったりして、小腹を充たすのに十分。
ワインの友、チーズもほれ、このとおり。店内が暗いため写真の色がよくないのですが・・・
ミモレットと、名前のわからないヤギの白カビチーズ(手前)、左奥のは羊のチーズです。ドライフルーツ(わーい、イチジク!)と一緒に供されます。これだけでも ワイン ワイン ワインくらい行っちゃいそうですね。
奥沢駅から、自由が丘方向に歩いて、奥沢神社の角を右折。しばらく行った左側です。
小さなお店なので、出かける前に1本電話を入れていったほうが確実かも。夜はお客さんがいる限り、定休の日曜日もたまにやってます。
B食店情報
・店名 : ワイン道楽 えん(わいんどうらく えん)
・ジャンル : バー
・住所 : 東京都世田谷区奥沢2-14-2
・TEL : 03-5701-8868
・営業時間 : 18:00?翌?2:00
・最寄り駅 : 奥沢
・キーワード : ワインとおつまみ/パスタも/電話してから行ってね
・友人・同僚
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ