記事
[ 総記事数:146件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2005年8月31日(水曜日)
[ 00:26 ] [ ノンジャンル ]
   
鳥取出張の最終日、まちづくりに頑張っている地域を2カ所歩いてきました。そのうち、二つめが鳥取市鹿野町。去年合併されて鳥取になりましたが、もともとは鳥取とは独立した城下町です。

そこの町おこしの拠点が、鹿野そば道場。もと町営で、いまは公社の運営になっている施設です。休耕田の有効利用で始まった蕎麦の栽培が順調で、鹿野産の蕎麦粉100%の十割蕎麦を打てる観光施設を作ったのだそうです。
やはり地元産の山芋をつなぎにするので、粉は蕎麦粉十割でも、素人でも何とかつながって蕎麦になるという仕組みなんですね。
ベテランのお姐さま(おそらく70代少し手前)のご指導のもと、素直に指導に従いながら粉を混ぜ、こね、延ばし、切り、と順調に進み、無事蕎麦になりました。
最初の段階でうまく力が抜けていたのが良かったのか、結構蕎麦らしい蕎麦になって、制作開始から1時間半で、ゆであがった自作の蕎麦を口にすることができました。
太さが不揃いになってしまったのが心残りでしたが、やはり自作の蕎麦は別格ですね。
B食店情報
・店名 : 鹿野そば道場(しかのそばどうじょう)
・ジャンル : 和食-うどん・そば・麺類
・住所 : 鳥取県鳥取市鹿野町
・TEL : 0120135228
・キーワード : 自前の手打ち蕎麦
B食店ページへ

2005年8月26日(金曜日)
[ 20:20 ] [ 記憶の中の食事 ]
   
今日の夕食は、特急スーパーはくとにて。
鳥取の蟹酢は結構甘口でした。そういえば関西では蟹酢には砂糖も入れて甘口だったことを思い出しました。同じような駅弁の蟹寿司でも、北海道のものなどは甘みはあまりなく、酢の味が強いですね。

こういう繊細な系統の味には、ビールも一番搾り、というのが趣味です。

(携帯からの投稿で、写真がタテになっていたので修正し、ついでに加筆しました)
2005年8月23日(火曜日)
   
韓国のビールは、老舗のOBラガー、最近は主流のHITE、OBラガーの会社が出していて、逆転してしまったCassあたりが主だったところのようです。個人的にはOBラガーが一番好きなのですが、徐々に衰退しているのか、今年はついに一度も見かけませんでした。2002年以来縁あって毎年韓国には行っていますが、最初の頃はそこそこ見かけたような記憶があるのですが・・・。今回行ってみて、HITEのシェアが随分大きくなっているような印象でした。

韓国ビールの味は、日本のビールが少しアメリカナイズされた感じ、という印象です。OBラガーがキリンラガーを少し薄くした感じ、HITEはもっと苦みがなく、ちょっと独特のクセがあります。でも、やはり飲みやすい。Cassはひたすらキレと喉ごしの爽やかさだけを強調した感じの味。

日本のビールの中でも、サッポロ黒ラベルかエビスを好む私にとっては、韓国ビールの味の目指すところは正直言っていまひとつ、という感じもするのですが、最近韓国の若者はCassを一番好んでいるという話にはナットクという感じです。たしかに、爽やかで邪魔にならない味には、一定の魅力があります。

とはいえ、日本のビールに慣れていると、どこか物足りないという感覚はどうしても残ります。そう思っているのは日本人だけではないようで、地元のお客さんが多いような居酒屋でも、サッポロの黒ラベル、アサヒスーパードライ、バドワイザーあたりを置いている店は多いようです。バドワイザーは韓国産並の値段、サッポロとアサヒが2割程高い、というのが面白いところです。
2005年8月22日(月曜日)
[ 00:49 ] [ 旅の食事 ]
   
日韓交流のフォーラムに参加するために、金曜からソウルに来ています。金曜夜のレセプションから始まって、日曜の夕方までビルのホールとセミナー室に缶詰でしたが、終わった後、夕方からソウルから一番近い非武装地帯(DMZ)まで見学に行ってきました。

イムジン川のほとりの、川を渡る鉄道の鉄橋がある場所で、鉄条網と見張りの兵士が醸し出す緊張感と、北を望む場所に建てられた「望郷の碑」などには、さまざまな思いが感じ取れる場所でした。

とはいえ、そこで平和と統一を祈って花火大会や野外コンサートをやろう、というのが現代の韓国。大勢の家族連れが、ピクニックのような雰囲気で来られていたのが印象的でした。今日は午後8時からベートーベンの第九の第四楽章が演奏され、芝生に座って聴いてきました。これは、ドイツの統一の際にも演奏された曲でしたね。

演奏が始まる前に、DMZの展望台の下にある食堂で参鶏湯をいただきました。疲れが癒されるような味わいでした。

ちなみに、階下にはファミマが入っていました。韓国でもコンビニは完全に定着しているという印象でした。
2005年8月17日(水曜日)
[ 22:59 ] [ ノンジャンル ]
   
これが出来る日がきたら、晴れてPIMM’sを飲めるのだけど、早く帰れる日と休みの日は雷雨ばかり…
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ