記事
[ 総記事数:1946件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2012年5月30日(水曜日)
[ 06:56 ] [ 人夢の料理 ]
   
畑で採れたてのアスパラガスをいただいたので、連日アスパラガス料理です。

まずは、ネギとニンニクをオリーブオイルで炒めます。
そこへ、トマトの缶詰、小さく切った生のアスパラガスを入れて煮込みます。さらに、コンソメを少々、塩胡椒で味を調整。

パスタは8分茹でますが、残り1分になったら、アスパラガスの穂先を入れます。

先ほどのトマトソースにパスタを入れて絡めます。
さらに盛り付け、アスパラガスの穂先をトッピング。
仕上げに、もこみち風にオリーブオイルを回しかけてできあがり。
さあ、めしあがれ!
2012年5月23日(水曜日)
[ 07:36 ] [ 人夢の料理 ]
   
山内三つ又温泉でイワナの養殖の取材の帰りに、しげ爺の家に立ち寄った。田植えの準備をしていたが、トラクターを降りて「おお!えぐきでげだごど」(よく来てくれました)と歓迎を受けた。(秋田弁ってひらがなで書くと濁音が多い:笑)
「まんず、おじゃっこのんでげ!」(まあ、お茶でも飲んでいきなさい)。

しげ爺は家の前に山の木を切って作ったテーブルを置き、その上にビニールを張ってアウトドアテーブルとして使っています。しげ爺は来客のために椅子を並べ始めた。そこへ茶飲み道具とおやつを用意して、急須にお湯を注ぎティータイムが始まる。

イタリアにもこんな感じのおじさんがいますね。とても気さくで陽気な人。農作業の途中でも、「まあ、わあのペースでやってるがらえがべ!」(まあ、自分のペースで仕事しているからだいじょうぶだよ!)と作業を中断して、もてなしてくれました。

裏の山で採ってきたわらびをお浸しにしたもの。お母さんが作ったババロア寒天(最初高野豆腐かとおもったけど:笑)。食べてみるとクリーミーですっきりした甘さ。おかわりしたくなりました。

前日、しげ爺は横手市の文化功労者として表彰を受けて、真昼間から酒を飲んでてご満悦だったらしく、奥さんが少々おかんむりだったそうです(笑)。しげ爺は村の人たちからも尊敬され慕われていますが、筋の通らないことが大嫌いで、怒ると怖い男気のある人です。

緑の自然の中に身を置いて太陽の日差しの下で馬鹿話をし、お茶を飲みながらゆっくり時間が流れていきます。秋田にはこんなくらしもあります。
2012年5月22日(火曜日)
[ 07:31 ] [ おいしい食べ物 ]
   
茨城の蕎麦の少なさにフラストレーションをためてしまったので、秋田に帰る途中、山形でリベンジ。腹いっぱい蕎麦が食べたい!(笑)

山形は蕎麦の産地ですが、あちこちに蕎麦街道なるものがあり、種々の蕎麦を楽しむことができます。今回は国道13号を秋田方面に向かい、村山で左折して次年後にむかう。目指すは、「そば切り源四朗」という店。(のはずだった。)

山道をどんどん進む。休日ということもあって、車の台数も心なしか多く感じられた。ナビで指示された位置の近くまでくると、山の中腹にかなりの台数の車を発見。「おお!めざす場所はあそこか?」と吸い込まれるように脇道から山に登る。

蕎麦ののぼりが立っていたので、間違いない!と思う。しかし、そこには驚きの光景が。すでに店の前に100人以上集まっているのだ!げっ!こんなはずじゃなかったのに。11時開店だから、その時間でも何とか滑り込めるだろうと、たかをくくっていたのだが、それが甘かった。

店の奥にはバイク族の人たちが大勢たむろして、いまかいまかと待ち焦がれている。ひとむのとった番号札は19番。1グループ1番号。しかも、1番のグループは30人ぐらいいる。「だめだこりゃ!泣」

しかし、せっかくこんな山奥まで来て、手ぶらで帰るのもしゃくだったので、覚悟を決めて待つこと40分。「19番のかたーーーーー」という呼び声に、喜び勇んで中に入る。

待つことしばし、席に案内されるが、注文も聞かずそのまま放置状態。しばらくすると、「おかず」です!とテーブルの上に写真の料理が並べられた。こごみ、きゅうりの古漬け、きくらげの3点セットに、大根おろしの絞り汁。そばたれ、ねぎ。ここは何もオーダーしなくても、自動的に用意されるのである。そばを茹でているあいだは、この「おかず」をつまみに、しばらく間つなぎをする。やがて番号が呼ばれ、テーブルにそばがやってくる。
ごらんのとおり、わんこそばである。1杯の分量がかなりあります。最初におかわりもいっしょに置いていくので、わんこ2杯が通常の量です。食べているうちに、番号順におかわりのそばを持ってきます。何杯食べてもよいそうです。過去最高は12杯と書いていましたが、結構な量です。
「食べ放題はそばのみ」という看板。そば屋でそばが食べ放題ならば、他に何があるの(笑)?たしかに「おかず」もおいしかったけど、こちらとそばつゆが、おかわり無しよ!ということなのでしょう。ひとむは、成人男性の標準的量である3杯食べました。これでも十分に満足。茨城とは対照的なそば屋。システムも合理的で1メニューのみ、食べ放題&おかず付き、しかも1050円と安い。開店前から100人並ぶのも納得。過去最高は1日500人にのぼったそうです。満腹感にひたった「七兵衛そば」食べ放題。車に乗って帰路を走っていると「そば切り源四朗」の看板が。「ああ、ここだ!行くはずの店は:笑」
B食店情報
・店名 : 七兵衛そば(しちべえそば)
・ジャンル : 和食-うどん・そば・麺類
・住所 : 山形県北村山郡大石田町次年子266
・TEL : 0237453098
・URL : http://soba7bay.sakuraweb.com/top/
・営業時間 : 11:00〜18:00
・定休日 : 第1・3木曜(彼岸の中日、盆、正月休み)
・最寄り駅 : JR山形新幹線大石田駅からタクシーで15分
・キーワード : 大椀に盛られた「食べ放題そば」コシが強く少し太めの麺を、辛味大根の汁を入れたつゆでいただく。
B食店ページへ

2012年5月16日(水曜日)
[ 01:59 ] [ 人夢の料理 ]
   
鯛の季節の次にやってくるのが、「初鰹」
今回は、鹿児島の市来から空輸されてきた鰹
丸々と太った5.5kg
今月は秋田出張のため、東京ではイベントできず。
しかし、この時期の「鰹」逃したくない。
叔父の家に行く予定があったので、秋田のワラビといっしょに、タタキにして持参。
今回は、タタキを作ったのちに、柵のままで行者ニンニク醤油に漬け込んで「漬け」にしてみました。
薬味は、ネギ、大葉、ミョウガ、ショウガ、カイワレの5種
それに、ニンニクチップをのせて。

モッチリとした感じで、身がとても柔らかく味わいも抜群
箸でスッと切れる感じの身って想像できますか?

血合いは角煮、身の端のほうは、手ごね寿司に
大満足のひと時でした。
2012年5月15日(火曜日)
[ 05:12 ] [ ノンジャンル ]
   
おはよう!おはよう!おはよう!
いつも、大きな声で「おはよう」を三連発しながら、市場の食堂に入ってくるおじさんがいます。このおじさん、いつも可愛いエプロンしています。
やっちゃ場(青物市場)で働いているようですが、このおじさんの話がとても面白い。長年市場で働いているので、生き字引のような人ですが、いろいろなことを教えてくれます。政治、経済、スポーツ、ギャンブル、などなど様々な分野に精通していて話題に事欠きません。くよくよせずに、飄々と生きているところがなんとも魅力的。地位とか名誉とかには縁がなさそうですが、しがみつくようなめめしさがなく、実に潔い感じが好きです。
おじさんが頼んだのは「三食天丼」
エビ、アナゴ、キスに季節の野菜。
ひとむも真似して頼んじゃいました(笑)

おじさん、食べ終わると、
「ああ、今日もうまかった」と言いながら、
「ありがとう!ありがとう!ありがとう」と三連発。
勘定を済ませると、「睦」の襟文字が入った赤い法被を纏って悠々と出ていく。鯔背な姿にしびれてしまいます。
「あんなじいさんになりたい!」(笑)
2012年5月14日(月曜日)
[ 06:53 ] [ 人夢の料理 ]
   
豚ロース肉の厚切りを買ってきた。
昨夜は、これでミラノ風カツレツを作った。
良くビール瓶で肉をたたいて広げて揚げたりする場面がありますが、私はなんだかあまり好きになれない。確かに肉は柔らかくなるけれど、質感が変わってしまい、肉本来の持ち味が感じられなくなるのが、、、、、です。

筋切りしたロース肉。小麦粉をつけて、卵液に浸し、パン粉とパルメジャーノレッジャーノをおろした衣をつけて一休み。フライパンにオリーブオイルとバターを入れて、泡がフツフツ出てくるまでゆっくり加熱。そこへ先ほどの衣をつけたお肉。片面7分ずつアロゼ(油を回しかけながら焼くこと)。ゆっくり火を入れて、表面がカリカリになるまで焼きます。

ソースはトマトソースをベースに、赤ワインと甘み付けにタコ焼きソースを加えます。脂身がカリッとしてサクサク。肉本体はジューシーに。時間と手間のかかる焼き方ですが、肉のおいしさを十分に楽しめます。
2012年5月11日(金曜日)
[ 09:04 ] [ 人夢の料理 ]
   
芳香剤を食べて大丈夫なの?
大丈夫なわけないじゃないですか?(笑)

話のたとえです。
香りの良い食材をテーブルの上に置いて追熟させるのです。

私の場合はパイナップル。
葉が枯れるころになると、部屋中に良い香りが漂います。
腐る寸前がうまいとのことで、そのまま「卓上追熟」です。

さぞかし甘くなっているかと思いきや、それ程でもなくガッカリ!
一口サイズにカットして、砂糖をまぶしてとりあえずタッパーに放り込んでおきます。1日ぐらい置くと甘さがしみ込んでおいしくなります。

しかし、樹上追熟したものの方が、はるかにおいしいですよね。インテリアになるパインの鉢植えとか売っていないかな?(笑)人工的な芳香剤の香りってあまり好きじゃないけど、自然な香りならいいですよね。芳香剤になる鉢植えとかないですかね?

とりあえず食べきるまでヨーグルトのお供にしています(笑)
2012年5月10日(木曜日)
[ 09:02 ] [ 人夢の料理 ]
   
連日、マルチグリラーが活躍しています。
昨日は、焼きおにぎり作ってみました。
遠赤外線効果で表面はパリッと中はふっくらの焼きおにぎりが簡単にできます。

おいしい焼きおにぎりの作り方は、
揚げ玉(スーパーなどで袋にはいって売っているもの)に麺つゆをかけて少ししみ込ませます。そこへ、炊き立てごはんを入れてよく混ぜ合わせます。そして、あとはそれをおにぎりにするだけ。お好みで刻みネギを入れたりしてもおいしいです。

マルチグリラーで4-5分焼いて出来上がり。
ご家庭の魚焼き器でもOKです。
新生姜の1本漬けを添えて。
香ばしくて、コクがあって、ふっくら。
ぜひ、お試しください。
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ