記事
[ 総記事数:1946件 ] [ RSS2.0 ]
2013年5月31日(金曜日)
[ 04:54 ] [ 人夢の料理 ]
   
あるサイトの料理写真を見て、どうにもこうにも食べたくなり、衝動買いならぬ、衝動喰いしてしまったのがこちら、ワタリ蟹のキッシュ。見た目もエレガント、味わいも想像通りしっかりとした味わい。そして、柔らかい殻を砕いた渡り蟹がしっかりと主張されていました。味もテクスチャーも最高です。福嶋シェフの技に感激。素敵な記念日になりました。ありがとうございました。

BISTRO JUILLET@大塚
2013年5月17日(金曜日)
   
正面の顔
上からの顔
キャプテンさん正解。
ミンサーと言います。
なんだか猫みたいな形なので、名前をつけてやろうかと思います。
「ヒトムキャット」っていうのはどうでしょう?(笑)
2013年5月16日(木曜日)
[ 08:35 ] [ 人夢の料理 ]
   
食べ残していたフランスパンがカチカチ。カビの季節なので捨ててしまおうと思っていたのですが、飲みかけの牛乳があったので、両者もったいない!ということで即席で作ってみた。
鍋にバターをひいて、フランスパンをのせ、牛乳ドバドバ。砂糖は入れません。代わりに濃厚で甘めのコーヒーリキュールを。後は塩。パンが柔らかく煮えたら、溶き卵を回しかけ蓋をして弱火で焼く。バターと塩の按配がいいねえ!
2013年5月12日(日曜日)
[ 09:02 ] [ 人夢の料理 ]
   
「袋サラダ」なんですか、それ?

文字通り、袋(ビニール袋)を使って作るサラダです。
ビニール袋に、野菜などの材料。塩胡椒、ドレッシングなどを入れて良く混ぜ合わせるのです。基本のトスサラダです。

で、そのメリットは何か?
(1) 作り置きすると水分が出やすいので、その都度人数に応じたポーションで作れる。
(2) 最小限のドレッシングでなじませることができるので、無駄がない。
(3) 袋を動かすことで全体によく味がなじむ。
(4) 盛り付けの際に、袋を半分ぐらい切って皿に移すことで、皿の縁が汚れない(フードスタイリングのテクニックです)

出来栄えはこんな感じです。
途中でマヨネーズを少々入れると、また感じが変わります。
少量のマヨネーズでも効果があるので、カロリー調整にも役立ちます。

このテクニックは、地方出張で道具が足りないときなど大活躍です。
2013年5月4日(土曜日)
[ 14:16 ] [ 料理人 ]
   
鯛の椀をいただきました。
実に清々しくさわやかな一椀でした。
蓬豆腐、蕗、木の芽、それぞれの緑が桜鯛を引き立てています。

椀の蓋も見事。
季節に合わせた桜です。
熱々の湯気が残り、美しく輝いています。


箸を入れると、鯛の脂が広がります。
あれほど澄んでいたのが不思議です。
汁をはるときに、よほど慎重に行うのでしょうね。
蕗の切り方がまた素敵。
味が淡い分だけ、形の鋭さが対照的で面白いです。
ご覧いただいてわかるように、味わいが上品です。
椀は塩の加減が本当に難しいですね。
ちなみに、鯛は淡路鯛でした。

水滴をふき取ると、見事な蒔絵が。
この店の大将は桜の器が好きで、いろいろ収集されているそうです。
店の名前にもちなんでいるのかもしれませんね。

次の季節に伺うのが楽しみです。
B食店情報
・店名 : 花邑(はなむら)
・ジャンル : 和食-日本料理
・住所 : 東京都世田谷区用賀4-11-4 福島第一ビル B1F
・TEL : 03-3700-2526
・URL : http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131707/13003091/
・営業時間 : 17:30〜21:30
・定休日 : 日曜・祝日の月曜
・最寄り駅 : 田園都市線用賀
B食店ページへ