記事
[ 総記事数:2542件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2013年9月29日(日曜日)
[ 23:15 ] [ 西台/蓮根 ]
   

メインのラーメンより
ミャンマー出身の店主が作るサイドメニューのほうが気になる「めぐり家族」@蓮根にてw

まずは、玉子焼き「バンディ風味」
これにはネギ・鶏挽肉の他
ミャンマーならではの食材で一年間発酵させたメンマが入ってるってウワサを聞いてたんで
そのクセの強さを楽しみにしてたのに、塩味強めのネギ肉玉子焼?って感じの味わいでチト残念
もしかしたら、日本人向けに当初より発酵メンマの使用量をザックリ減らしてしまったのかな
因みに、バンディってのは中国系イスラム教徒のことを指し
まさに、この店の店主が「バンディ」な為、ラーメンのスープ、チャーシュー
その他サイドメニュー含め、豚は一切不使用だそうな

続いて、ビールのツマミと〆も兼ねて新潟米麺焼とかもオーダーしてみたところ
平打ち米麺と鶏、野菜を炒め合わせ同店のウリの鶏白湯ベースで仕上げた塩焼きそば
+トッピングのカリッカリな小海老の風味で味は良いんだけど
最初のツマミ+ビールで膨らんだ腹にはボリュームありすぎなのが難w

そして、後日

この日のオーダーは、チキン茄子炒め「タイ風」
グリーンカレーペーストで鶏・茄子・木耳・他諸々の野菜を炒め合わせた後
ココナッツミルク、の代わりにトロッと濃厚な同店の鶏白湯で仕上げてある一皿
コイツに合わせるのは、やっぱ白飯でしょ!ってことで、ライスも注文してみたんだが

前回のヤキソバ同様、ボリュームがハンパねぇ!
丼にギュッと詰め込まれたライスを食べきる頃には、すっかり腹パンパンっす

これは「ライス」じゃなく「半ライス」のチョイスが正解だったか?w

さらに、また後日
この日の目当ては激辛とウワサの坦々麺!
。。。といっても、一般的な胡麻風味濃厚タイプでも四川式の花椒ビリビリタイプでもなく

真っ赤なスープに玉子でとじた挽き肉が浮いてる
川崎辺りのローカルフード?ニュータンタンメンタイプなんですがねw
大・中・小と選べる辛さをモチロン「大」でオーダーしてみたものの
唐辛子の辣はさほどではなく、何よりデフォルトで大量投入されてるニンニクの風味が強烈!

ココの鶏白湯って、そのままだとチト鶏臭さが気になるタイプで化調もそれなりに効いてるので、
ラーメンにするなら今回みたく思いっきりジャンクな食べ方が個人的には吉かなw
   

この日のメニューには鯵もあったんで、光モノ3点盛りってのも一瞬頭をよぎったものの
軽〜く〆たコハダ、脂ノリノリなサンマ、ねっとり旨味が濃いマグロがウマイ!

そして、また別の日には真鯛炙り&太刀魚タタキの炙りコンビに
わりとあっさりとした味わいのショゴ(カンパチの幼魚)を合わせてみたり

立派なサイズの秋イサキの尾頭付きに秋刀魚とマグロを合わせてみたり
その日の入荷&チョイス次第で内容が変幻自在な刺身3点盛@¥780がイイネ!

さらに
いつも、とりあえず刺身に箸を伸ばしつつ
ビール片手にメニューを眺めてオーダーを飛ばす2品目の料理のほうも

肉厚で巨大な切身に脂ノリノリなメカジキトロステーキとか

プリップリな海老がゴロゴロ投入されてる海老ニラ玉とか

まるっと一匹甘辛く煮付けられたエボダイとか
これまた内容はその日の入荷次第ながら、酒がススム肴が満載過ぎてヤヴァイw

城喜元@新橋にて
   
9/21以降、改装工事のため一時閉店中の駿@新橋にて

閉店直前の週に食べた名物メニュー「トリッパのトマト煮」が旨い!
新装開店後は、座って飲める店へ業態変更してしまうらしいので
立ち飲み「駿」でのトリッパは、これが食べ納めかな
B食店情報
・店名 : 新橋 駿(しんばし しゅん)
・ジャンル : 居酒屋
・住所 : 東京都港区新橋3-11-5 新橋グランディアビル1F
・TEL : 03-6459-0115
・営業時間 : 11:00〜14:00、16:00〜23:30/土 16:00〜23:30
・定休日 : 日祝
・最寄り駅 : 新橋
・友人・同僚 / 一人
B食店ページへ

   
相変わらず古今東西和洋折衷なレシピが入り乱れてるTOKYO串BAR@新橋にてw
最近食べたものを挙げてみると

ヒラメのエスカルゴバターソテーに

昆布を敷いて酒蒸しした後、江戸時代の調味料「煎り酒」のジュレで味わうコショウダイ

湯剥きしたトマトをバジル風味のタレに漬け込んだ
その名も「超〜手の込んだ冷やしトマト」

ヒラメの肝をたたいてエンガワに和えた「ヒラメ珍味」

スペイン風のあっさりラタトゥイユ「ピスト」…etc
変わり種メニュー続々な一方で

定番の〆サバ炙り塩に

今回は、以前みたくチーズを仕込んだりデミソースを纏わせたりせず

肉汁タップリなビーフ100%で直球勝負の賄いメンチ!

そして、オールミートほどではないものの

分厚いチキンとタルタルのボリュームが胃袋を直撃するチキン南蛮もイイネ!

2013年9月28日(土曜日)
   
もちろんオクトーバーフェスト!

ってなわけで、ヴルストハウス@虎ノ門でも
今週からフェストビール入荷中と聞いて早速乗り込んでみたw

因みに、この日は
ちょうどMr.菊地が出来たての生ハム(=スペイン辺りの所謂「生ハム」とは違い
スモークの加減?でレアっぽく仕上けたタイプ)を届けに来ていたタイミングでの入店だったので

当日のメニューには無いお手製の生ハムを肴に
今回入荷のパウラナー、ハッカー・プショール、ホフブロイ、シュパーテン
4つの醸造所のフェストビールをグビグビッと♪

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ