記事
[ 総記事数:1946件 ] [ RSS2.0 ]
2010年9月28日(火曜日)
[ 17:54 ] [ 取材 ]
   
新潟県村上市には、鮭の博物館「イヨボヤ会館」がある。
「イヨボヤ」とは、この地方の「鮭」の呼び名で、日本で初めて鮭の人工孵化に成功した歴史のある場所でもあります。

現在このイヨボヤ会館には、脇を流れる三面川(みおもてがわ)の人工河口を眺める鮭の生態観察室があります。

ここで、面白いものを見つけました。

鮭皮のジャケットです。
レザージャケットですが、なんと鮭の皮で作られたものです。

鮭の皮ですから、ジャケットではなくシャケットとでも呼んだほうがいいかもしれない。なんちゃってーーー(笑)

そんな、駄洒落を言っている場合ではありません!
この質感、直接手に触れることはできませんでしたが、カッコ良すぎです(笑)。

このジャケット1着作るのに、鮭を70〜80尾使うそうです。
皮をとった後の鮭の行方が気になります。
大胆不敵というか、発想が超越しているというか。
なんだかルパン3世が着ると似合いそうでよすね(笑)。
そして、ジャケットだけではありません。
素敵な帽子も飾られていました。
もちろん、これも鮭の皮。

買ったらいくらぐらいするのだろう?
ジャケット、生地代?(材料費)だけでも40〜50万円ぐらいはかかるだろうから、1着100万円はするでしょうね。




B食店情報
・店名 : イヨボヤ会館(いよぼやかいかん)
・ジャンル : その他
・住所 : 新潟県村上市塩町13-34
・TEL : 0254-52-7117
・URL : http://www.iwafune.ne.jp/~iyoboya/
・営業時間 : 午前9時〜午後4時30分
・定休日 : 年末年始(12月28日〜1月4日)
B食店ページへ