記事
[ 総記事数:1000件 ] [ RSS2.0 ]
2006年10月3日(火曜日)
[ 01:03 ] [ おうちの食事 ]
   
まりやんさんが作っていらした、パトリス・ジュリアン+辰巳芳子風レバーペースト。

ずっと作ってみたいと思っていたのですが、やっと実行に移せました。

材料はレバーに、クリームチーズに、長葱。

それにしても、レバーって安いですね。

柿安ブランド鶏のレバー、100gで89円です。



鶏レバーの処理は、おいしいレバーペーストのためにも、まじめに。

こちらのサイトに写真入りで丁寧な下処理方法がでていました。

まりやんさんお奨めの「蒸し炒め」にすると、最初はレバーが入っていただけの鍋なのに、火が通る頃には1センチ近い油がたまっていました。

でも、レバーはしっとりして、これだけでもおいしいレバーペーストになりそうです。

長葱は生のまま入れるのかとも思いましたが、香りがきつかったので、軽く炒めて、クリームチーズと一緒にバーミックで、ガァ〜。

葱はあんまり細かくなりませんでしたが、逆にちょうどよい色味になったかな。

味を見てみると、臭みはないけれどレバーの味わいは残っていて、濃厚でクリーミーで、とっても美味しいレバーペーストです GOOD



これだけでも、そのまま食べ終わってしまいそうなレバーペーストですが、今回はサンドイッチに。

実は、これを作ろうと思ったきっかけは、『ベッカー』のライ麦パン。

このパンに、レバーペーストを合わせたら、さぞかし美味しいだろうと思って作ったのでした。

ヒマワリの種入りライ麦パンと、くりみ入りライ麦パンで2種類。

たっぷりレバーペースに、すっきり野菜で、これは大成功 ウマッ

ペーストの半分は冷凍して、ゆっくりいただいていきたいと思います。