記事
[ 総記事数:2667件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2014年6月29日(日曜日)
   
@「香家 三田店」にて

マイルドな芝麻醤の味わいがベースのスープに唐辛子、青花椒で麻辣な風味を加え

汁無しのときの縮れ麺とは違い、細ストレート麺を合わせた青鬼・担々麺!

+水餃子とライス、デザートの杏仁豆腐が付いて、青鬼Men’s set@1,030円♪

今回、同店の汁有り担々麺「鬼」シリーズは初の為
とりあえずノーマルな辛さで試してみようかと、特に辛味追加は無しでオーダーしてみたところ
青花椒由来の鮮烈な麻の主張は結構強いものの、唐辛子の辣はチト物足りない感じだったんで

次回は追加で青唐辛子散らしてもらって
麻辣ならぬ、麻辣辣くらいのスペックで試してみようかなw
   
毎度、料理のラインナップが手広い「城喜元」@新橋にて

まずは
同店定番の3点盛@¥850な刺身メニューから何点かピックアップすると

今の時期は脂ノリノリでトロットロ♪表題の入梅イワシに

コチラもまさに今が旬なアジ、メジマグロ(本マグロの子供)も脂乗ってて旨かった〜

続いて
単品メニュー系では

串カツ(豚ヒレ+ネギ)3本&うずら卵1本の計4本をサクッと軽〜い衣で仕上げた
表題の串カツに
入荷してる日は、ついついオーダーしてしまうプックリ大粒な真牡蠣トリプル!

そして、同店定番の揚げたてフワッフワな自家製さつま揚げに

コチラは新顔の「ハマグリ醤油漬」なる日本酒キラーも加わり
今宵も酒がトマラナイ!w
   
@千石「グリルK」にて

この日は、久々に「讃岐饂飩 元喜」でうどんでも食おうかな〜と思いきや
ふと白山通り沿いに目をやると
いつも混み混みなイメージの「グリルK」の店頭待ちが1名のみだったんで急遽行き先変更!w
店頭でオーダーを訊かれた後、程無く店内に通され
アツアツの鉄板の上でジュージューいってる1ポンド(450g)ハンバーグがドカンと登場!!

ココのハンバーグは
捏ねて俵型に整形したステーキ肉ミンチの表面を炭火で香ばしく炙った後
提供時には、アツアツに熱した鉄板の上で半分に切り分けられ
断面を鉄板に押し付けて中まで火を通していくスタイル故
レアから徐々に火が入っていく様子を楽しめるのがイイネ!

ミンチ自体にも塩/胡椒/ナツメグ辺りで味付けされてるんで
まずは、レアで肉汁満載なトコロを何もかけずにそのまま2〜3切れ味わった後
ニンニクを醤油/コニャック/赤ワインで漬け込んだニンニク醤油ソースをジュワッと!
鉄板から立ち上る焦がし醤油とニンニクのイイ香りに食欲を刺激され
セットのライス共々、タップリ450gの肉塊をぺろりと完食〜

+ ハンバーグ前にサラダと冷製コーンポタージュ(or 温野菜スープ)が付いて
炭火焼ハンバーグランチ “Pound"@¥2,400!
   

グリルKハンバーグ / 千石駅巣鴨駅駒込駅


2014年6月28日(土曜日)
   
@このところチョイチョイ顔出してる本蓮沼「AK Corner」にて

現在、同店ではW杯に因んでブラジルフェア開催中につき

豚耳/シッポに渦巻きソーセージ「リングイッサ」etc
いろんな肉を細かく刻み、黒インゲン豆と一緒にじっくりコトコト
真っ黒な煮込みをご飯にぶっかけ、キャッサバ粉をまぶしながら食べる「フェイジョアーダ」に

ほんのり酸味があり筍のような食感の椰子の新芽「パルミット」といった
地球の裏側の国の料理に手を出してみる一方で

イサーン仕込みの激辛ソムタム(青パパイヤサラダ/辛さは好みで調整可能)やら

隙間に肉もタップリついてるヤゲン軟骨とセロリを強火でサッと炒め
フワッとナンプラーが香るタイテイストに仕上げた店主オリジナルレシピ
「セロリとヤゲンのナンプラー炒め」やら
   
同店定番の各種エスニック料理も肴に、樽生ヱビスがススム〜

そういえば、とある日の黒板メニューで
「パッカナー」(なんと店主自家栽培のカイラン菜使用!)も気になったものの
残念ながら入店時点で既に売り切れ(初回収穫分が全て終了)orz
現在、第二弾を絶賛栽培中らしいんで、次回収穫時には是非食べてみたいトコロ
B食店情報
・店名 : エイケイコーナー(エイケイコーナー)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 東京都板橋区宮本町55-3
・TEL : 080-4771-7961
・URL : http://akcorner.jimdo.com/
・営業時間 : 11:00〜14:00/17:00〜23:00
・定休日 : 日祝
・最寄り駅 : 板橋本町
・キーワード : 手作り
・友人・同僚 / デート / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

[ 15:29 ] [ 板橋/新板橋 ]
   
その他諸々
馬の各部位の刺身/炙りに冷しゃぶなんてのも含め
串単位で手軽にオーダー可能な「馬の串ん」@板橋本町にて

同店のウリの「串」メニューから表題の刺身串に
単品の「馬肉料理」メニューから「馬肉の筋モツ煮込み」をオーダー!

赤身馬刺とコウネが交互に串刺しされた「コウネと赤身の串」@¥160と
一見、「霜降り」って程のサシは入っていないものの脂の甘味はそこそこ感じられる
「霜降り馬刺し串」@¥160は、九州辺りで馬刺し食うとき定番の甘口醤油で!

続いて、馬レバ独特のコリコリッとした食感は顕在だけど
鮮度的には「超新鮮!」ってワケでも無いらしく、後味に若干苦味/臭味が残るのがチト残念
「生レバーの串」@¥220は、胡麻油/生姜/青葱で!
それぞれ堪能しつつ

てんこ盛りな青葱の下には、柔らかく煮込まれた馬スジ/馬モツの他
その旨味をタップリ吸ってるサトイモ。ゴボウ、大根、ニンジン、キノコetc野菜も満載!
「馬肉の筋モツ煮込み」@¥380にも箸を伸ばして
生ビールがススム〜♪

初訪の今回は、仕入れの関係で「半焼きハツ串」にありつけなかったのが無念なのと
現在試作中らしい「生つくね」とやらのメニュー化予告も気になるんで
次回再訪時は、この辺りを中心に攻めてみようかなw


馬の串ん馬肉料理 / 板橋駅新板橋駅下板橋駅


前のページ | B食LOGトップ | 次のページ