記事
[ 総記事数:1293件 ] [ RSS2.0 ]
2012年4月1日(日曜日)
   
2012年4月1日、まさにポワソン・ダブリル当日に、
第7回目となる「ポワソン・ダブリルと桜の集い」を、
今年も開催することができました。
ご参加の皆様、お店の皆様、どうもありがとうございました!

今年は、こちらのお店から10種類のポワソン達が登場しました。

ジュン・ウジタ
レ・サンク・エピス
アプラノス
ロワゾー・ド・リヨン
ドゥー・パティスリー・カフェ
スイーツガーデン ユウジアジキ
シャンドワゾー
プレジール
ビゴの店
アルカション

写真は、初参加のジュン・ウジタ。
今週は、新宿伊勢丹マ・パティスリーに出店中。
にも関わらず特注を引き受けてくださった
宇治田シェフに感謝!

焼き色しっかりのフィユタージュ。
キルシュがしっかり効いたディプロマット。
苺とフランボワーズののったベリー系スタンダード。
こちらも初参加のレ・サンク・エピス。

お店でも基本は予約限定で、5号サイズで販売。
こちらはイベント用特注の6号サイズ。

カスタードが濃厚!
卵の特徴もあると思いますが、
少しクレームドゥーブルを加えているそうなので、
その味もしっかり出ているようです。

サクサクのパイは、フィユタージュ・ランヴェルセ?
かと思いきや、実はノルマル。
配合と折り方にサクサクの秘密があるそう。
バイオレットと、フランスでよく使われる
灰分の多い中力粉のタイプ55、
二種類の小麦粉を使用。
醗酵バターも使っていらっしゃいます。

湿気防止のため、パイ生地の中に、
パータグラッセブリュンヌをカカオバターで
溶いたものを塗っているそうなので、
それも影響があるのでしょうね!
こちらも初参加、パティスリー・アプラノス。

朝田シェフいわく、
タイトル:「1台で2種類の味が楽しめる」ポワソン。

しっかり焼きこんだ生地は、
フィユタージュ・ランヴェルセではありませんが、
醗酵バター使用。
ミルフィーユなどより薄くのしてつぶして焼く感じだそう。
塩味もしっかり効いている感じがします。

フランジパンを敷いて焼いているのは、こちらだけでした。
朝田シェフがやっぱり好き、とおっしゃるシンプルなタルト風。

クリームは少し生クリームを混ぜたディプロマットで、
半身には、浦和の地元にある美園いちごランドの朝摘み苺。
美園いちごランドオリジナルのレイベリーという品種で、
かなり味が濃いそうですが、今年は寒いため、
蜜蜂の活動が鈍く、受粉がうまくいかないそうで、
例年ほど味がのっていないそうです。

残り半身はフルーツあれこれのタルト。
なんだか、「開き」のようなビジュアルが斬新なポワソンです。
お店でも毎年出されている
ロワゾー・ド・リヨンのポワソン。
お店では5号サイズですが、今回は6号。

フィユタージュの上に
パティシエール+バタークリームのムースリーヌ、
そしてベリー系フルーツ。

ロワゾー・ド・リヨンといえば、
バタークリームの美味しさが印象的。
そんなバタークリームをブレンドして、
ふんわり軽いムースリーヌは、いつ食べてもやはり納得。
このお店らしさが満喫できます。
初登場のドゥー・パティスリー・カフェ。

生地はフィユタージュ・ランヴェルセですが、
通常より薄くのして重ねて高さを出しています。
こちらで人気のミルフィーユなどと違い、
生地とクリーム等が同割ではないので、
パイ生地はあくまで脇役に徹し、軽い感じに仕上げたとのこと。

クリームは、バニラの効いたカスタードに、
ゆるく炊いた苺のジャムを混ぜてディプロマット風にしたもの。
フィユタージュとの間に柚子のコンフィチュールを敷いています。

菅又シェフいわく、柑橘を使うと、
どうも味が優しすぎてぼやけがちだな・・と悩んだ末、
柚子ならばいけると選ばれたそう。

その2に続きます。

 第1回の様子はこちら
 第2回の様子はこちら
 第3回の様子はこちら
 第4回の様子はこちら
 第5回の様子はこちら
 第6回は震災支援チャリティーイベントとして開催しました。