記事
[ 総記事数:1946件 ] [ RSS2.0 ]
2014年9月18日(木曜日)
[ 12:43 ] [ 人夢の料理 ]
   
巷で流行っているそうで、おくればせながら(笑)。
バルサミコ酢、オリーブオイル、塩。
塩と桃の組み合わせが、甘みを引き出してくれて、とてもおいしかったです。
2014年9月7日(日曜日)
[ 08:32 ] [ 人夢の料理 ]
   
三枚におろした秋刀魚。肝を取り出して、味噌たまりを混ぜて、肝たれを作ります。おろした身に、この肝たれをまぶしてしばらく漬け置きします。味が入ったら、それを半日ぐらい風通しの良いところで干します。程よく乾燥したら、両妻に串を打ちますが、秋刀魚の脂がヌルヌルして、とても串が打ちにくいです。串を打ったままオーブンに入れて焼きますが、身がパサパサにならないように、スチームを20%ぐらい効かし焼くとふっくらします。仕上げに黒酒をふって1分程焼いたらできあがり。すだちをキュッとしぼっていただくと、秋刀魚がとてもお上品な味になります。たかが秋刀魚、されど秋刀魚。
2014年9月2日(火曜日)
[ 21:53 ] [ 人夢の料理 ]
   
なんの変哲もない朝食ですが、食卓に納豆を添えます。以前は乳酸菌と納豆菌の関係が良くわからず、一時納豆を控えていましたが、問題が解決したので、食卓に復活です。冷蔵庫で納豆を冷やすと豆が固くなり、かき混ぜにくくなります。私は食べる前にレンジで20秒チンしてから、ぐるぐるかき混ぜて、納豆の糸が太くなるまで混ぜて、辛子を入れて、かき混ぜて、最後にお醤油を少し入れていただきます。かの魯山人先生も納豆の食べ方にはこだわりがあったようですね。