記事
[ 総記事数:1293件 ] [ RSS2.0 ]
2011年6月29日(水曜日)
[ 00:49 ] [ 災害支援 ]
   
7月10日、「料理ボランティアの会」で、東日本大震災支援活動へとつなげるためのチャリティー食事会の第3回目を開催します。
詳細、お申込みフォームはこちらとなります。

●チャリティ・シーフードナイト 〜魚を食べて、被災地応援〜
●日時 7月10日(日) 17:00〜19:30
●会場 ホテルオークラ 平安の間 東京都港区虎ノ門2-10-4 
●内容
 ・7つのホテルのコース仕立ての料理、デザート、麺屋武蔵のラーメンを召し上がっていただきます。
 ホテルオークラ東京    アミューズ2品+サラダ
 帝国ホテル東京      温製前菜
 ロイヤルパークホテル   冷製前菜
 ホテルニューオータニ東京 スープ
 ホテルエドモント     スープ
 プリンスホテル      メイン魚料理
 インターコンチネンタルホテル東京ベイ メイン魚料理
 パティシエチームの合作  デザート ※3品をお選びいただきます

 ラーメン アラ出汁ラーメン(検討中) 

その他、人気レストランのパスタや寿司など別料金でいただけます。
また、山本益博さんが自ら握る「おむすび」も登場予定です。
風評被害に悩むエリアの食材応援もしており、美味しい野菜料理やサラダも準備されます。

【参加パティシエ(50音順)】※このうち8名の方がお菓子を提供
 マンダリンオリエンンタル東京:五十嵐宏氏
 メトロポリタンエドモント:石田日出夫氏
 パティシエ イナムラショウゾウ:稲村省三氏
 ビスキュイ:駒水純一郎氏
 グランドプリンスホテル:内藤 武志氏
 ホテルニューオータニ:中島眞介氏
 ホテルオークラ東京:畑知与司氏
 帝国ホテル大阪:藤澤利喜冶氏
 パティスリー タダシヤナギ:柳正司氏
 オークウッド:横田秀夫氏

●募集人数:400名着席ビュッフェ形式
●会費:7,000円 (5,000円が会費、2,000円が義援金)
  *事前振込制となります。

この会では、各ジャンルの料理人やパティシエが集まり被災地を訪問、美味しい料理を提供して元気を出してもらうという活動を続けています。
2004年の新潟中越沖地震発生を受け、2005年2月に越後川口、4月に長岡、2007年に能登輪島、2008年に柏崎を訪れました。
詳しい活動実績はウェブサイトで紹介されています。

今回の東日本大震災では、被災地の被害規模は広範囲で甚大です。
そのため、「料理ボランティアの会」では、各地の組織と調整しながら、めどとして秋以降に現地訪問を開始すべく準備しています。
開始以後は複数個所、繰り返しの実施を可能とする体制構築も検討中だそうです。
活動には食材、食器、輸送、スタッフ移動など各段階で様々な経費が掛かるため、このような会で東京の皆様と一緒に活動費を作っていく主旨となります。
また、風評被害に苦しむ農家を応援するため、東北・北関東の食材も積極的に使われます。

チャリティ会は以降も開催の予定で、次回は8月21日(日)です。

写真は、5月15日の第1回チャリティー会参加メンバーの皆さんです。
茨城・栃木の農家の皆さんもお越しくださいました。
第1回:5月15日は帝国ホテルで開催。
「カレーで元気になろう!」というテーマで、

・東京都内5軒のホテルの5種類のカレー
・茨木&栃木野菜のサラダ
・ホテル・菓子店、5名のパティシエが共同で作る「スペシャルコラボショートケーキ」
などが提供されました。

帝国ホテル:望月シェフ
ニューオータニ:中島シェフ
メトロポリタンエドモント:石田シェフ
パティシエイナムラショウゾウ:稲村シェフ
パティスリータダシヤナギ:柳シェフ
らによるコラボショートケーキは、
風評被害を受けていた北関東エリアの
とちおとめを使ったもの。

この時期、正直、苺は既に終わりがけで、
酸味が強く、あまりいい状態ではありませんでした。

でも、香りが足りない分、苺のシロップを
生地に打つなど、パティシエの方々の
知恵と工夫で、驚くほど美味しいものが
できあがりました。
第2回:6月23日はホテルメトロポリタン池袋で開催。
「チャリティ・ローストナイト」というテーマで、

 ・牛、豚、鶏、ほろほろ鳥、羊の5種の肉を、都内ホテルの料理人が焼いて持ち込み、お客様の前でカット提供
 ・風評被害に悩む茨城県などの野菜を使った料理やサラダ
 ・参加パティシエの競作による茨城メロンのヴェリーヌ
などが提供されました。

メトロポリタンエドモント:石田日出夫氏
パティシエイナムラショウゾウ:稲村省三氏、
ビスキュイ:駒水純一郎氏
ホテルメトロポリタン:迫 広志氏、
グランドプリンスホテル:内藤 武志氏
ホテルニューオータニ:中島眞介氏
帝国ホテル:望月完次郎氏
パティスリータダシヤナギ:柳正司氏
オークウッド:横田秀夫氏
の各店シェフ、及びヴァンドゥーズ、スタッフの方々がご参加。

9店舗によるメロンのヴェリーヌが勢ぞろいしました。
稲村省三シェフは、エスプーマを持ち込まれ、
メロンの泡、メロンのグラニテ、
ポルト酒のゼリーをのせたメロンのデザートを、
お客様の目の前で仕上げられました。

普段、なかなか見られないパティシエの技に、
お客様も注目!

完熟の茨城産メロンは、とても甘く、
美味しいとあちこちで評判でした。
6月23日に参加された、パティスリーチームの皆さん。

この日、山本益博さんがオークションに出された、
イチロー選手の直筆サイン入りボールが、
25万円という金額で落札されました。

そのおかげで、スチームコンベクションオーブンが買える、ということ。
今後、パティシエの皆さんが被災地の小学校を訪れ、
子供達のためのプリン教室などを計画しているそうです。

私の周囲にも、様々な形で復興の支援をしている
料理人の方、パティシエの方、
サービスなどレストラン関係者の方が
多数いらっしゃいます。
色々な考えがあり、色々なやり方があります。

支援は息長く、できることから始めて、
続けていくこと、忘れないことが大切だと思います。

美味しいものと、それを召し上がっていただいた
笑顔とを、少しでも早く、できるだけ多くの
被災地の皆さんに届けられたらと思います。