記事
[ 総記事数:1946件 ] [ RSS2.0 ]
2007年7月13日(金曜日)
[ 11:30 ] [ 料理人 ]
   
バナナ・帆立・エビのパートフィロ包み焼き
ソースは二種類
マンゴー&カレー。マンゴーピュレにカレー粉を混ぜたもの。
そして、もう一つはしょうがと浅月&オリーブオイル
トッピングは、長ネギとショウガのフリット
使ったバナナは、「プリンセス・キャンドル」
小さくて、皮の薄いバナナである。
手で剥くのが大変なので、ひとむはペティーナイフで、シャトー剥きを試みた。果肉は熟しているが、しっかりとした食感を残している。

このバナナを小さく切って、エビとホタテと和える。
エビは特大ブラックタイガーを小麦粉で洗って下ごしらえ。
塩コショウだけで味付けをする。

そして、その材料をパートフィロという薄い春巻きのような皮に包んで焼くのである。エビもホタテもプリプリしていて美味しそう。

仕上がった料理を分解してみると、エビとホタテに混じって、バナナがトローーーリン!といい感じになっている。

様々な食感のハーモニー
食欲を呼び寄せるソースの工夫
実に面白い味わいで、退屈しない味である。

これは、今度博多にオープンするお店でも食べられるだろう。