記事
[ 総記事数:1293件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2006年1月30日(月曜日)
[ 23:53 ] [ 関西スイーツ ]
   
今日は、京都にお伺いして、
オ・グルニエ・ドールで集合。
茜さん、Pensee’さん、そして、関西のスイーツ情報を
発信していらっしゃる厳選パティシエじゅずつなぎというサイトや、『KANSAI一週間』でご活躍の
ユキちゃんにお会いすることができました!

今、なんと、オ・グルニエ・ドールのガレット・デ・ロワ、
そして、Pensee’さんのガレット・デ・ロワが、手元にあります。

これを、全部自分でいただくのは、贅沢すぎる・・。

ということで、緊急企画!
明日、東京に戻りますが、もし、こちらのガレット・デ・ロワを
召し上がってみたい方、そして、当方指定の時間帯に
品川駅、または周辺山手線駅にお越しになれる方は、
私にBコミでメッセージをくださいませ。
ご連絡の締切は、18時までとさせていただきます。
(可能な方は、直接お電話いただいても結構です)

ただ、1日おいてしまうので、その点はご了承ください。
絶対、当日中にいただいた方が、さらにさらに
美味しいので。

先着順になってしまうかと思いますが、
なんとか4−5人くらいの方にはお渡しできるよう、
算段したいと思います!
   
昨年も大人気だった、アンリ・ルルーさんと、
ヨックモックとの夢の競演。

今年のサロン・ド・ショコラにも登場です!

ルルーさん手描きイラストがパッケージに入っていて、
とてもかわいらしい!
商品の詳しい説明は、こちらに。

ヨックモックの定番の1つ「ドゥーブルショコラ」シリーズの
アレンジ、「プラリネ・ア・ランシェンヌ」と「コム・レ・ヤニック」。
前者は、定番のプラリネ。
後者は、有塩バターを使ったキャラメルにチョコレートを練りこみ、
ヨックモックのラングドシャ−生地でサンドしたクッキー。

アンシェンヌは、フランス語で「昔」、「古くからある」と
いった意味なのでわかるのですが、
ヤニックって、何からなんでしょう?

パリのオテル・ムーリスにある「ル・ムーリス」の
総料理長として、二つ星を獲得されたヤニック・アレノ氏の
お名前・・というわけでもなさそうですが。

「タルト・オゥ・CBS」。これは絶品・・。
大人気の、C.B.S.(キャラメルブールサレ)キャラメルに
アーモンド、へーゼルナッツ、クルミ、3種類のナッツを
たっぷり詰めたサクサクのタルト、とのこと。

チョコレートがちょっとだけついたようなミニシガールは、
「シガール・コム・プティ・デジュ」。

シガールの中に「朝食」を詰めこんだという意味で、
シガールをパンにみたて、その中にコーヒーの香りの
チョコレートプラリネが詰められています。
これが、限定品の「コンビネゾンC.B.S.」ボックス。

ルルーさんが店頭でデモンストレーションされた
作りたてを販売するもので、一日限定200枚予定。
私も、整理番号30番を、ぎりぎり取れたというものでした。

キャラメルC.B.S.をヨックモックのラングドシャ−生地で
サンドしたクッキーです。

うーん、とろとろの塩バターキャラメル入りだぁ・・。

ヨックモックのラングドシャも、昔ながらの美味しさですが、
1977年に誕生したルルーさんのキャラメルとの
コラボは、昔懐かしく、ながく愛されてきた味同士の
出会いなのかも。

珍しく、記念撮影を。
もうすぐセミナー準備を控えていたルルーさん。
たくさんのファンの方たちが列をなす中、一生懸命、
丁寧に、かわいいイラストを入れて、サインを
書いていらっしゃいました。

私もサインをいただいた、フランス語のご本、
頑張って読もうと思います。

ブルターニュには、かろうじて、昨年、レンヌにある
MOFパティシエのローラン・ダニエル氏のお店、
ル・ダニエルまで足をのばしているのですが、
いつか、キブロンにも行ってみたいです!
2006年1月29日(日曜日)
   
先日、「ラスト・ガレット・デ・ロワ」宣言をしましたが、
すみません、前言撤回となりました。

いつもお世話になっている「出口屋」のマダムが、
「大森由紀子さんのクリストフルペンダント入りガレット・デ・ロワ」
を注文するのでご一緒に!と誘ってくださったのです。

焼き色は、意外なほど淡く、やや平たい印象。
これは、大森先生の定義だと、
パティスリーよりはブーランジェリーのガレット・デ・ロワ
なのかも。
切り込み模様も、あまり深くなく、繊細な印象です。
さらに、この会にご参加された方の中から
オークウッドのケーキをお持ちくださるという
嬉しいお申し出が!

事前にリクエスト募集があったので、
1-3月限定のエッグタルト、それに、一度
食べてみたいと思っていたアントルメ、「ビニョラータ」を・・
なんて、思わず色々と希望ばかり申し上げてしまいました。

ですが、快くご手配してくださって・・大感激でした。
ありがとうございます〜!

巨大な雪球に、飾り付けをほどこしたよう。
カスタード、ラズベリー、キャラメルアーモンドが入った
プティシューをたくさん閉じ込め、真っ白なクリームを
たっぷり絞り積み上げたケーキ。

「ちょっと白子みたい・・なんて言っちゃいけないよね」
なんて呟きも、ボソッと聞こえたりしてましたが。・・・(^_^;)

名前もそうですが、イタリアのイメージですね。
パークハイアットって、ショートケーキにも確か
マスカルポーネを使っていた気がしたけど、
ちょっとそういう流れがあるのかなぁ。

グランドハイアットのフィオレンティーナは、
明らかに、イタリアイメージですけれどね。

本来、休日限定だそうですが、予約すれば平日でも
作っていただけたそうです。
クリームがたっぷり!
脂肪分も、ちょっと高めの物かな?
味もかなり濃厚で、でも、甘さはほどよく控えめ。

土台は、サブレっぽい生地になっています。

シューの中に仕込まれたベリーの酸味と、
キャラメリゼのアーモンドのカリカリした食感が
アクセントに、全体にとてもやさしい味で、
ストレートに美味しかったです。
それに、ピスタチオクリームの緑鮮やかな、
苺をのせたマカロナード。

オレンジ風味とヘーゼルナッツをきかせた
チョコレートケーキのハンプ。

芥子の実のプチプチが印象的なモーン。

エッグタルトも、こんなにシンプルなのに、
カスタードの味がなんとも・・。
正直びっくりするほど、意外な美味しさでした。

大森さんのガレット・デ・ロワの中身。
シンプルで綺麗な、クレームダマンドですね。

この後・・関西に行くなら、唯一、激しく心残りだった
「オ・グルニエ・ドール」のガレット・デ・ロワに
トライできないか・・・と、ダメモトで
問い合わせをしてみたのですが。

ホール22cmだったら、予約すれば
まだお願いできるとのこと。
ということで、もちろん、お願いしてしまいました!

フェーブは、中に入れるのでも、入れないのでも、
どちらでも希望に応じて対応してくださるそうです。

やっぱり、フェーブは別添よりも、中に
焼きこんであるのが楽しい・・ので、
そういうサービスは、嬉しいですね!

オ・グルニエ・ドールのガレット・デ・ロワで、
いよいよ1月も終焉に、ついに季節も終わり。
ラスト仕切りなおしとなりますが、楽しみです〜♪
B食店情報
・店名 : 菓子工房オークウッド(かしこうぼうおーくうっど)
・ジャンル : スイーツ-洋菓子
・住所 : 埼玉県春日部市八丁目966ー51
・TEL : 048-760-0357
・URL : http://oakwood.ftw.jp
・定休日 : 水曜定休(火曜不定休)
・最寄り駅 : 春日部
B食店ページへ

   
本日、無事関西到着〜。

とりあえず、今日どこかまわるには遅い時間だったので、
梅田の3百貨店、バレンタイン催事状況含めたチェックと、
去年の3月オープン以来、一度行かないと・・と思っていた、
エーデルワイス系の経営するレストラン、
阪神百貨店1階の「アッシュミレアン」に行ってきました。

「アンテノール」「ヴィタメール」などのグループですね。
こちらに、詳しいご紹介があります。

たねやグループのソルレヴァンテもそうですが、
お菓子屋さんのレストラン展開とか、トゥレトゥール系が、
最近、ちょっと気になっているのです。

「H アッシュ」は、阪神のHと、会長様のお名前が
比屋根(ひやね)さんなので、そこからだそうです。
で、ミレ=1000、アン=1ということで、
「永遠」「無限」みたいな意味があるそうですよ。

京人参のポタージュは、人参の濃い色と味がしっかり
味わえました。
デザートは、マンゴーのムースでしたが、
たしかに、デザイン的にヴィタメールとの
共通項を感じたかな。
シャーベットは、グレープフルーツでした。

いいなぁと思ったのは、1800年代とか20世紀初頭とかの、
古い銀器とか、ドラジェやチョコレート用の器などが
さりげなく展示されていて。
これは、路面からも見えるようになっています。

これ、エーデルワイスさん(会長さん?)の
コレクションなんでしょうね。
さすが老舗メーカーさん。

私の席からは遠くてちょっと見えなかったのですが、
ショコラショー用のポットかなぁと思われる物もありました。

ここは、阪神閉店後も、22時までオープンしています。
女性のお客様が多かったですね。

ということで、これから関西2泊です。

ちなみに、梅田3百貨店のバレンタイン注目ポイント、
阪神は「全国有名パティシエ集合」。
阪急は「独自路線+NY+やっぱり騎士なんだ・・(笑)」
大丸はバランス取れてるかな。
久しぶりに登場のカカオサンパカ、ハーブ系はちょっと気になります。
イグレックプリュスにもキャビアショコラが出てたなぁ。
テオブロマも黄色い缶を出していたし、
キャビア系ちょっと流行?
B食店情報
・店名 : アッシュミレアン(アッシュミレアン)
・ジャンル : 欧風料理-フレンチ
・住所 : 大阪府大阪市北区梅田1ー13ー13 阪神百貨店1F
・TEL : 0120-478480
・URL : http://www.hmille-un.jp/
・営業時間 : 10:00?22:00(ラストオーダー21:00)
・最寄り駅 : 梅田
・キーワード : デザートテイクアウトOKのフレンチ
・友人・同僚
B食店ページへ

   
二度目のサロン・ド・ショコラは、うっかり忘れていた
心残りをカバー。

ルルーさんのご本を購入して、それにサインをいただきました。
かわいいイラスト、「生手描き」を拝見して、ちょっと嬉しい♪

和泉シェフのボンボンショコラ2種、
ハチミツとショコラ、柚子のグリュイエ、
ピスタチオとグリオットのゲルミネも無事入手。

メタリックカラーで、ゲルミネは、エスカルゴのような形・・。
ちょっとインパクトがあります。
グリュイエは、ピスタチオのガナッシュの中にグリオット!
意外なインパクトでした〜。

あ、しまった。写真撮り忘れましたが、このボンボン、
裏の模様がまたがらりと印象が変わっているのです。
気になる方は、どうぞお確かめください・・。




ロッテのブースには、西日本限定の「ビンセス」もいっぱい!

ですが、やはりサロン・ド・ショコラに来場する方々
だけあって、首都圏では手に入らない、こちらの
売れ行きが飛びぬけて、本日、土曜時点で
完売してしまったそうです。

幻の「グレナダ」とともに味見はさせて
いただいたのですが、買いそびれてしまった・・。

でも、せっかくだから、関西のコンビニで買ってくるのだー!

エル・ピラールは箱買いしてみました。
これは、関西へのお土産に・・。


これもロッテのサロンドショコラ用限定品。

カカオ99%の、産地別タブレット。
限定30箱のみだそうです。

過去3年間にシングルカカオシリーズで発表してきた、
各地のカカオビーンズをご紹介しています。
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ