記事
[ 総記事数:126件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2010年5月1日(土曜日)
[ 12:40 ] [ ソトメシ ]
   
GWに焼津に行ってきました。

仕事で焼津に滞在している友人が昼飯に連れて行ってくれたのが「小川港魚河岸食堂」。この日は休みなので漁はなかったですが、本来は近海の鮮魚が揚がる港のようです。

お昼時間帯に行くと行列が・・・。それでも並んでいると割と調子よく列が進んでいきます。

建物の中に入ると壁に食欲をそそる写真が見えます。これを見てどれを食べたいかを決め、食券を購入します。食券の自動販売機は2台ありますが、それぞれ売っている券が違うので、要注意。
私が頼んだのは番付では東の大関になる「駿河定食」。1500円と昼飯としてはいい値段ですが、十分満足のいくものでした。
刺身は鰹と鮪の2種類。個人的には鰹がよかったです。嬉しいのは醤油の小皿が2つ付いてくること。鮪のワサビ醤油と、鰹のしょうが醤油をそれぞれ味わうことができます。この辺はさすが焼津という感じ。
てんぷらは桜海老のかき揚げ。ちょうと駿河湾の漁期にあたるので、ラッキーでした。
さらに名物の黒はんぺんに、シラスまでついてきます。

この食堂は本来港で働く人の食堂でもあるので、まったく海鮮とは関係ない、カツカレーやしょうが焼きなどもあったりします。実はカツカレーもカツが揚げたてででてきたりして、美味しいとのことなので、魚に飽きた人にもお勧めです。
B食店情報
・店名 : 小川港魚河岸食堂(こがわこううおがししょくどう)
・ジャンル : その他
・住所 : 静岡県焼津市小川3392-9
・TEL : 054-624-6868
・URL : http://www.yaizu-uonaka.or.jp/shokudo/default.asp
B食店ページへ

2009年9月20日(日曜日)
[ 00:02 ] [ ソトメシ ]
   
ハワイ出張時のクレジットカード請求が来ました。それで思い出した(けどカードとは関係ない)話を一席。

ハワイへのフライトはJALでした。JALのハワイ線(往路だけ)では機内食をSoup Stock Tokyoとのコラボで提供していました。もちろん?そんなことは関係なくマイレージの関係でJALを選択したので、食事になって初めて知ったのですが。

メニューとしては夏野菜のカレーで、Soup Stock Tokyoとのコラボと聞いて(読んで?)、へえと思いつつも、10pm発のフライトで既に夕飯も食べているため、あまり食指は沸きません。それでもビールを飲んでいたので、つまみ代わりにちょっとつまんでみました。

すると・・・冷たいんですよ。それでも味はしっかりしていたので、私は「さすがSoup Stock Tokyo、夏だからビシソワーズみたいな冷たいカレーなんだ」と思いつつ、具とルーだけ結構頂きました。

で、後からWebで調べてみると、コラボについては書いてあり、確かにカレーの解説はあるものの、「冷たい」とは一言も書いてない・・・。要は単に加熱が不十分でしたというオチだったようです。まあサービスには期待してないからいいんだけど・・・

御飯まで全部食べたら、さすがに気がついたんだろうか?
2009年8月19日(水曜日)
[ 20:09 ] [ オサケ ]
   
ハワイへ行って来ました。仕事ですが(涙)。

ワイキキビーチが眼の前に見える会議室に缶詰になって、発表したり聴講したりというのは、精神的にいいのか悪いのか・・・

それはさておき、発表の終わった夜、一息つきに行ったのが「Yard House」。ハワイらしい店ではなく、全米チェーンの店ですが、なかなかよかったです。

何と言っても、まずビールの種類が多い、130種類以上!。
壁に並んだタップが壮観です(写真は手ぶれでイマイチですが)。このほかにもビンしかないビールもあります。

もう一つのここの名物は「Half yard」という大きなグラス。高さがhalf yard(15cmぐらい?)。見た目のインパクトほど量は入ってないです。写真の中身はGordon Biersch Hefeweizen。

ビール好きにはお勧めの店です。日本にもできないかな。
B食店情報
・店名 : Yard House(ヤードハウス)
・ジャンル : バー
・住所 : その他(海外)ホノルル、ハワイ
・TEL : +1-808-923-927
・URL : http://www.yardhouse.com/
・キーワード : ビール
・友人・同僚 / 宴会 / 一人
B食店ページへ

2009年5月24日(日曜日)
[ 18:39 ] [ イロイロ ]
   
 

教育テレビを見ていると、今まで見たことのない海外風の料理番組が流れていました。調べてみると「毎日がイタリアン」という番組で、やはり海外=food networkの番組でした。Youtubeで見つけたビデオ(違うエピソードだけど)はこちら。このジャーダさんはカリスマ料理研究家のようです。

番組で見たのは「ハニーレモンクリーム・フェットチーネ」で、甘いソースをパスタにかけてデザートとして食す、という衝撃的な料理でした。甘いソースのパスタというのは食べたことないですが、どんなものなんでしょうか? 

ボーっと見ていたので、レシピを確認しようとホームページを見ると「権利の都合によりレシピは掲載できません」とありました。番組の権利は日本国内だけなのにWebだと世界中からアクセスできてしまうからかな・・・と勝手に事情を推測してしまいます。 仕方がないので?、本家food networkのWebサイトで検索してみると、Sweet Fresh Fettucciniという名前でありました。

2009年4月11日(土曜日)
[ 22:00 ] [ ソトメシ ]
   
マイレージ使って九州へ行ってきました。主目的は国盗りなんですが、その合間に昼飯・夕飯とラーメンを食してきました。

まず昼食は博多ラーメン。事前の検索により選ばれたのは「元祖 長浜屋」。”ドアを開けてお店に入ると注文しなくても「一杯!」と店員さんの威勢のいい声がします“という記述に惹かれて行ってみると、平日の昼間というのに、行列ができてました。昼飯時にはちょっと早い(11:30頃)だったんですけど、この人気。家族連れあり、営業途中のサラリーマン(と思しき人)あり、バラエティ豊かな客層でした。

中は写真を撮る雰囲気ではないのですが、大き目のテーブルがいくつかある食堂的雰囲気。メニューはシンプルで、基本はラーメンだけで、あとは替え玉か替え肉だけです。僕はラーメンに替え肉でちょうどよかったです。

スープはとんこつコッテリかと思いきや、意外にさっぱりと食べれました。個人的には気に入りました。
博多から鹿児島に移動して、夜は鹿児島の「こむらさき食堂」で頂きました。独特なラーメンで、ラーメンというよりは中華料理のコースで最後に食べるような麺料理でした(超個人的な固定観念に基づく表現ですが・・・)。

塩味系のスープでシイタケや昆布だしも使っているようです。麺もかんすいなしで、ゆでて麺をどんぶりに入れたところにスープを注いでました。このあっさり系の麺とスープの取り合わせがよかったです。元々ダブルスープ系が好きなので、かなり気に入りました。

wikipediaによれば「鹿児島ラーメンは(略)横並びにパターン化しておらず店ごとにスープやスタイルが大きく異なるのも特徴」ということで、他の店にいけば、また全然違ったんでしょうが、個人的には当たりを引いた気分です。
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ