記事
[ 総記事数:1293件 ] [ RSS2.0 ]
2013年4月7日(日曜日)
   
2013年3月31日、ポワソン・ダブリルの4月1日の前日に、第8回目となる「ポワソン・ダブリルと桜の集い」を開催できました。
ご参加の皆様、お店の皆様、どうもありがとうございました!

そして、NHKのEテレで放映の『グレーテルのかまど』で「パリっ子の4月の魚」を特集。
この会の様子も取材いただき、ほんの少しですが紹介していただきます。
4月12日(金) 21:30〜21:55

「ポワソン・ダブリル」がメジャーになり、より多くのお店でお菓子が作られ、多くの方に楽しんでいただけたらと願ってこのイベントを起ち上げたのは2006年のこと。
毎年、ポワソン・ダブリルの由来を学びながら、クラシックなスタイルからアレンジバージョンまで、様々なポワソン・ダブリルを皆さんと楽しんでいます。
特注でお願いしたお店の皆様にも、楽しんで作っていただいているようで、嬉しいことです。
ここ数年、ポワソン・ダブリルを作られるお店も次第に増え、今年あたりはだいぶブレイクしている印象。
これからも、新たな参入大歓迎!そしてこの会もぜひ続けていきたいと思います。

今年は、以下の10店・12種のポワソン達が登場しました。

リリエンベルグ
ビゴの店
アステリスク
プレジール
アカシエ
ブロンディール
ウェスティンホテル東京
ダロワイヨ
ノリエット
香川調理製菓専門学校

また、このイベントでは、2011年3月11の東日本大震災以来、参加費の一部を被災地支援に寄付しています。
今回は、震災を受けて開始したフレンチシェフ等による炊き出し活動から始まり、福島の子供達への食育・文化交流活動を続けている団体「はっぴーらんちぷろじぇくと」に、参加費合計の約1割に当たる1万円を寄付させていただきました。

「はっぴーらんちぷろじぇくと」公式HP
「はっぴーらんちぷろじぇくと」Facebook
リリエンベルグ

毎年、通常販売され続けているお店の一つとして、TV取材も入った今回は、原点回帰の意味もあり、改めてお願いしました。
フランスでは本来、4/1のポワソンは「サバ」でしたが、日本では丸い形が作りやすく分けやすいためか「ひらめ」形がメジャーです。
リリエンベルグでは、スタンダードな苺バージョンと、フルーツパージョンのリクエスト可能。大きさも2種類あり、これは大きい方です。
今回はありませんが、過去に「かつお」バージョンでお願いしたことも。
プティガトーサイズも販売されます。

フィユタージュの上に一枚ジェノワーズを敷き、たっぷりめのカスタードクリームと、しっかり味わいと香りが感じられる苺やフルーツがフレッシュです。
ユーモラスな表情とプリプリした唇が可愛い!
ビゴの店

こちらも、毎年、通常販売され続けているお店の一つ。
フィユタージュにクレームダマンド、クレームパティシエールと苺という王道の苺タルトです。
サクッと軽めの香ばしいパイ生地は、バターリッチな菓子店寄りの配合とは異なる、ブーランジェリーならではの気軽な食べやすさ。

フランスでは、4月1日のポワソン・ダブリルというと、背中に魚の形の紙を貼り付けるといったイタズラがおなじみで、上司や先生などに対してもOK。
大企業やマスメディアなどが大々的な嘘をつくこともある日だそう。

そもそも起源をたどると諸説あり、その中でも有力なのは、1564年、フランス国王シャルル九世が1年の始まりを1/1とする新暦を採用し、これに反発して4/1を新年として祝う人々を弾圧処刑したという物語。
人々はこれを忘れないために、その後も4/1を嘘の新年として祝い、贈り物をしたことがポワソン・ダブリルの始まりという説。

なぜそれが「魚」につながるのか?
サバ(maquereau マクロー)はあまり利口ではなく、この時期になると誰でも簡単に釣ることができるから、とかこれまた諸説。

ただ、ポワソン・ダブリルに食べるお菓子というと、現在のフランスでは見かけないというのが、ここ15年以内くらいでフランスで働いていらしたシェフ達に共通する声なのです・・。

藤森シェフにお伺いしたところ、「自分がフランスで働いていた頃にはポワソンダブリルのパイ菓子が作られていた」とのお話。
なぜフランスでは、ポワソン・ダブリルが幻のお菓子となってしまったのか・・。

後にも触れる復活祭・パークと時期が重なることも理由の一つではないかと思っていますが、このあたりは今後、より突き詰めていきたいテーマです。
ちなみに、東京製菓学校の元校長先生でいらした中村勇先生にお伺いしたこともありますが、「僕が修業していたスイスでは見かけなかった」と仰っていました。
アステリスク

和泉シェフへの初ポワソンオーダーとなりました。
ちなみにこの当日は、同じポワソンが限定で店頭でも販売されていたそう。
それはまさに本会の意図するところで、出会った方はラッキーでしたね!

バリッと歯応えよく香ばしく焼き上げられたパイ生地にクレームダマンド、クレームパティシエール。
苺とベリー類がドーム状に盛られていて、ヘーゼルナッツのクランブルがアクセントに。
プレジール

捧シェフが、この当日「プレジール」での最終日となり、独立に向けて新たな一歩を踏み出されることに。
ということで、新たな門出を象徴して苺×桜というテーマをリクエスト。
新潟の越後姫苺&とろとろのやわらかなカスタードに、「桜」は、下に敷いたチェリーのコンフィチュールで表現してくださいました。
スペシャリテのパルファンや、フロマージュキュイ?!とかのポワソンも考えましたが、最終日までにファンの皆様がお店に殺到して、お忙しいだろうなと・・。
また、それらをオーダーするのは、ご自身のお店がオープンされてからの楽しみでいいかなと。ということで、新店「パティスリー ユウ・ササゲ」のポワソン、来年以降、楽しみにしています!

ちなみにこの会は、ちょうど桜の時期と重なるため、「ポワソンダブリルと桜の集い」と称して、桜のお菓子もご用意しているのですが、今回は撮影が入る時間の関係もあって、桜部分は省略。また来年、何か考えたいと思います。

<その2>に続く

※「幸せのケーキ共和国」主催「ポワソンダブリルと桜の集い」、過去の開催についてはこちらでご覧ください。
2006年 第1回の様子はこちら
2007年 第2回の様子はこちら
2008年 第3回の様子はこちら
2009年 第4回の様子はこちら
2010年 第5回の様子はこちら
2011年 第6回は震災支援チャリティーイベントとして開催しました
2012年 第7回の様子はこちら