記事
[ 総記事数:1946件 ] [ RSS2.0 ]
2010年2月24日(水曜日)
[ 07:27 ] [ 取材 ]
   
美稲飲んでみたいという人がいたので、天の戸にご案内した。Dancyuで紹介されてさらに訪問客も増えたようだが、この日も多くの人たちが。我々も千葉から来た人たちと合流して蔵見学。最近は利き酒も楽しいが、ここの料理目当ての人も多い。ひとむのように(笑)。
酒粕&チーズの天ぷら、鶏肉酒粕味噌漬け、豆腐の酒粕漬け、たらの芽の天ぷら。さりげなく、日本酒が進んでしまうおつまみ達。今回は車を置いてきたので、じっくり試飲できた。
粕汁も白い色が素敵。岩海苔がアクセントになり、コントラストが面白い。あっさりとした出汁に、酒粕のほのかな風味。いつまでも温かい。身体が温まるのだ。日本酒といっしょにあると、いつまでもここにいたいと思ってしまう(笑)。
まったりとしていると、そこへ森谷杜氏さんが現れた。ひとむが来ると思っていなかったそうで、ならば、と、面白いものを飲ませてくれる!ということに。片口に入った白い液体。純米大吟醸のもろみである。特別にそろえた利き茶用の茶碗に注いでくれました。こりゃとってもうまい!危険だ!これを飲んだ人はそんなに多くはないはず。飲み続けたらドロドロになってしまいそうな魅力的な味に陶酔してしまう(酔)。
森谷杜氏、更なる挑戦を語ってくださった。毎年、新しいことに着手。今度は見たこともない日本酒を作っていた。まだ試作の段階だが、不思議な味わいだった。完成までにはまだまだ試行錯誤が繰り返されると思うが、それを語る杜氏の目は生き生きと輝いていた。酒を作る楽しみにどっぷりと浸りながら、しかし、行く手の苦難を乗り越えながら。ここの酒造りは、杜氏の「生きざま」そのもののような気がします。今年は酒米作りの話もいろいろ教えていただこうかと思います。新作の酒に乞うご期待!


B食店情報
・店名 : 浅舞酒造株式会社(あさまいしゅぞう)
・ジャンル : テイクアウト・お取り寄せ
・住所 : 秋田県横手市平鹿町浅舞388番地
・TEL : 0182-24-1030
・URL : http://www.amanoto.co.jp/top.html
・キーワード : 昔ながらのお酒
B食店ページへ