記事
[ 総記事数:1293件 ] [ RSS2.0 ]
2008年3月31日(月曜日)
   
幸せのケーキ共和国&並木麻輝子先生との
共催イベントで、今年も、「ポワソン・ダブリルと桜の集い」を
開催しました。

2007年:第2回の様子はこちら
2006年:第1回の様子はこちらをご覧ください。

目指すところは、ポワソン・ダブリルのお菓子を、
もっともっと、たくさんの方に知っていただいて、
お菓子屋さん、チョコレート屋さんに、毎年、
いろんなお魚が並んで、4月1日が大いに盛り上がること!

「ポワソン・ダブリル」の由来を通じて、
フランスの伝統行事、伝統菓子の魅力を学び、楽しみ、
そして美味しくいただきます。

最近、ポワソンのお菓子を出されるお店が、
ほんのわずかずつ、増えているような気もしています。
まだまだ地域差もあって、首都圏中心のようですが・・。
ガレット・デ・ロワも、ここまで浸透するまでには、
ずいぶんかかったのですから・・。

裏方では、しばしば、
「いつか、クラブ・ドゥ・ラ・ポワソン・ダブリルを設立しましょうね♪」
という話で、果てしなく夢が広がっております。(^_^)

今年のラインナップは、こちら。
1 ポワソン・ダブリル(ひらめ) リリエンベルグ
2 ポワソン・ダブリル(かつお) リリエンベルグ
3 苺のポワッソン ア・ポワン
4 ポワソン・ダブリル メゾン・ド・プティフール
5 ポワソン・ダブリル ロワゾー・ド・リヨン
6 ポワソン・ダブリル ビゴの店
7 ポワソン・ダブリル デフェール
8 ポワソン・ダブリル・サレ アルカション
9 ポワソン・ダブリル ブロンディール
10 ポワソン・ダブリル・サレ ブロンディール
11 ポワソン・ショコラ テオブロマ
12 サブレ・ポワッソン パティスリー サロン・ドゥ・テ アミティエ 神楽坂
13 ポワソン・ダブリル ラ・ヴィエイユ・フランス

まずは、すでに、ポワソン・ダブリルのお菓子が
この季節の人気商品となっている、リリエンベルグ。

こちらは、一番ベーシックな「ひらめ」苺バージョンの
大サイズです。

苺は、高松の「女峰」を使っているそう。
最近、とちおとめ全盛で、あまり見なくなりましたが・・
甘みだけでなく、しっかりと酸味もあってさわやか!

そして、桜のお菓子編。
1 桜のマカロン ビゴの店
2 ケラソス(桜のメレンゲ) フラウラ

そして、番外編の、
新宿高島屋パティシェリア 一周年アニバーサリーケーキ
1 プランセス ノリエット
2 ブラジリア パティスリー タダシヤナギ

過去の記録はこちらからどうぞ。
2007年
その1:解体図&ひらめとかつお&双子のお魚&鱗模様が見事!
その2:ブーランジェのポワソン&ハートの苺ポワソン&サレ物&鯛の御頭付

2006年
その1:貫禄の「めで鯛」ポワソン
その2:こんなに個性的でかわいらしい、ポワソン達!
その3:ミントのポワソン、と桜・・
同じくリリエンベルグのカスタマイズ版。
こちらは、ひらめ・フリュイバージョン。
中サイズです。

さらに!リリエンベルグのカスタマイズ。
「かつお」の苺バージョン。
こちらは、1サイズのみです。

ひらめは、苺の切り口が上向きでしたが、
こちらは、切り口が下で、赤いつやつやした苺の
ウロコが光っていますね。

ちっちゃくてかわいらしい、プティガトーサイズの
ひらめ・フレーズも、つけてくださいました!

これで、ひらめの大中小がそろって、
親子ポワソン・ダブリル参上です。
こちらも、お店の定番で、毎年、
「苺のポワッソン」を出される、ア・ポワン。

ハートのブリゼパイの心臓を抱いた、ひらめ。
口に苺をくわえているのが、かわいらしい!

ちょっぴり、エイにも見えますが・・。
立ててあるパイ生地の部分にも、ウロコのような
地模様が刻まれているのです。

サクサクのフィユタージュの上には、ジェノワーズを
一層しいて、その上に、クレームパティシエールと
生クリームを合わせたクリーム。
こちらの人気商品、シュー・ア・ラ・クレームの中身と
同じものですね。

「すごくミルキー〜!」という声があがります。
まさに!ア・ポワンのお菓子は、そのミルキーさが、
大きな特徴の1つですものね。
もちろん、今年も、解体図付です。

作った料理を食べてもらって、喜んでもらえるって嬉しい!
と目覚めて、この道に入られたという岡田シェフ。

和食の料理人の包丁さばきを思わせる、
見事なおろし方です・・。(^_^)

しかも、ア・ポワンはこれだけでなく、
今年、さらにすごい物が用意されていました・・!
こちらは、ラストにご紹介を。

→まだまだ続きます。