記事
[ 総記事数:2350件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2016年9月26日(月曜日)
   
@「パキスタン&インド料理シディークパレス 四谷麹町店」にて

同店初訪な今回のチョイスは
鉄板の上でヘラを使って肉を調理する音がそのまま料理名になったというコチラ

羊のハツ(心臓)、マメ(腎臓)、脳味噌、ラムチョップを鉄板の上でタカタカタカッと刻みつつ
濃厚なグレイビーと炒め合わせたMix Taka Takが旨い♪
+ カレーのお供にオーダーした全粒紛の風味豊かなインドの薄焼きパン「ロティ」もイイネ!

そして、肉の合間の箸休めにカチュンバルサラダもオーダーしといたところ
写真ではサイズ感がイマイチ伝わらないものの
胡瓜に大根、トマト、人参、紫玉葱、レタス、キャベツetc、角切野菜+αがドスンと盛り付けられ
@500円という価格設定のわりに大盤振る舞いな一皿の登場につき
タカタックとコイツを肴にラージサイズのプレモル樽生とか立て続けにグビグビいっちゃったら
流石に満腹、ご馳走様!w

因みに
同店の他のメニューに目を向けると

パキスタン料理と聞けば気になるニハリにハリーム、ビリヤニ辺りも当然の如くラインナップ!

ってなわけで、次回は平日夜に再訪かな〜w

シディークパレス 四谷麹町店インド料理 / 四ツ谷駅麹町駅半蔵門駅


2016年9月25日(日曜日)
   
@稲荷町「福寿」にて

大きな器にニラともやしが山のように盛り付けられ
その山のアチコチにレバーがボコボコ埋もれてるニラレバ炒め単品750円+ライス200円に

コチラも標高が高い豚キムチに千切りキャベツも盛りだくさんなサービス定食850円!

肉まみれだったり炭水化物まみれだったり
色々とインパクト絶大な品々が散見される同店において
とりあえず、この辺の定食食っとけば野菜不足とは無縁な生活が送れる?かなw
2016年9月24日(土曜日)
   
「エチオピア」や「鴻」といった有名カレー店が立ち並ぶ明大通り沿い
「小諸そば」隣の雑居ビル2Fに2016/8/23オープンの新店「ビストロべっぴん舎」にて

赤の薬膳&黒のカシミールのメインライン2種類+αな同店のカレーラインナップから
初訪の今回は、「赤のべっぴん薬膳カリー」を辛さ6でオーダー!

で、早速登場のコチラ


骨からスルッと外れるほど柔らかく煮込まれたチキンに
トマト、オクラ、茄子といった夏野菜も投入された辛さMAXの薬膳カレーは
最初こそタマネギの甘味にマスキングされているものの
後からジワジワ追いかけてくるタイプの辛味があり
香り華やかなカルダモンや生姜由来の爽やかな味わいもイイネ!
  
+ 付け合わせのマッシュポテト&オニオンピクルスに食後のデミタスコーヒーもセットで
赤のべっぴん薬膳カリー880円!

ビストロべっぴん舍カレー(その他) / 神保町駅新御茶ノ水駅小川町駅



[ 18:31 ] [ 板橋/新板橋 ]
   
三田線・新板橋駅から板橋区役所方面へチョイと歩いた先
旧店舗から中山道を挟んで斜向かいあたりの場所に
三年超の充電期間を経て復活の「破天荒」にて

。。。といっても、オイラが行ったのは
麺類メニューのみで営業中だった先週末のプレオープン期間中につき
正式にスタートを切った現在では、麺類+小丼のランチセットとかも始まってたり
既にメニュー体系が若干変更されてるらしいんだが
旧店舗の閉店間際に行って以来、ひっさびさに再訪な今回のオーダーは汁無し担々麺に決定!

で、早速登場のコチラ

丼の底のタレを麺に絡めながら、よ〜く全体を混ぜ合わせれば
辣油の辣(辛味)&やや控えめな花椒の麻(痺れ)の合間に黒胡麻の香ばしい風味もバッチリ!

途中、辣油やら黒酢やら卓上に並ぶ調味料も味変用に活用しつつ
紅く染まった中太縮れ麺をスルスルっと美味しく完食〜

破天荒四川料理 / 新板橋駅下板橋駅板橋区役所前駅


2016年9月22日(木曜日)
   
@仲御徒町「Little Saigon Kitchen 2」にて

まずは、なんか小魚の唐揚&干し海老トッピングなサラダに
野菜ジュース(or アイスジャスミンティー)と、前菜一式からの

ゴロゴロ盛り付けられた豚バラの合間にうずらの玉子の素揚げが覗く表題メニュー
「Com Thit Kho Tau」(ベトナム式豚と玉子の煮物)が登場!

マイルドな味付けで煮込まれたメインの一品には
先日のブン・ボー・フエと同様、辛味増しに「自家製スパイシーソース エビ」とやらをを絡めつつ
ガッツリ平らげて、「Com Thit Kho Tau」のランチセット税込1,080円!

次回は、満を持して?ベトナムカレーかな〜w


前のページ | B食LOGトップ | 次のページ