記事
[ 総記事数:146件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2004年11月29日(月曜日)
   
北の国からは雪便りも聞こえてきますが、ビールの方もそろそろ秋から冬へと衣替えのようです。秋のメニューには「キリン秋味」がなかなかよいバランスで、しばらく自宅の冷蔵庫に常備しておりました。これから鍋の季節、今年の冬季限定のビール、どんなものが出てくるんでしょうか。

とりあえず、冬のビールに望むタイプは二つ。
・あまり冷やさずに、香りを楽しみつつコクと味の厚みを楽しめるエールタイプのビール
・腹の底から暖まる鍋をつつきながら、時々舌に残る味わいをリセットしながらいただける、キリッとしたタイプ

どちらもおススメがあったら教えてください。
2004年11月28日(日曜日)
[ 21:54 ] [ おいしい食べ物 ]
   
学生街の雰囲気が濃く、新しいタイプのエスニック料理の店もどんどん入ってくる江古田の町ですが、そのなかに日本で唯一(?)というイスラエル料理のお店があります。
食べ放題のお勧めコースで2100円と手頃ですが、おかわりをするまでもなく、食べきれないくらいずらりと料理が並びます。

内容はこの間から話題になっている「東地中海料理」の一種というところで、豆やオリーブオイルを使ったペースト、カバブなどが中心。パンはギリシアにもあるピタのタイプ。なぜかベリーダンスのショウもあるそうです(あれって、アラブ文化だと思っていましたが、本当のところどうなんだろう)。

味の方は、トルコ料理、レバノン料理などが好きな人にとっては、かなりお勧めの部類ではないかと思います。食べきれないなどといっておきながら、ひよこ豆のペーストはお代わりしてしまいました。

B食店情報
・店名 : シャマイム(しゃまいむ)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 東京都練馬区栄町4-11 アートビル 2F
・TEL : 03-3948-5333
・キーワード : 東地中海
B食店ページへ

2004年11月27日(土曜日)
[ 23:23 ] [ おいしい食べ物 ]
   
[関連したBlog]
ボルシチといえば、渋谷道玄坂の、BUNKAMURAの脇の坂道を少し登りかけたところにある「サモワール」。蔦の絡まる店構えは心地よく古びて落ち着いた雰囲気で、ロシア文学などが輝いていた時代から続いているというのがよくわかります。もう数年行っていないのですが、シアター・コクーンでの観劇や、オーチャード・ホールでのコンサートの後には、落ち着いて語り合いながら暖まる料理を食べられる、いい場所ですよ。
B食店情報
・店名 : サモワール(さもわーる)
・ジャンル : 欧風料理-その他
・住所 : 東京都渋谷区道玄坂2-22-5
・TEL : 03-3462-0648
・キーワード : ロシア料理の老舗
B食店ページへ

2004年11月26日(金曜日)
[ 01:25 ] [ おいしい食べ物 ]
   
[関連したBlog]
インド料理系といえば、東京で気に入っていたのは、江古田のネパール料理店「アンナプルナ」だったのですが、オーナー一家が帰国されて閉店。
その跡に「スワタントラ」という、やはりネパール料理店が出来ていて、評判も良いようです。残念ながらお店が替わってからはまだ行ったことがありませんので、お勧めできるかどうかは、わかりません。
http://www.geocities.jp/swatanjp/home.html

有名店で、時々ランチを食べに行くのは、麹町のアジャンタです。最近リニューアルしましたが、味は変わらず。
http://www.ajanta.com/


こういう、ネパール料理、インド料理などとしてのカレーではなく、純然たる日本食としての「旨いカレーライス」路線で好きなのは、パク森。ドライカレーと、普通のカレーが重なり合う独特の食感が気に入っています。
http://gourmet.yahoo.co.jp/gourmet/restaurant/Kanto/Tokyo/guide/0203/P014906.html

ヨーロッパには存在しない、「欧風カレー」としては、「ノールド九段」。野菜カレーが好みです。
http://www.gnet-chiyoda.ne.jp/shop_hp/nord_kdn.html
2004年11月24日(水曜日)
[ 19:30 ] [ おいしい食べ物 ]
   
[麻婆豆腐の女房]
水曜の午後イチは池袋で仕事。blogで四川飯店の麻婆豆腐の話題が出ていて食べたくなったので、今日の昼食は東武デパートの14階にある四川飯店の池袋店で麻婆豆腐ランチにしました。四川飯店の麻婆豆腐はかなり前に本店で食べて以来。

激辛というわけではなく、適度の辛さのようでいて、徐々に汗が出てきて、内側から暖まる感じ。豆腐はなめらかで、辛さと良くバランスしています。正直に言うと、私の好みでは、豆腐はもう少し火が通って堅くてもいい感じですが。
本格的だけれど日本人の味覚にも配慮しながら長年かけて出来上がってきた麻婆豆腐というところでしょうか。

蟹と春雨のスープが、辛さに一休みを与えてくれて、良い取り合わせでした。
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ