記事
[ 総記事数:901件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2007年5月17日(木曜日)
   
幸之助がまだバンビーノだった、今から20数年前・・・・
 行きつけのバーに、常連らしき初老の紳士が良く来ていた。

 いつもニコニコ機嫌がいいその紳士は、ズブロッカを飲み・・つまみは決まってレーズン入りのパン。
私と・・その初老の紳士が仲良くなるまでは、そう時間がかからなかったと記憶しています。
 彼は、良く話をしてくれたのは、日本の未来の事。。
 人口の事、環境の事、経済のこと。。そして○×ネタ。。

 いつもにこやかな彼だったが、仕事のことになると表情が一変!
眼鏡の奥の真摯な瞳は、その当時 残念ながら理解出来なかった彼の話よりも印象的だった。
 やがて、私は慣れからか・・彼にタメ口で話すようになった。
しかし、彼はそんな事はお構いなく、その店で会うたびに普段どうりに接してくれた。
今でも、ズブロッカを見るたびにその紳士の事を思い出す。
 その彼が東京に転勤になる日・・仲間達、皆でネクタイを買ってあげた。
 “がはは”と照れながら・・握手をしてくれた。。
 会社の重役をしていたその紳士は、利害なしで付き合った私達といると楽しい・・と言っていた。
当時 『所長・・俺絶対・・あんたより偉くなるよ』と言った“バンビーノ・幸之助”その約束は、全然果たせていない・・

 『幸ちゃん・あせんなって』とよく言われたものですが、未だに焦ってます(苦笑)。
 ズブロッカのように透明なようで、一本芯の入った感じの方でした・・
そういえば、ズブロッカも一本芯がはいっていますね。
 


前のページ | B食LOGトップ | 次のページ