記事
[ 総記事数:1000件 ] [ RSS2.0 ]
2008年1月17日(木曜日)
[ 21:15 ] [ おうちの食事 ]
   
 

休日のお昼、何となく納豆が食べたくなりましたが、ご飯がない。

でも、炊くのは面倒だし、余っちゃうし・・・、あ、食パンがある!

という訳で、納豆トーストを作ってみることにしました。

前にネットで見た、納豆トーストのHP「全国納豆トースト普及協会」、略して「全納ト連」の作り方で、Allez cuisine!

 

 

でもね・・・、この「全納ト連」の作り方を見ていただければお分かりになると思うのですが、レシピ通りに作るのは、絶対無理!

とりあえず、あるもので、マヨネーズに練りからし、ちりめん雑魚の代わりに揚げ雑魚、ネギの白い部分の代わりにアサツキ。

らっきょうとニンニクのだし漬けと紅ショウガはないので、パス。

以上を加えた納豆をクリーム状になるまで70回練って、納豆ミックスの出来上がり。

その間にトーストを準備。

 

 

我が家にはトースターがないので、魚焼きグリルで作るのですが、温度が高いため外はカリッと中はふかっと仕上がってなかなかよいのですよ。

でも、火力が強いので、ちょっと目を離したらあっという間に焦げちゃった。

で、このトーストにマーガリン(うちはバター)と、塗るチーズ(うちはクリームチーズ)、ガーリックパウダーをかけて、土台の完成です。

 

 

後は納豆ミックスを乗せて、「世にも稀な美味」を頬張ります。

う〜ん、うまいやんけ〜 ウマッ

納豆とマヨネーズは王道ですが、クリームチーズとガーリックが味の決め手ですね。

「できたら、早春の晴れた朝、マイルス・デービスのトランペットでも流しながら、目を瞑って味わっていただければさらによいと思います。口中に納豆の粘りやチーズの余韻が残っている時に飲む珈琲もまた格別です」とは、全納ト連・初代会長(って言ってもHPの作者)の弁。

ま、マイルス・デービスは聞こえなくとも、珈琲は意外によく合うので、お時間と材料がありましたら、お試しください。

・・・、あ、刻みキャベツ、入れるの忘れた・・・ 汗