記事
[ 総記事数:298件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2010年1月25日(月曜日)
   
昨日は、ケイトさんに案内いただき、江古田のマイマイに。
ケイトさんに案内いただくのはこれで3回目。
絶対外れがないという安心感がありました。

お店の中全体のインテリアも、テーブルも上も、ベトナムの香りが溢れていて素敵。(私はベトナム行ったことないのですが)

ケイトさんから、このお店の成り立ちの謂われを聞くと、とても魅力的。
ベトナム雑貨とベトナム料理に魅せられた女性が、ベトナムで料理を習って開いたお店とか。

(わ〜、私もそういう人生を歩きたかった。
昔むかし、「サイゴンから来た妻と娘」を読んで、ベトナム料理にすごく興味があったのであります)
選んだのは、バインミーセット。
昨年の秋に、ベトナムフェアで、バインミーをちょっと食べて、気に入り、是非、ちゃんと食べたいと思っていたのでありました。

バインミーセットは、料理一品にバインミー。

写真は、お餅にたれをかけたもの。
美味しかったのですが、その後、バクテーと辛いチリソースを沢山入れたバインミーを食べたら、その味が強烈で、その前に食べたこのお餅がどんな味だか、記憶が飛んでしまいました。(笑)
ケイトさんお薦めの「バインミー」
塩豚バインミーとシュウマイバインミーに決め、半分ずつに盛ってもらいました。
そして、ケイトさんの真似して、バクテー増量。

食べる時も、ケイトさんの食べる通りに、バクテー加えてチリソースをたっぷりかけてで食べました。

美味しい!

塩豚とシュウマイ、どちらが美味しいの?と言われても「両方!」というしかありません。

パンも美味しいし、ベトナム風なますも美味しいし、言うことなし。

ベトフェアでは、何かのペーストのバインミーを味わったので、これで3種類食べたことになります。

う〜ん、不思議。
具材もパンも目新しいものは何もないのだけれど、フランスのパンに、東洋風の具材がピタっと合って、新しい美味しさ。
何だか癖になりそう。
良く考えると、バゲットに大根と人参のなますがどうして合うのか不思議なのだけれど、気に入りました。
動物性タンパク質は、塩豚、挽肉、何かのパテ、焼き豚、あ、スパムでもいいでしょう?
何だか作れそうだけれど、美味しいパンを手に入れられるかが問題かも。
デザートは、黒豆とナッツと小豆のお汁粉、バニラアイスがけ。

「チェーは基本的に夏のおやつだから、ないかも。冬場は、ホットチェーがあるかも」とお聞きしていたのですが、ラッキー!
これが「ホットチェー」らしいです。

黒豆の食感が美味しいのだな〜。
黒豆入りのお汁粉を食べてしまうと、何だか、普通のお汁粉が物足りくなりそう。
バインミーもホットチェーも気に入ってしまったので、お店のオーナーさん著の「チェーカフェのベトナムおやつ」を買ってきました。(チリソースも)

その本には、色々なチェーの作り方と、バインミー1種の作り方が出ていました。
バインミーは作ってみようかな?

ケイトさん、良いお店を紹介していただき、有難うございました。
とっても、美味しくて楽しかったです。

私は、池袋まではちょくちょく行く用があるので、そこから、ちょっと電車に乗れれば、このお店に行けるのですものね。
何だか、通ってしまいそうな気がしています。
B食店情報
・店名 : Maimai(マイマイ)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 東京都練馬区旭丘1-76-2
・TEL : 03-5982-5287
・営業時間 : 18:00?23:00/土日ランチ12:00?14:30
・定休日 : 月曜日・第2、3火曜日
・最寄り駅 : 西武池袋線江古田駅/都営大江戸線新江古田駅
・キーワード : ベトナム屋台食堂/土日のランチタイムのみのバインミーが美味
・友人・同僚 / 家族・子供
B食店ページへ

2009年7月24日(金曜日)
   
先日、五反田龍門で本格的四川流の麻婆豆腐麺を食べて以来、私はあの「麻辣」の味に取りつかれ、また、食べたい状態。(笑)

そんな時、ケイトさんが我がブログにいらして教えてくださった「陳麻婆豆腐」の調味料パック、成城石井で買って来て、試しましたが、ものすごく美味しいです。
(ちょうど特売で、豆腐4丁分で499円、お値段も手頃)

陳麻婆豆腐という名前は、四川省成都市の陳麻婆豆腐店の商標登録で、陳麻婆豆腐店しか、「陳麻婆豆腐」を名乗れないのですって。
(おまけに、陳麻婆豆腐店は、国営企業)
日本にも、その四川省成都市飲食公司と契約して、ノウハウを輸入、「陳麻婆豆腐店」を名乗るお店も出ていますが、その他、その四川省成都市飲食公司は調味料パックを別のルートで日本に輸出しているとのこと、そして、それが、ケイトさんご推薦の「陳麻婆豆腐」なのです。

日本でも有名店の名前を冠したレトルトパックは、沢山ありますが、どうもお店の味と違うものが多いような気がします。
が、しかし、私は四川に行ったこともなく、東京の陳麻婆豆腐店に行ったこともないのですが、色々調べると、この日本における麻婆豆腐を研究したページを見ても、これが一番美味しいと書いてありますし、本場そのものの味のようです。
(このパックは、麻婆豆腐のソースだけですから、原材料が単純、しかも、四川産を使っています、しかも、国営企業が作っていて、安心できます←何となくですが)
何でも、日本における麻婆豆腐というのは、陳建一さんのお父さんである陳建民さんが、日本で手に入る材料で作ったものが、広く「麻婆豆腐」として知られていましたが、その後、本場の材料を使った本場の味の麻婆豆腐が日本に入って来ました。
これを区別するために、日本風は、ただの「麻婆豆腐」、本場流は、「陳麻婆豆腐」とか「四川麻婆豆腐」と呼ばれているようです。(他に、広東風麻婆豆腐もあるみたい)

今日のお昼に、陳麻婆豆腐の素と木綿豆腐・牛肉・長葱で、本場四川風の麻婆豆腐を作ってみましたが、や〜、美味しいの何のって。
甘さが全然なくて(甜麺醤が入っていないから)、しょっぱ過ぎず、辛いのだけれど、辛さの中に味があり、花椒をふりかけると、舌はちょっと痺れるのだけれど、やはり、独特の味があり、とても美味しかったです。

気に入ってしまい、今後、家では、このパックを常備しようと思いました。

ケイトさん、良い物を教えてくださって、本当に有難うございました。
さすが、FFの女王様です。
2009年7月13日(月曜日)
[ 15:49 ] [ おいしい食べ物 ]
   
日曜日のお昼に五反田にいて、駅近くで、美味しいランチができるお店を友人に聞いたら、西五反田の「龍門」を教えてくれました。

龍門は、2年ほど前に東五反田の高台に高級店としてオープンし、B食でも話題を呼んだお店として記憶していましたが、今は、駅の反対側の大崎広小路近くに転居したとのこと。
(転居先は、五反田方面から歩いて行って、ゆうぽうとを越した角を曲がったところです。)

看板には、「伝統四川料理・流行四川料理」の文字が。
2年前、B食で評判を取ったときより、見るからに庶民的なイメージ。
入ってみると、お昼は一律杏仁豆腐付きで850円也、本当に庶民的。

他に龍門は、目黒駅前にも、お店を出したようです。

(今、発売中のdancyuで紹介されたとのことで、結構混んでいました)
私が選んだランチは、「麻婆麺」。
麺の上に麻婆豆腐が乗っているなんて、きっと本場中国にはないでしょうが、麺と麻婆豆腐が食べたかったので、これに決定。
(麺を取ったのに、ご飯が一膳付いてきましたが、これが結構役に立ちました)

一口スープを呑んでみると、辛い、辛い、甘さが全然ない味。
本場四川の麻婆豆腐には、甜麺醤を使わないものなのだというのが、発見。
で、辛いし、お塩の味もするのですが、お塩の角が丸いというか、舌に残らないタイプなので、辛いながらも、舌に唐辛子が積み重なって行かないのか、嫌にならないで食べ切りました。
(と言いながら、汁をすすりながら麺は食べられる、最後に残ったお豆腐はご飯に乗せて食べられる、でもでも、汁をすすりながら、麺とお豆腐を同時に食べるのはちょっと辛過ぎてできませんでした。
多分、本場四川の豆板醤とか豆豉、岩塩を使っているのでしょう。

私は以前の龍門行ったことがないので、比べることはできないのですが、「日本人に媚びない本場の味」は守っているのではと思います。

五反田駅近辺でランチしたい時にお薦め。(特に日祭日のお昼もサービスランチがあるところがとても良いです)
B食店情報
・店名 : 龍門(りゅうもん)
・ジャンル : 中華料理
・住所 : 東京都品川区西五反田8-5-1グリーンプラザ五反田
・TEL : 03-6431-9800
・URL : http://www.ryuumon.jp/index.html
・営業時間 : 11:30〜15:00/17:30〜22:30(L/O30分前)
・定休日 : 年末年始・夏休み
・最寄り駅 : 五反田(5分)大崎広小路(1分)
・キーワード : 本場四川料理
・友人・同僚 / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2009年6月23日(火曜日)
   
先日、友人から、ケイトさんも召し上がられた、フクナガパーラーの「上が佐藤錦で下がアメリカンチェリーのパフェが、生涯食べたパフェで最高であった」というメールを読んだ瞬間から、食べたくなってしまいました。

あ〜、でも、すぐには行けない、でも、おさまらない気持ちを何かで整理しなくてはと、余りに安易ではありますが、ミニストップに飛びこんで、冷たいデザートのメニューを見て、選んだのが「フルーツ氷いちご」。

これが、予想外に出来が良くて、フクナガパーラーさんへの募る想いは一旦消えたのでありました。

かき氷に、生の苺と、生の苺から作ったシロップ、練乳がかかっていて、生の甘酸っぱい苺の美味しさ満載です。
今まで食べたミニストップの冷果では、一位か二位の出来です。
2009年6月15日(月曜日)
[ 12:05 ] [ おいしい食べ物 ]
   
昨日、気が向いて、雨が降り出しそうな天気の中、アキバのチェルシーマーケットに行ってみた。

時間は4時頃で、ティータイムの時間。
空いていてすぐに入れたのだが、メニューを見てびっくり。

生ビールグラス(サントリープレミアムモルツ)が750円、コカコーラが550円、ひぇ〜!であるが、ま、場所がヨドバシAkibaと駅の間と言う好立地だから、きっと賃料が高いのだろう、仕方ないか。(ま、初回だからね)
食べたのは、「アヴォカド・バーガー」1300円。
ハンバーガーの中に、外に出ていたトマトとピクルスをセット、カトラリーの籠の中にバーガー袋があったので、その中に入れて食べる。

いや〜、美味しい!

何が美味しいかと言うと、網焼きか、グリルで焼いたパテ。
中はジューシー、外の焦げ目の味と香ばしさが絶妙に美味しかった、炭焼きかと思うくらいの出来。

バンズは、ふかふかの白ではなくて、全粒粉がどういう割合だかわからないが入っている固めのバンズ、肉の厚み、ジューシーさ、香ばしさにうまくマッチングしていた。

ポテトもこれだけ大量に食べれば、帰り道喉が乾いてくるが、出来は良い。

今まで私が「美味しい!」と感激した高級ハンバーガーは、人形町のBrozers’だけであるが、チェルシーマーケットのハンバーガーはそれと同じ感激があった。

アキバの駅近くあたり、美味しいお店は絶対ないと思い込んでいたが、一軒、(高いけれど)とても美味しいお店を発見して、嬉しい。

とにかく、飲み物の価格が高いので、ドリンクサービスのランチ時がお薦め。(HPに「ティータイム時、+200円で飲み物サービス」と出ているのに、昨日の日曜日はなかった。ここいらへん、お店に入る時に要チェックかも。)
B食店情報
・店名 : Chelsea Market(ちぇるしー まーけっと)
・ジャンル : カフェ・喫茶
・住所 : 東京都千代田区神田花岡町1-9 アトレヴィ 秋葉原 2F
・TEL : 03-5256-7155
・URL : http://www.chelsea-market.com/index.html
・営業時間 : 11:00〜23:00(L/O22:30)
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : 秋葉原
・キーワード : 駅近カフェバー アメリカン 高級バーガー サンドイッチ パスタ ピザ
・友人・同僚 / デート / 一人
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ