記事
[ 総記事数:2540件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2016年2月29日(月曜日)
[ 23:33 ] [ 谷根千/日暮里 ]
   
@日暮里「真面目焼鳥 助平」にてw

4年に一度、2月の肉の日な今宵は

   
トロッとレアレアな仕上がりの血肝(レバー)タレ焼きに
コリコリな砂肝&希少部位のハツ元(レバーとハツを繋ぐ部位)と、鶏ホルモン各種からの
   
トッピングの山ワサビ(ホースラディッシュ)の辛味がツーンと鼻に抜ける「なみだ焼き」
&ジュワッと肉汁溢れる「かしわ」
   
そして、食感が独特な首肉「せせり」&シンプルに塩味で楽しむ「つくね」と
いずれも味付け(塩orタレ)は「おまかせ」でオーダーした焼鳥を肴に

時々、お通しのシラス鬼おろしにも箸を伸ばしつつ、通称「赤星」ことサッポロラガーがススム〜♪

次回は、ふりそで(手羽と胸肉の繋ぎ)/かっぱ(胸軟骨/やげん)/はらみ(横隔膜周り)etc
この店初訪な今回、食べてない部位を中心に攻めてみようかなw

真面目焼鳥 助平焼き鳥 / 日暮里駅西日暮里駅三河島駅


2016年2月28日(日曜日)
   
@稲荷町「bonobo」にて

表題の色鮮やかな具材とパスタを唐辛子の辛味&ガーリックの風味を効かせたオイルで絡めた
具だくさんなペペロンチーノに

ミニサラダがセットでBランチ800円!

先日のトマトソース系に続いて、今回のオイル系パスタもバッチリ旨かったものの
いかにも昼ワイン誘発仕様な「前菜の盛合せとフォカッチャ」セットが
いつのまにかランチメニューから姿を消してしまったのはチト残念w
   
。。。ってなわけで
この日の一軒目は、錦糸町北口の大通りから一本入った先にある
“Venu’s South Indian Dining"で、南インドなランチブッフェ!


で、早速皿に盛ってきた料理は
写真右手前から、鯵のミーンコランブ/マトンとジャガイモのクルマ
ロビア豆とパラク(ほうれん草)のカレー/野菜色々放り込んだクートゥと
一巡目から4種全部持ってきたカレーをライス(残念ながら日本米)に合わせて堪能しつつ

二巡目は、ノンヴェジカレー2種とチャパティ&サラダに
撮り忘れたラスト三巡目!ミーンコランブ/ロビアパラク/クートゥでライス掻っ込んで〆〜

そして
飯食った後は、腹ごなしにチョイと押上方面へ歩いて

現在、資生堂のシャンプーTSUBAKIとコラボ中につき
外装/内装ともエライことになってる温泉銭湯「大黒湯」でひとっ風呂浴びて帰途へw

ヴェヌス サウス インディアン ダイニングインド料理 / 錦糸町駅


[ 11:07 ] [ 飯田橋/神楽坂 ]
   
Bistroひつじや代々木店の各国レシピな羊料理も
おいしいカレー工房ひつじや日比谷店のカレーも
一店で両方楽しめる「おいしいカレー工房ひつじや飯田橋店」にて

まずは、ラム薄切レアステーキ Sサイズ610円を肴に
ひつじや全店共通「ビールとワインは原価+100円サービス!」ルールの下
中瓶サイズで380円と格安なキリンハートランドビールを傾けつつ

メニューの注釈によれば「インド4つ星ホテルのコック、Mr.アヤパンのマトン料理」だという
スライストマト&ポテトの上にスパイシーな羊煮込みを重ねた「マトンアサド」×2と
南インド風チキンキーマカレー、ナン、ライス、ミニサラダがワンプレートに盛り込まれた
マトンアサドセットで〆〜

おいしいカレー工房 ひつじや 飯田橋店インド料理 / 飯田橋駅九段下駅牛込神楽坂駅


2016年2月27日(土曜日)
[ 23:55 ] [ 浅草 ]
   
TX浅草駅近くの穴子料理&九州・大分料理の店「あな太あな太朗」にて

提供前に表面をバーナーでサッと炙った食感フワッと柔らかな煮穴子を丼飯の上に敷き
仕上げに上から刻み海苔を散らした穴子丼が旨い♪

+別添の山葵&ガリに豚汁/漬物/サラダが付いて、ランチの穴子丼ジャスト1,000円!

因みに
同店のランチメニューは、今回食べた穴子丼&上位互換な穴子重1,900円の他
「とり天」やら「チキン南蛮」やら九州の名物料理をメインに据えて
いずれも750円な定食ラインナップも用意されており、コチラも気になるトコロ

あな太朗郷土料理(その他) / 浅草駅(つくばEXP)田原町駅浅草駅(東武・都営・メトロ)


前のページ | B食LOGトップ | 次のページ