記事
[ 総記事数:1293件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2005年8月31日(水曜日)
   
8月22日発売だった、カネボウフーズの「I.V. アイベジィ」新作2種。

豆乳を使ったヘルシーアイス、というのが売りのアイスですが、
既存6フレーバーに加わった新フレーバーは、
「ナッツ&ライスチップス」と「サワー&ベリー」。

発売日以降、かなり探して廻ったのですが、
セブンはもちろん、ローソン、ファミマなど各コンビニ、
スーパーにも見つからず、どこにあるのだ〜と気になっていました。

やっと見つけたのは、ミニストップでした。

パッケージの柄がかなり華やかなので、パッと見、
逆にフレーバーの絵が目立たず、2種類あるのかの
区別がつきにくかったのですが、ちゃんとあって一安心。

レジで専用スプーンをいただきましたが、
透明ビニールの袋に片面印刷で、プレミアム感は今一歩かな。
ハーゲンのパルフェ用スプーンのあのインパクトを
しのぐものって、なかなか無いなぁ・・。

中ぶたがついていて、これをはがすと、ちょっと跡がのこってます。
うーん、これはちょっと美しくないかも?

見た目にも、ちょっとシャーベットっぽいというか、リッチ系の
アイスとは違う感じです。

ベリーの方は、16日ファミマで発売された
ディーン&デルーカのストロベリーと同じく、
カマロッサ種の苺と、アメリカ産ワイルドブルーベリー果肉入り。

こちら、ブルーベリーの味がかなり強く、
フローズンブルーベリーヨーグルト、という印象がありました。
さわやかな甘酸っぱさで、さっぱり感はあります。
あと、目によさそうかな?(^^ゞ

ナッツは、くるみのカリカリ食感と、ライスチップスによる
お米のモチモチ食感の絶妙なハーモニーを楽しめるということで、
期待していました。

ただ、お米感は、微妙かな〜。
新潟とかで、お土産にコシヒカリアイスとかよくありますが、
凍ったお米のサクサク感というのはあっても、
モチモチ感とはちょっと違う感じがします。

あと、ベリーに比べると、かなり甘めです。
豆乳との組み合わせのためか、なんとなく「きなこ」アイスの印象。
乳製品使用のアイスに比べると、ナッツとの組み合わせによる
ざらつき感があるような気も。
豆乳を45%使っているというのが、大きな特徴です。

食べた時の満足感はあまり変わらず、
カロリーは大幅にカット、という効果はありそうですね。

「アイベジイ」というくらいだから、素材もあまり色々と混ぜないで、
野菜とか、シンプルでいい気もするんですけれどね。
私なら、かぼちゃ、トマトがあれば、かなり満足。

先日、家でかぼちゃのポタージュを作った際、牛乳でなく
豆乳でのばし、仕上げにシナモンを振りました。
組み合わせとしては、悪くないと思うのですが、いかがでしょうね。

先日のブルータス手土産特集で、「もりもと」のトマトのゼリーも
取り上げられていましたが、豆乳との組み合わせで、
トマトのアイスを、いかに青臭さなく仕上げるか。
限界にトライしてみてほしいなぁ。

[ 00:34 ] [ チーズあれこれ ]
   
フェルミエの、定例イベント「今月のチーズの会」、今回は、
夏らしくギリシャの「フェタ」特集でした。

ふだんは、愛宕のサロンで行われるアットホームな会なのですが、
今回は、神宮前のギリシャ料理店、スピローズで開催されることに。

実は、以前から行こうとしていたら、昨年のオリンピックで
やたらと混んでしまって、結局行きそびれていたのでした。

前菜は、チーズ・フィロ。
ごく薄いパイ生地で、三角形に包んだものです。
サクサクしたパイ生地の中のチーズは、ちょっともっちりした食感。

左は、グラヴィエラというチーズ。
オレンジの皮を束ねて添えてあり、香りがついていて、
とても清々しい。素適な演出です。

(フェルミエHPより抜粋)
>羊乳80%、山羊乳20%の混乳製。熟成期間は最低3ヶ月。
>スイスの「グリュイエール」に似たチーズと言われますが、
>基本的には乳の種類が異なるので、イタリアはプーリア州の
>「カネストラート・プリエーゼ」やサルディーニャ島の
>「ペコリーノ・サルド」に似ています。
>凝固剤が植物性であること、また山羊乳が20%加わることに
>より若干の辛みを感じます。塩気は少なく、アロマが高く
>滑らかで滋味深い味わいです。

サラダと一緒に食べたり、蜂蜜をつけて食べると
より美味しいとのこと。
あーわかります。まさに、グリュイエールやコンテ系の印象。
私の好きな羊乳チーズということもあってか、
とても味が濃くて、美味しい!

加熱圧搾タイプほどハードではなく、ちょっとむちむち、
ぷにぷにした、非加熱圧搾系の食感ですね。

ギリシャチーズは、フェタがあまりにも有名ですが、
まだまだ知られていない隠れたチーズがあるんですね。
「海老のサガナキ」

考えることは皆さん同じ?で、「ナガサキって読んじゃいました〜」。

小さなフライパンのような器ごと焼いた、海老とフェタ。
上にはあさつき?
この、スープの美味しいこと!
もちろん、パンに浸して、残らずいただきます。

これ、キプロス島のチーズ、ハルミを使うこともある、
鉄板焼き料理のようです。

「ムサカ」。これは有名ですね。
運ばれてきた時は、ホーローの器の中で、まだソースが
ぐつぐつ煮えてました。

じゃがいもと茄子、ひき肉を重ねて焼いています。
上からベシャメルソースがけ。

ひき肉には、シナモンはじめ、かなりのスパイスが効いてます。
多分、羊肉が基本のはず。

「ユベチ」。
お米の形をしたパスタ。つるんとした食感です。
思わず、買って帰りたくなる・・・。

入っているのは、羊肉と野菜。
味はデミグラス系で、「ハヤシライス」っぽい、という
もっぱらの評判でした。
デザートは、「ガラクトブレコ」。

概念的には、乳製品を使ったパイということらしく、
これも、薄いパートフィロ生地に、セモリナ粉で作った
カスタードを包んでたっぷりとシロップをかけるものらしい・・。

「ガラクト」って、「ガラクトース」と、語源的に関連してるのかなー。
乳糖は、ブドウ糖とガラクトースからできてるんですよね。

ほかに、「バクラバ」もありました。
くるみたっぷり、パイ生地と段々に重ねて、シロップもたっぷり。
これも甘そう・・・。

もちろん、ワインもギリシャワイン。
私は、ハーブのリキュールという「ウーゾ」が気になりました。
メニューにも、あさりのウーゾ蒸しとかあって、いいなぁと
思ったんですよねー。
ミニボトルがあったので、探して買ってしまいそう・・・。

あまり知らなかったギリシャ料理のこと、
ギリシャチーズのことを知る、いい機会となりました!


B食店情報
・店名 : ギリシャレストラン スピローズ(ぎりしゃれすとらん すぴろーず)
・ジャンル : 欧風料理-その他
・住所 : 東京都渋谷区神宮前4-26-28ジャンクヤードビル3F
・TEL : 03-5786-4446
・URL : http://www.spyros.jp/index.cgi
・営業時間 : 火〜日・祝12:00-24:00 金、土12:00-24:00
・定休日 : 毎週月曜日(祝日を除く)
・最寄り駅 : JR原宿 地下鉄明治神宮前
・キーワード : リゾート気分でギリシャ料理
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

   
8月29日新発売だった、ハーゲンダッツのパルフェシリーズの
新製品、「キャラメルポワール」。

月曜の帰りがけ、夜0時をまわってしまったので、
これはもう出てるかなーと、セブンを覗き、無かったので
悔しくてローソンまではしごして探したけれど、やっぱり無かった・・・。

で、明けて30日には、会社近所のローソンに、ちゃーんと
並んでました。

最近、リリースで月曜発売日になっている商品を
たまに見ますが、やっぱり、コンビニ新製品は
月曜夜から準備して、火曜の時点で並んでるのが
基本なんですかねー。
上から、カラメルソース、洋梨果肉、キャラメルアイス、洋梨ソース、
グラハムクッキー、カスタードアイスという層。

「上部ソースが少し柔らかくなってからお召し上がりいただくと、
製品のおいしさをいっそうお楽しみいただけます」

とあり、しばし待ちました。
ついつい、キャラメルが綺麗に透き通るまで待ってしまいましたが、
しかし、写真の状態は、解凍しすぎ・・。
中心の方に、まだ凍った部分が面積2/3〜半分くらい残った状態が、
多分ベストです。

後輩の女性は
「キャラメルマキアートとかに比べてさっぱりしている。
量もちょうどいい。」
との感想。それは、私も同感です。

カラメルソースのほろ苦さについては、彼女は満足だったそうですが、
私は、もっとほろ苦いのが好みは好みですねー。

ただ、彼女は「キャラメルポワール」のケーキを意識して
食べたことがないとのことで、そこに、感想の違いがあらわれました。

私は、ケーキの「キャラメルポワール」を想像して食べるので、
(ア・ポワンのなんか、絶品ですね〜)
どうも、期待より洋梨感が少なく感じられました。

キャラメルポワールって、洋梨のムースの中や上に、
薄切りや角切りの洋梨果肉が使われていて、表面が
キャラメリゼしてあって・・、というイメージなんです。
あの、洋梨の上品なさわやかさが、全体を貫いている感じ。
この構成だと、2層目がカスタードアイスになっているので、
かなりカスタード味が強く感じられます。
キャラメルとカスタードなので、「カスタードプディング」味にも
ちょっとかぶるところがあるのかも。

後輩の彼女は、洋梨果肉が入っていて、
新鮮に感じたとのことでした。

ただ、絶対量で占める割合は決して多くないので、
私が想像しているキャラメルポワールとは、
少しイメージが違うように感じられるようです。

それならカスタードアイスではなく、洋梨のアイスにすれば
よかったのかというと、もしかしたら、洋梨だとアイスというより
ソルベになってしまって、全体の食感などに統一感を
もたせるのが、難しかったのかも。

あぁ、そのあたり、開発の際のご苦労話など、
ぜひお伺いしてみたいですね・・。
2005年8月30日(火曜日)
[ 18:11 ] [ おいしい食べ物 ]
   
新橋、というより御成門にほど近い場所。

たまたま、仕事の移動途中、通りすがりに見つけた
「中南米創作料理」の店に、思わずふら〜りと吸い寄せられました。
店頭のメニューなど見ると、ペルー料理などがいただけるとのこと。

店名が、「荒井商店」というのが、何ともイメージ破り。
およそペルー料理店とは思わなかったです・・・。

シェフの荒井 隆宏氏は、ミクニグループで修行をされ、
「AS cafe」の店長を務められた後、独立されたとのこと。
店頭の窓ガラスに、三國シェフの応援メッセージ記事が・・。
ペルー料理店って、まだ行ったことがありません。
どんな食材を使うのかしら・・。

調べてみると、スペイン料理の要素がベースにあって、
たとえば、白身魚やタコをハーブやレモン、ライムに
漬け込んだマリネの「セビーチェ」など・・。
店頭には、スペシャリテのローストチキンのポスターがありました。

うわー気になる。
シェフがペルーに魅せられたという、豚足とかも、ぜひ食べてみたい!
ランチもやっているようなので、ぜひ試してみなくては。
google検索してみたら、ヒットしましたよ、HPが!
でも、これ、携帯のコンテンツな気がする・・・。

実は、2005年4月23日から営業しているとのこと。
何度か通っているはずなのに、なんで気づかなかったんだろう・・・。

しかも、シェフのブログも見つけちゃいました。
包丁一本ペルー武者修行

遅い時間までランチやっているし、今度行ってみようっと!
B食店情報
・店名 : 荒井商店(あらいしょうてん)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 東京都港区新橋5-32-4江成ビル1階
・TEL : 03-3432-0368
・URL : http://araishouten.gozaru.jp/
・営業時間 : 11:30?15:00(L.O.14時半)/18:00?23:00(L.O.22時)
・定休日 : 日曜
・最寄り駅 : 御成門が一番近い。次いで新橋
・キーワード : ペルー料理店
B食店ページへ

[ 13:29 ] [ おいしいパン ]
   
雑誌の特集記事の関連で、世田谷線・若林駅からほどちかい、
サクラベーカリーに行ってきました。

たくさんの種類の、かわいらしいパンがあって、
選ぶのに迷ってしまう、町のパン屋さんです。
一時、デイーン&デルーカにも、卸していらっしゃいましたが、
このほど豪徳寺店がオープン。
手が回らなくなったということで、今は出ていません。

こちらは、オリジナルの人気菓子パン、
若林ボール<カスタード>と、若林あんぱんです。
若林ボールは、チョコレートもあります。
「若」マークがキュートですね。

若林ボール<カスタード>と、若林あんぱんをカットしたところ。
あんぱんの中には、粒餡と白玉が入っています。
もちもちの白玉、美味しいですよ。

カスタードも、やさしい味わいです。
黄色が鮮やかですね。

お店の人気商品、メロンパン。
上にかかったビスケット生地は、砂糖でキラキラしています。

メロンパンって、とてもシンプルですが、ファンの多いパンですよね。
こちらは、いわゆるメロンの網目模様もないようです。
関西ではサンライズというそうですね。

奥は、いちじくとオレンジピール入りのパン。
切った時の香りのよいこと!
しっかりした噛み応えのある生地も、美味しいです。

手前は、アプリコットとクリームチーズ入り。
私は、クリームチーズが、もっと甘さ控えめでもいいですね。
ちょっとカスタードっぽい味に仕上げてあります。



オリーブとアンチョビがのったフォッカッチャと、コーンバンズ。

フォッカッチャは、もっとがしっと焼きこんであってもいいかな。
フーガスとかね、好きなんですよ。
ヴィロンのとか、ビゴの店のとか、すごく好き!

コーンパンは、ジョアンのとかも美味しいですよね。
日本橋三越にしかない高級業態、ローランジョアンの
焼き上がり時間限定のコーンパンも、美味しいんだなぁ。

写真にはありませんが、クロワッサンもいただきました。
やさしい焼き色て、カリカリ感のある焼き込んだタイプでは
ないですが、中の生地はしっとりと伸びがよく、
バターの風味がたっぷりでした。
B食店情報
・店名 : SAKURA BAKERY(さくらべーかり)
・ジャンル : スイーツ-パン
・住所 : 東京都世田谷区若林 4-6-1
・TEL : 03-4500-5679
・URL : http://hw001.gate01.com/sakurabakery/
・営業時間 : 8:00?19:00
・定休日 : 日曜
・最寄り駅 : 東急世田谷線若林えき
・キーワード : 地元に愛される町の手作りパン屋さん/メロンパン、限定あんぱん、クリームパンが人気/テラス席のイートインあり
・友人・同僚
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ