記事
[ 総記事数:1000件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2011年4月17日(日曜日)
[ 01:00 ] [ ビアな話 ]
   
 

復活日本 再醗酵〜「美味しいビールを飲みながら義援金を集めよう!」

 

藤原ヒロユキさんによる、「頑張れ!ニッポン!」のスローガン&イラストです。

 

ということで、4月17日に文京区民センターで行われた、チャリティーイベントへ、鉄夫くんと行ってきました。

 

 

  

NPO法人日本の地ビールを支援する会とビアジャーナリスト協会が共催、GoodbBeer Club協力による復興支援イベント。

 

まずは、『POPEYE』の青木さん、それに続いて藤原ヒロユキさんによる開催の挨拶です。

 

 

 

挨拶が終わるや否や、というか開催の前から、サーバーの前には、人だかりが。

 

会議室の一角にタンクを置かれているので、好きなビールを好きなだけ、自力でサーブするのです。

 

 

 

今回の協力ブルワリーは、全部で24団体(途中で追加されていたので、それ以上かも)。

 

参加費(一人2,000円以上)を支払うだけで、自由にビール&おつまみ(乾き物ですが)をいただくことができます。

 

 

 

チャリティーイベントなので、マイグラスにマイ箸持参が基本。

 

我が家は、3/11の地震で食器にかなりの被害を受けたのですが、割れ残っていたビアフェスグラスで参加です GOOD 

 

 

  

メインイベントのチャリティーオークションには、瞬時に売り切れたというマンガ『もやしもん』と「プレストンエール」のコラボビールや、アルコール度数25度という「博石館ビール」の古酒ビールが出品。

 

中には、日本では手に入らないというスペイサイドのモルトが、年代別・樽別に小瓶に詰められたセットも出ていたのですが、ビール好きの集まり故、格安でセリ落とされたとか アセアセ 

 

 

 

で、私もオークションに参加して、歴代ビアフェスグラスをセリ落としてきました 笑 

 

ビアフェスグラスは、地震でほとんど壊れてしまっていたので、これは嬉しい買い物でした♪

 

小額紙幣を持っていなかったため、セリ落とした額以上を寄付することになってしまいましたが、以下のビールをいただけたので、文句は言いますまい。

 

・プレストンエール IPA

・サンクトガーレン 湘南ゴールド

・黄金井酒造 桜のフレーバーエール

・エチゴビール ホワイトエール

・ひでじビール 太陽のビール

・伊勢角屋麦酒 オイスタースタウト

・ニードビール クリームラガー

・木曽路ビール 木曽路プレミアムラガー

・あくらビール 桜ウィート

・North Island コリアンダーブラック

・横浜ビール 横浜ヴァイツェン

 

私が会場を後にする際には、70万円ほどの寄付が集まっていたようです。

 

関係者の皆様、お疲れさまでした、そして、ごちそうさまでしたm(__)m

 

ちなみに、4/23の「地ビールの日」に合わせて、今後も以下のようなビール関係チャリティーイベントがあるそうですので、ご興味のある方は、行ってみてくださいね。

 

 

●4/23(土) 13:00〜16:00 復興チャリティイベント(天王洲TYハーバー・ウォーターライン)

 参加費 2,000円 ※要予約 

 

●4/23(土) 19:00〜 クラフトビア飲み放題&LIVEチャリティーイベント(ROTI ROPPONGI)

 参加費 6,500円 ※「Good Beer Club」他でチケット販売

 

●4/23(土) 10:00〜 ベルギー王国大使館チャリティーイベント  入場料500円(当日参加)

絵画の販売やチャリティーマーケットなど

 

2011年4月13日(水曜日)
[ 11:40 ] [ 日々雑感 ]
   
 

いろいろあっても、今年も桜が咲きました。

 

 

 

ビアずきさんから、「どうしてもお花見しないわけにはいけませんですって!!」というメールをいただいたので、急きょ仲間を募ってのお花見となりました。 


とりあえず、連絡役として、ちょこちょことつまめそうな、お花見弁当を用意。

 

 

 

メインは、豚バラとうずらの卵のナンプラー角煮 香菜添え&キュウリの塩漬け。

 

お肉を小さめに切っているので、意外に早く出来上がるのです GOOD 

 

 

 

雑貨屋さんで買った、10分でできる「さくらごはん」を使った、ひと口おにぎり。

 

土鍋でお米を油で炒めてから炊くのですが、早炊きとあって、ちょっと微妙な味かも アセアセ 

 

 

 

デザートは、ココナッツミルクプリンとちっちゃな苺。

 

おはしでも摘まめるように、少し固めに作って、四角くカットして、出発です。

 

 

 

お花見会場は、東綾瀬公園の奥。

 

毎年ほぼ同じ場所、同じ桜の下に、2年ぶりに会った仲間も含めて、今年は6名が集まりました。

 

 

 

「東北地方の産品を買って・飲んで・食べることによって、日常生活の一部として長期的に被災地を支援しよう」というのは、『ハナサケ!ニッポン!』キャンペーン。

 

岩手や福島の日本酒に、持ち寄った食べ物で、微力ながら、経済を回します!

 

 

 

まずは、福島の末廣酒造の微発泡日本酒「ぷちぷち」で乾杯 キラキラ 

 

口当たりがとてもよくて、甘さも爽やか、これは飲みすぎ危険なお酒かも。

 

 

 

桜は散り始めとあって、風が吹くと、まさに桜吹雪といった様相です。

 

お酒の中にも、フルーツの上にも、ビアずきさんの頭にも、全てに花びらが舞い落ちてきます。

 

 

 

午後の日差しが、夕暮れの日差しに変わるまで、今回の地震こと、最近の仕事のこと、近況など、食べて飲んで、たっぷりおしゃべり。

 

今年花の下に集えたことを喜びつつ、また、来年も花の下に集えることを祈りつつ、早く日常が日常に戻ればいいねといいながら、散会となりました。

 

ハナサケ!ニッポン!

2011年4月11日(月曜日)
[ 13:51 ] [ おいしいパン ]
   
 

手賀沼サイクリングのお土産といえば、松戸の二十世紀が丘にある、『ラパン・ブラン』のパン。


この日は午後3時頃に伺ったのですが、パンの種類はかなり少なくなっていて、入り口には「あまり数はないですが、よろしければどうぞ」という貼り紙がされていました。



 

ふっくら、ぽってり、つやつや、ちょっとつぶれちゃってるけど、こちらもいつも買ってしまう、クリームパン。

 

柔らかくてほの甘い生地とクリームが美味しくて、一人に1個づつ買わないと、取り合いになってしまうパンです 笑 

 

 

 

ころんとして、こちらもつやつやの、オレンジブリオッシュ。

 

オレンジピールが中に仕込まれていて、甘い香りと味、リッチなブリオッシュ生地で、シンプルながらほんわかと美味しいパンです GOOD 

 

 

 

塩味系のパンでは、ベーコンと玉ねぎのソフトフランスパンを購入。

 

しっかりめのパンを、ベーコン・玉ねぎと一緒にかみしめていると、意外に食べ応えがあります ニコニコ 

 

 

 

3種類のチーズを使っているという、チーズクッペ。

 

こちらは比較的ふんわりとしたパンなので、大き目のパンながら、スライスすると軽く食べられてしまします♪

 

実は、ミルクフランスと紅茶のフレンチトーストも買ったのですが、お店の前でひと口、二口とかじっているうちに、写真を取る暇もなく、全部食べてしまったのでした。

 

シャリシャリした食感のミルククリーム、紅茶の香りのプリンとしたトースト、運動した体には、沁みわたるように美味しかったなぁ ウマッ 

 

B食店情報
・店名 : パン工房 ラパン ブラン -Lapin Blanc-(ぱんこうぼう らぱん ぶらん)
・ジャンル : スイーツ-パン
・住所 : 千葉県松戸市二十世紀が丘戸山町94
・TEL : 047-391-9507
・営業時間 : 8:00〜19:00ぐらい(パン売り切れ次第終了)
・定休日 : 月曜日、第一、第三日曜日
B食店ページへ

2011年4月10日(日曜日)
[ 10:28 ] [ 旅たび ]
   
 

桜が咲き、気候もよい日曜日、久しぶりに手賀沼まで、自転車旅行に出かけることにしました。

 

 

 

江戸川の千葉県側の土手は、どこまでも続く菜の花ロード。

 

2キロ以上にわたって、道の両側が菜の花に埋め尽くされ、こんな見事な花の道を見たのは、初めてです キラキラ 

 

交通の便があまり良くないので、人も少ないようですが、これは超!穴場です!

 

 

 

柏市のあけぼの山農業公園は、桜とチューリップが咲き、ものすごい人出。

 

ここで、軽く食事をと思っていましたが、あまりに人が多いで、出発と思った矢先、いきなり自転車のタイヤがパンク!

 

鉄夫くんに手伝ってもらって、初めてのタイヤチューブ交換です。

 

 

 

自分で直した自転車は何だか信用できなかったけれど、無事手賀沼に到着。

 

少々天気は良くないですが、こちらも以前に来た時と違って、沢山の人が、散歩や釣りに訪れています。

 

 

 

今日のお昼は、話のタネに、一度は入ってみようと思っていた、「手賀沼フィッシングセンター」のレストラン「若あゆ」。

 

何といっても、気になるのは、「スッポン麺」 笑

 

 

 

これが、そのスッポン麺、上に載っている、シイタケのように見えるのが、スッポンのお肉です。

 

澄んだスープの味はとてもあっさり、麺は柔らかく、ちょっと素麺のような感じです。

 

出汁の効いた塩味の麺で、とてもすっきりしているので、スッポンと聞いて引く人でも、全然気にならずにいただけるんじゃないでしょうか。

 

 

 

こちらは、鉄夫くんの頼んだ、「ニジマスの塩焼き定食」。

 

大きなニジマスは、ジューシーで身も厚く、臭みもなくて、意外に美味しいお魚でした。

 

帰り道は、松戸の八柱霊園脇を1キロ以上続く、桜のトンネルを抜けて帰ります。

 

春爛漫、いろいろなことがあっても、春は来て、花は咲くものなんですね。

 

   
 

いつもランニングの途中に通る歩道橋に、こんな看板が。

 

 

何々、義援試飲会として、東北地方の銘酒を参加費100円でいだたける? 

 

という訳で、歩道橋の下を、のぞいてみると・・・ 

 

 

 

多数の日本酒、焼酎、その上常陸野ネストビールまで取り扱っている酒屋さん、『いそかわ』さんが開催するのですね。

 

こちらは、綾瀬のはずれと場所が分かりにくいところにあるお店ですが、季節ごとにいろいろな試飲を行っている、意欲的な酒屋さん。

 

 

 

今回の震災に対し、何かしたいという思いは、皆同じ。

 

それぞれにできることを、それぞれの方法で、お酒好きさんは、飲んで東北の酒蔵を支えましょう!

 

4/9(土)、10(日)と試飲会を開催されるそうなので、お時間のある方はぜひ行ってみてくださいね。

 

YouTubeで、『被災地岩手から「お花見」のお願い』という動画も掲載されているので、こちらを見てから行くと、お酒の味もひとしおかと思います。

B食店情報
・店名 : 磯川酒店(いそかわさけてん)
・ジャンル : テイクアウト・お取り寄せ
・住所 : 東京都足立区綾瀬1-34-3
・TEL : 03-3602-2665
・最寄り駅 : 綾瀬
・キーワード : 日本酒/焼酎/常陸野ネストビール
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ