記事
[ 総記事数:3398件 ] [ RSS2.0 ]
2009年8月6日(木曜日)
[ 15:26 ] [ おいしい蕎麦屋 ]
   
 

昨日はちょっと、お蕎麦が食べたくて、ちょいと遠征(というか小遠征)。

 

そのお店は市内北西部に位置する石那田にある  

 

『そば処 石奈多』さんです。 


こちらのお店は、2008年の季刊誌のリラクの


『とちぎの山そば・街のそば』特集で紹介されてます。

 

 

 

 

 

このご主人はブログもやってらっしゃいまして 

 

帰り際に私のブログ名を聞かれてしまいました。 

 

 

新潟から移築されたという築150年の古民家で、高い天井や梁、 

 

太い柱が重厚さを感じさせます。 

 

 

 

 

 

座敷には囲炉裏もあり、冬場には温かみを味わえそうです。 

 

 

 

 

 

こちらのお品書きから、『ぶっかけそば』をお願いしました。 

 

暑いときには、やはりサッパリ系でいきたいですね。 

 

 

出来るまでの間、お部屋の散策をします。 

 

 

 

 

 

これ、昔のランプなんでしょうか?イメージ的にはそう見えますが。 



後ほどご主人より、これは『ハエ取りの器』 とのご報告を頂きました。(失礼しました) 

 

 

 

 

 

かなり古めかしい箪笥は骨董ものです。(もしかして江戸時代のもの?) 

 

 

 

 

 

半天ですが、コレ着て祭りに行くと目立つだろうな〜。 

 

 

さて、室内から外を眺めると、静寂とした庭木に鳴く蝉のなき声。 

 

それに風通しもがよく、扇風機だけで涼感が得られます。 

 

縁側で昼寝がしたい気分です。 

 

 

 

 

 

そこで、『ぶっかけそば』が登場です。 

 

 

 

 

 

トッピングには、きゅうり・ニンジン・カイワレ・天かす・大根・海苔と 

 

バラエティに富んでます。 

 

 

 

 

 

早速、かけ汁をかけて、かきまぜて頂きます。 

 

 

 

 

 

細かく切り揃えられたお蕎麦は、スルスル〜っと入っていきます。 

 

しっかりとした蕎麦の香りと、食感が感じられます。 


山葵も鼻にツ〜ンときました。

 

 

 

 

 

蕎麦湯は、やや濃厚で飲むだけで、健康&元気になりそう。 

 

蕎麦つゆを割りながら頂きます。香りもいいですね〜。 

 

 

隣のテーブルには常連さんと思われる2人のお客さん(芸術家風)が来ていて、 

 

昼間から冷酒の『飛露喜』 (ご主人お勧めの会津坂下の銘酒)と、 

 

このお店の名物である『出し巻き玉子』・『揚げ茄子』を食してまして、 

 

会話もはずんでましたね。 

 

 

 

 

 

こちら、ご主人の知人の方の『吹きガラス』の展示品。 

 

クリスタルが持つ涼しさが、夏の暑さを和らいでくれますね〜。 

 

 

 



そして再度、趣きのあるアングルで。



これぞ、『そば好きたちの隠れ家』にピッタリのお店かと思いました。



のんびりお蕎麦を食べたい方、是非こちらに来てみて


命の洗濯をされてはいかがでしょう♪。


(縁側での昼寝は無理かも?)


 


 

最後にオススメのお得メニューもチラリと紹介しちゃいましょう。



 



『蕎麦御前』、これで¥1200なんですね。


これ絶対お得です!

 

日光方面のお帰りにでも寄ってみては。 

 

B食店情報
・店名 : そば処 石奈多(そばどころ いしなだ)
・ジャンル : 和食-うどん・そば・麺類
・住所 : 栃木県宇都宮市石那田町1101
・TEL : 028-669-3033
・URL : http://www2.ocn.ne.jp/~ishinada/index.htm
・キーワード : 里山の古民家で美味しいお蕎麦を!
・友人・同僚 / デート / 接待 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ