記事
[ 総記事数:2728件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2013年6月30日(日曜日)
   
その店名は
本場四川では、担々麺が天秤棒で担いで売られていたことに由来するという
「てんびん」@西巣鴨にて、同店ウリの汁無し担々麺!

今回初訪だったにも関わらず花椒多めでお願いしてみたところ

程好く麻(痺れ)と辣(辛味)が効いてて
砕いたナッツの風味とかも香ばしい坦々麺を味わうことが出来たものの
個人的には、更にもうチョイ麻が強めなバージョンが好みなので
次回は「花椒マシマシ」とかオーダーしてみようかなw

因みに
ランチでは、+味玉or半ライスをサービスで付けてくれるんだが
卓上の高菜や自家製と思しきラー油を載っけてみたり
麺を食べた後の丼にチョコッと残る麻辣なゴマだれをぶっかけてみたり
ライスを選んどいたほうが色々楽しめるかとw

てんびんラーメン / 西巣鴨駅新庚申塚駅西ケ原四丁目駅


B食店情報
・店名 : てんびん(てんびん)
・ジャンル : 中華料理
・住所 : 東京都豊島区西巣鴨4-12-2 斗七ビル 1F
・TEL : 非公開
・定休日 : 日曜日
・最寄り駅 : 西巣鴨
・友人・同僚 / デート / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

[ 01:21 ] [ ノンジャンル ]
   

ふと、真っ赤なアイツに対する殺意が芽生えるほどw
この中華風味満載な漢字がキモチワルイ!

。。。ので
早速、そこらに転がってるフリーな代替品を拾ってきて
システムフォントをサクッと入れ替えてみたところ

ってかコレ
先日、root取った際やっておこうと思ってたのに、すっかり忘れとったわw
2013年6月26日(水曜日)
   
ってかさぁ
あの上州屋@新川崎ですら鯨竜田揚げといえば¥550でこのくらいの盛りなので
新橋でワンコインの鯨竜田揚げって聞いたら
良くて同程度 or それ以下のボリュームを想像するじゃないか

でも、城喜元では、この冗談みたいに爆盛な鯨が¥500ポッキリ! 且つ、モチロン美味♪

因みに
この日記、当初は「城喜元における¥1,200の破壊力」ってタイトルで書こうと思ってたほど

刺身3点盛(マグロ、コハダ、ムギイカ+オマケのエンペラ/ゲソ酢漬)¥780
+ 2個付けの兵庫産生牡蛎@¥420を一緒に盛り付けた大皿も圧巻だった!
実は、先日も内容的には同じ様なモン食ってるんで、そのボリューム感は経験済みなんだが
ワンプレートで出てくると見た目の迫力倍増やな〜w

   
。。。って、10枚綴りのビアチケットを買った場合の実質価格なんですがねw

通常価格1杯¥500のところ、こんなオトクなチケットがあると知ったらモチロン即購入!

で、肴の方は

ごく軽〜く酢〆した松輪サバを特製ゴマダレで味わってみたり

豚と大葉のミルフィーユカツに齧りついたりしつつ
早速ビアチケット5枚ほど消費して帰途へw

因みに
この日は、海が大シケで魚の入荷が少なかったらしく
入店時点で既に握り寿司売り切れだったのが超〜残念!

[ 21:39 ] [ ノンジャンル ]
   
先日、香港の怪しげなショップに真っ赤なXperia Proをオーダーしたところ
Googleアカウントの登録すら出来ない中国国内モデルを送りつけられ
とりあえず以前のスマホで使ってたソフトの移行で暫定対策して使い始めたわけだが
このところ雨降りな日が多い=生粋の雨嫌いなおいらとしては呑み歩かずに帰宅な日も微増w
。。。で、ヒマを持て余してたので

何はともあれrootを取って
   
システムをAuto-Magically?wにバックアップ/リストアできるCWMをX-Partsからサクッと導入
もし、この後の作業で何かシステムにとって致命的なファイルを誤って変更/削除してしまい
スマホがウンともスンとも言わない「文鎮」化してしまったとしても現状復帰可能にする為
システムバックアップを取得後
   
中華なパチモンPlayをはじめ、要らないシステムアプリをざっくざくアンインストールして
   
正規のGoogle PlayとGoogleアカウント登録に必要な関連アプリを一式導入

さらに
Power Togglesなるアプリで若干機能拡張してみた現在のホーム画面がコチラ
   
このスマホ、電源ボタンが非常〜に押しづらい位置にあるので
電源off/再起動をホーム画面上から直接実行出来る
画面左下に2つ並んだ丸いヤツが地味〜に便利だったりw

。。。と、この辺で調教編Part1は終了〜

To be continued…
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ