記事
[ 総記事数:2728件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2017年1月31日(火曜日)
   

食感トロッと滑らかで濃厚な味わいのブレンズ(脳)が美味い♪w

。。。ってなわけで、この日は

冒頭のブレンズ&食感プリッと甘〜いレバーに


それぞれ食感や味わいは違えど、いずれもジューシィに肉汁滴る上タン&カシラ!

そして、クニュッと肉厚な身にサラッと辛口なタレが絡むテッポウと

カリッと焼いたバゲットを従えて登場の「スジ肉の赤ワイン煮込みなどツマミつつ
ひたすらビールをグビグビッと!w
   
因みに、今回
手もとのメニューから一通り串のオーダーを飛ばした後にカウンター対面の黒板を見てみたら
限定のブレンズ串には味付けのバリエーションも色々あるっぽいんで
次回は「バター正油」狙いかなw

もつやきはるホルモン / 千石駅巣鴨駅駒込駅



2017年1月30日(月曜日)
   
高田馬場駅を駅前ロータリー側に出て早稲田通りをチョイと進んだ先
通り沿いの雑居ビル3Fに店を構えるミャンマー料理「MINGALABA(ミンガラバー)」にて

見開きで掲載の煮込み・カレー類のリストのほか
ダンパウ(ミャンマー風炊き込みご飯)や「本日の麺」は写真付きで載ってるランチメニューから
マトンのスパイシー煮込み(セイッターヒン)をオーダー!

で、若干の待ち時間の後に運ばれてきたコチラ
スパイス使いが独特でチョイと油が多めという印象ながら
セミドライタイプのマトンカレー的な味わいの「セイッターヒン」がイイネ!

&サラダ、豆スープ、ライスが付いて
ネパール定食のダルバートを彷彿とさせるランチセットに

途中、卓上の辛味調味料(唐辛子入りの酢&ナンプラー)など垂らしてみたりしつつ
ガッツリ完食〜
 

ミンガラバー東南アジア料理(その他) / 高田馬場駅西早稲田駅学習院下駅




B食店情報
・店名 : MINGALABA(みんがらばー)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 東京都新宿区高田馬場2-14-8 NTビル3F
・TEL : 03-3200-6961
・営業時間 : 11:00?0:00
・定休日 : 不定旧
・最寄り駅 : 高田馬場
・キーワード : 美味しいミャンマー料理
B食店ページへ

2017年1月29日(日曜日)
   
@新橋「城喜元」にて

プックリ大粒な牡蠣がゴロゴロてんこ盛りなのはモチロン
一緒に蒸し上げた豆腐、油揚、青菜も店主まっちゃん謹製の自家製ポン酢で美味しく堪能出来る
「蒸し牡蠣ポン酢」がタマラン♪


続いて、揚げ物系で
大粒な殻付きホタテに舞茸や南瓜も盛り込まれたホタテ野菜天
&一緒に揚げたホクホクなジャガイモも美味い海老天カレー塩に


城喜元二大煮込みの牛スジ&牛モツ!

そして、イカオニオン炒めと

   
普段、刺身は三点盛850円で好きなネタを選ぶのが定番のところ
とある日のメニューに「ウマヅラ姿のお刺身600円」なんてのをみつけちゃったら
とりあえずソレいっとくっきゃないっしょ!


ってなわけで
大振りな魚体から切り出された淡白な味わいの刺身はモチロン
醤油や自家製ボン酢を肝醤油・肝ボン酢化するだけではとても消費しきれない
山盛りな肝の存在感も際立つウマヅラに
プリッとトロッと鱈白子もオマケしてくれたコチラの一皿も美味しく堪能しつつ
   
   
いつもの定番酒に加え
今月は、この辺の顔ぶれでキューッと一献♪


[ 11:36 ] [ 大井町 ]
   
大井町駅東口から至近の昭和な雰囲気漂う飲み屋街「東小路」に店を構える
立ち呑み焼き鳥「鳥たか」にて

ほぼ満席状態だったカウンターのみの店内で、なんとか入口付近に陣取り


プリっとトロッとベリーレアな「白レバ」に

ムチムチっと弾力ある身に齧りつけば肉汁溢れる「丸ハツ」と

粗挽きな鳥ミンチの食感が肉肉しいジューシィな「つくね」!

そして、定番のネギマ&変わり種のおくら肉巻きと
一本130円〜200円程度の焼き鳥ラインナップから気になった串をチョイチョイつまみつつ
生ビールをグビグビッと♪
次回は、白レバーオイル漬etc、焼き鳥以外のメニューも気になるトコロ

鳥たか焼き鳥 / 大井町駅鮫洲駅青物横丁駅



2017年1月28日(土曜日)
   
メトロ・JR各線の神田駅から徒歩一分の好立地に店を構える
「神田厨房」にて

入口入ってすぐのトコに設置の食券機で
「四川省成都式しびれ汁なし担々麺」&「まくり販」とやらをポチッと購入した後
食券を手渡す際に3段階で指定できる麻(花椒の痺れ)&辣(唐辛子の辛味)は
いずれも「3」指定で待つこと暫し


カウンター越しに手渡された段階では
挽肉・青菜・もやしが麺の上に盛り付けられたおとなしいルックスで登場の丼の中身を
「漢源花椒」他、使用している調味料にも並々ならぬ拘りがあるらしい
麻辣なタレが仕込まれた底のほうからしっかり混ぜっ返し
なかなか極悪な色味に染まった麺をスルスルッと堪能した後

丼の中に傍らの「まくり飯」をドスンとぶち込み
余った肉味噌と混ぜてキレイに平らげ、ご馳走様!

次回は、「四川省重慶式陳麻婆豆腐ごはんセット」とやらも気になるところだけど
今回の担々麺と違って麻・辣のレベル指定が出来なそうなのはチト残念かなw

神田厨房担々麺 / 神田駅淡路町駅岩本町駅



前のページ | B食LOGトップ | 次のページ