記事
[ 総記事数:859件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2009年4月29日(水曜日)
[ 00:50 ] [ 【店】日本料理 ]
   
深夜仕事終わりに小腹が空いたから何を食べようと頭に浮かんだのは和食屋『松』。このお店はラストオーダーが遅いから深夜でも安心して行ける。
実は何度かお邪魔しているお店で毎回お浸しと酢の物は必ずと言っていいほど注文する。もちろんこの日も。ちなみに毎月メニューが代わり、今月のお浸しはワラビで酢の物はワカメとアサリだった。
■ワラビのお浸し■
シンプルな味付けでカツオ節がアクセントに!

■ワカメとアサリの酢の物■
程よい酢加減とミョウガの香りがほんのりで味もキツつくなくサッパリ!


閉店間近になりお客さんが徐々に帰り出す。そしてお客さんが減ったところで店主とカウンター越しで話しながら飲む。
たまにはゆっくり一人呑みもいい。と思ったけど、このお店に来る時のほとんどが一人で呑みに来てるような気が。。。
・店名 : 松(まつ)・ジャンル : 和食-日本料理・住所 : 東京都世田谷区北沢2-15-11・TEL : 0334182778・営業時間 : 18:00〜2:00・定休日 : 水曜・最寄り駅 : 下北沢・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店情報
・店名 : 松(まつ)
・ジャンル : 和食-日本料理
・住所 : 東京都世田谷区北沢2-15-11 2F
・TEL : 03-3418-2778
・URL : http://shimokita-matsu.heteml.jp/
・営業時間 : 18:00〜2:00(L.O.1:30)
・定休日 : 水曜
・最寄り駅 : 下北沢
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2009年4月28日(火曜日)
   
職場でもよくタイ料理の薬味や具財を持ち込んで食べているけど、今日はいつもと違うタイ料理が食べたいと思ってたから仕事前に『アジアスーパーストアー』に寄った。
タイ料理は日本でメジャー化されているからインスタント系はこの店以外でも売っている事が多い。となると狙いはお店の手作り料理だ。日によって置いてる物が違って時にはフィッシュフライだったりピクルスだったりする。今日は何かなとドキドキして行くと、この日はタイの粽だった。もちろん迷わず購入!ついでにインスタントのビーフン麺とタイ産の豆乳も購入!

インスタントのビーフンを味見したらサッパリしてるし具もない。そんな時は職場の冷蔵庫に常備しているタイ食材を使ってアレンジ!ちなみに今回は、ナンプラー、チリミックスペースト、フィッシュミックスペースト、タイのふりかけ、パクチー、ラー油、ショウガ、ミニトマトを使った。その他に常備してるのは、レッドカレーペースト、タマリンドペースト、ココナッツパウダー。これらを常備してるから職場の人におかしいと思われてるに違いないかも?もちろん誰も手を触れようとしない。。。

粽は具沢山で、鶏肉、エビ、椎茸、芋、ピーナッツが入っている。味もそんなに強くなくて食べやすい。

豆乳は日本産のよりもかなり甘め。

こうやって今日のお昼は職場でタイ料理を満喫できた、、、と思い込む。
・店名 : タイ食品専門店 アジアスーパーストアー(アジアスーパーストアー)・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍・住所 : 東京都新宿区大久保1-1-11 コントワール新宿ビル212号・TEL : 0332089199・営業時間 : おどろきの24時間営業・最寄り駅 : 大江戸線 東新宿駅 徒歩2分・キーワード : タイ食材 タイ調味料 電話、FAXでの注文可
B食店情報
・店名 : タイ食品専門店 アジアスーパーストアー(アジアスーパーストアー)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 東京都新宿区大久保1-1-11 コントワール新宿ビル212号
・TEL : 03-3208-9199
・URL : http://www.asia-superstore.com/
・営業時間 : 9:00〜2:00
・定休日 : 年中無休(年始を除く)
・最寄り駅 : 大江戸線 東新宿駅 徒歩2分
・キーワード : タイ食材 タイ調味料 電話、FAXでの注文可
B食店ページへ

2009年4月25日(土曜日)
[ 22:35 ] [ 【店】郷土料理 ]
   
この日は生憎の雨降りで少し肌寒かった。という事で友達と鍋でも食べながら飲む事にした。お店はずっと行きたいと思って行っていなかった『元祖博多もつ鍋 巣』に行く事に。このお店は去年11月24日にオープンしたばかりで一度お店の前まで行ったけど、閉店間際だった事もあって入店できなかった。だから今回はリベンジ?
入店するとお客さんが結構いたから、もしかして待ちか?と思ったら大丈夫だった。
1Fは2人席が多く2Fは団体客用らしい。だから1Fはワイワイ騒ぐようなお客さんがいなくて料理に集中出来るのがいい。

早速、鍋メニューから注文したのは、牛もつ鍋(味噌味)。他は、牛もつ鍋(醤油味)、蜂のす鍋(塩味)がある。
おつまみから注文したのは、蜂の巣酢味噌和え、馬刺し、真鯛と水菜のサラダ(日替り?)。
■蜂の巣酢味噌和え■
酢味噌の味と蜂の巣の触感で酒が進む!

■馬刺し■
臭みもなくサッパリとして食べやすい。※少し解凍させてから食べましょう!

■真鯛と水菜のサラダ■
鯛好きだから思わず頼んだ。魚も食べたいと思うのは欲張りすぎか?!


もちろん鍋が来てもキャベツがクタクタになるまで嵩落ちしないと食べれないから、おつまみを食べ生ビールを飲みなが待つ
■牛もつ鍋(味噌味)■


ちなみに薬味はアミエビの塩漬けと赤唐辛子油。
■薬味(アミエビの塩漬け、赤唐辛子油)■


数十分後?嵩が落ちて食べ頃になる。ここで個人的な博多鍋の食べ方だけど、ニラは汁に漬け込まず食べる時にサッとしゃぶしゃぶして食べるのが自分流!こうする事によってニラのシャキシャキ感が残る。
鍋の食べ方はさて置き、このお店のもつは脂身が多く少し癖があるように感じるけど、口の中で噛んだ瞬間その脂身が面白いように溶ける。
後半はマッコリが飲みたくなった。
■マッコリ(グラス)■


さて最後のお楽しみは、おじやセット。
■おじやセット(ライス、生卵、お新香、ネギ)■


少し鍋の具を残しつつご飯を投入!そして一煮立ちしたら卵を投入!あとはネギを振ってかき込むだけ!
それにしてもここ最近、飲みすぎ、食べすぎ、暴走気味であります、、、ダイエットの話はどこへやら。。。

・店名 : 元祖博多もつ鍋 巣(がんそはかたもつなべ す)・ジャンル : 和食-鍋・しゃぶしゃぶ・住所 : 東京都世田谷区北沢2-15-4 光倫ビル・TEL : 0337959030・URL : http://www.korin-zenko.co.jp/・営業時間 : 17:30〜24:00(L.O.23:30)・定休日 : 年末年始(12/31〜1/2のみ)・最寄り駅 : 下北沢・キーワード : 博多もつ鍋・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供
B食店情報
・店名 : 元祖博多もつ鍋 巣(がんそはかたもつなべ す)
・ジャンル : 和食-鍋・しゃぶしゃぶ
・住所 : 東京都世田谷区北沢2-15-4 光倫ビル
・TEL : 03-3795-9030
・URL : http://www.korin-zenko.co.jp/
・営業時間 : 17:30〜24:00(L.O.23:30)
・定休日 : 年末年始(12/31〜1/2のみ)
・最寄り駅 : 下北沢
・キーワード : 博多もつ鍋
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供
B食店ページへ

[ 02:53 ] [ 自作料理 ]
   

ヤーコンが無性に食べたくなった!もちろんスパイスと家にある野菜を使って適当に調理。今回は南インド料理を意識してカレーリーフやココナッツファインを使った。具はヤーコン、ニンジン、ピーマン。

しかし、ご飯を食べてる途中に汁物が欲しくなる。本当は時間があればカレーやスープやサラダなんて作ってるんだけどなあ。。。でもご飯と炒め物を混ぜて食べると全体的に味が馴染んで、ヤーコンの甘さとスパイスの香りと辛さで止まらなくなる!

まあ、適当に作った割りに上手く出来たから良かったけどねw
2009年4月22日(水曜日)
[ 02:48 ] [ ノンジャンル ]
   
ずっと気になっていたけど、なかなか手が出せなかった一品、『3分牛肉ジャジャン』。原産国は韓国。
どう見てもパッケージはカレーだ。でも原材料名はチュンジャンがメインらしいが、そのチュンジャンがどんなものなのか調べる前に買って食べてみる事にした。しかもカレー同様ご飯もレトルト。
早速、盛り付けて見るとパッケージと掛け離れた色をしている。香りも何だかなあ?とにかく、もう頭や体、そして舌はカレーを食べるモードに突入!ん?匂いが甘い?更に口に入れた瞬間…甘い?辛くない?塩辛い?何とも言えない、、、ここは負けじと何度吟味しても何とも言えない、、、ん〜、確実にカレーじゃないな。。。何ていうのか味噌田楽の味噌を薄めて更に肉の出汁とか混ぜて濃縮させて…よくわからない事になってるような味?やっぱり味の感想も何とも言えない。。。あと何が3分なのか結局よくわからず。。。

そう、食後チュンジャンの事を調べたら、どうやら韓国の黒味噌らしい。

チュンジャンの正体
http://ni-korea.jp/gourmet/food/food.php?id=016
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ