記事
[ 総記事数:1293件 ] [ RSS2.0 ]
2010年5月28日(金曜日)
   
横浜市青葉区でウィーン菓子が人気の
「コンディトライ・ノイエス」が、
渋谷にカフェバーをオープンしました。

お店は、山手線の線路沿い。
店外に深緑×ノイエスのロゴがキュートな
ワゴン車が停まっているのが目印の、
渋谷桜丘ギャラリーの中。
ウィーンの伝統的なパン、ブレッツェルや
カイザーセンメル、それを使ったサンドイッチも揃い、
お料理メニューも含めてテイクアウトも可能です。

スティック状の「ビアシュタンゲン」は、
ビールのおつまみにぴったり。
ウィーンでも一番人気があるという
オーストリアのビール「Gosser(ゲッサー)」と合わせてどうぞ。

ソフトドリンク類も、カフェラテは「メランジュ」、
ウィンナーコーヒーは「アインシュペナー」、
オレンジリキュール+ホイップクリームのせの
「マリアテレジア」と、ウィーンの雰囲気を
味わうことができるのが嬉しい。

ワインになる前の濃厚なぶどう果汁の
ジュースも、白・赤揃います。
ノイエスのフルーツゼリーや
はちみつプリンをいただくこともできます。
野澤孝彦シェフが手がけた
ウィーン風のお料理は、パッケージこそ
手軽なデリ風に見えて、かなり本格的!

手前左がパプリカチキン ウィーンのニョッキ付き。
これ、めっちゃ美味しくて、習いたい!と。

右が、「マウルタッシェン」。
ドイツ風ラビオリに、ポルチーニがたっぷりで贅沢。
このラビオリ、チーズ味の詰め物入りですが、
グリーンの中身と、黄色っぽい中身と、
2種類仕込まれているのです。
なんて凝っているんでしょう!
さすが野澤シェフ〜〜と感激する我々。

イタリア栗のフライは、ぽくぽくした
素朴な甘さの栗に、ざっくりと塩をふった、
やめられない止まらない系でした。
おつまみによさそうですねー。

「ブレッツエルサンド」は、一体あの細いパンの
どこにサンドするの??と、
それが最大の関心事だったかも知れませんが(笑)、
あ、ここにこうくるのね。
これは生ベーコンを挟んだものです。

【メニューの一例】
※オープニング時点の内容です
・ブレッツエルサンド 生ハム/サラミ/生ベーコン
・センメルサンド スモークサーモン/ペッパーシンケン/シュニッツェル(メインの具以外にコルニッション、セミドライトマトなどが入ります)
・ソーセージバゲット(2種類のソーセージとザワークラウトたっぷりなホットドッグ)
・雪蔵ポテトフライ
・マッシュルームとポテトのフライ
・イタリア栗のフライ
・パプリカチキン ウィーンのニョッキ付き(チキンのパプリカクリーム煮)
・マウルタッシェン(ドイツラビオリとポルチーニ)
・セミドライトマトのパンサラダ

もう1品くらいいけますよね、と
センメルのサンドイッチも追加オーダー。

本日は、野澤シェフ自らワゴン車の中で、
注文を受けてからサンドを作ってくださいました。

骨付き生ハムもさりげなく置かれています。

おぉぉ!素敵!なセンメルサンドでした!

中身のシュニッツェルが、どこからどう見ても
間違いなくはみ出していて、すごいボリューム。

サクサクの細かいチーズ衣をまとった、
薄くやわらか、ジューシーなお肉のカツレツ。
あぁ、シュニッツエル自体がまずとても美味しいぞ・・。

戻したセミドライトマト、コルニッションとも相性抜群。
パンもカツレツも温かく、満足感一杯でした。

渋谷駅からも近く、仕事帰りに一杯、という方も、
ランチにも、或いは時間外難民になった時も、
気軽に立ち寄って楽しめそうですね。

青葉台のカフェではいただけるウィーンのデザート、
パラチンケンとかカイザーシュマーレン、
クヌーデルなんかも出るといいですねー
と、友人とは話していたのですが。
まぁ、あれらはやはり野澤シェフに作っていただくべく、
今のところ、本店のみでもいいかも知れません。
B食店情報
・店名 : 渋谷カフェバー・ノイエス(しぶやかふぇばーのいえす)
・ジャンル : カフェ・喫茶
・住所 : 東京都渋谷区桜丘町3−1TNビル1F
・最寄り駅 : 渋谷
・キーワード : 「コンディトライ・ノイエス」野澤孝彦シェフによるウィーン風サンドイッチ&デリ、2010年5月オープン→6月20日惜しくもクローズ
・友人・同僚 / デート / 一人
B食店ページへ