記事
[ 総記事数:1946件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2006年1月31日(火曜日)
[ 22:08 ] [ おいしい食べ物 ]
   
秋田に帰ったときに、コレを買ってきました。
秋田を代表する銘酒がズラリ!
コレ、すべて、日本酒のゼリーです。
まだ、味見しないでとっています。
もうそろそろ食べようかと思っています。
感想は食べてから書きますが、こんな、ゼリーが売っているんです。
早速いただきました。
一度に3種類は難しいので、新政と爛漫を比べてみました。

香りで比較は難しく、実際に食べた感じで比べると、
爛漫の方が、若干ジュレが柔らかい。
そして、甘さもいくぶん強いです。
新政は微妙な酸味が感じられます。

どちらも、程よい甘さで、アルコール臭は気になりません。
デザートとして、口溶けも良く、かなり完成度が高いです。
B食店情報
・店名 : 株式会社くらた(くらた)
・ジャンル : スイーツ-和菓子
・住所 : 秋田県湯沢市黄金原1
・TEL : 0183-73-5185
・URL : http://www.okashinokurata.com/
・キーワード : 日本酒 ゼリー
B食店ページへ

2006年1月29日(日曜日)
[ 08:53 ] [ 人夢の料理 ]
   
R隊員がスルメを持ってきた。
ガスで焼いてみた。でも、そのまま食べると歯を壊しそうなので、鰹節の削り箱をひっぱりだして、削ってみた。
するする、裂きイカができあがる。
みっちーさんがみんなの期待を背負って、せっせと削る。
削った側から皆がパクパクたべるので、なかなか貯まらない。
みごとに薄く削られたスルメ。
あまり上品な感じになってしまって、スルメっぽくない。
別の食べ方をやってみよう。
そこで考えたのが、ご飯の上にのせて食べる方法。
温かごはんにスルメをのせて、焦がし醤油と胡麻を振りかけていただく。ご飯のおかずとしては、、、、、、かな!?
やっぱり、スルメは、カミカミしながら、日本酒を飲むのが一番のような気がする。

2006年1月27日(金曜日)
[ 18:41 ] [ 人夢の料理 ]
   
[関連したBlog]

明日は、いよいよ角煮訓練。
隊員の皆様、ゲストの皆様、
予告編です。

まずは主役の豚バラ肉。
宮城産赤豚デュロック種7kg入荷です。

このお肉、表面を焼いてから、1kgのおからを入れて、ただいま煮込み中です。明日の訓練では、お土産の角煮を作ります。だから、直ぐに美味しい角煮が食べられます。

もう一品は、手作り蒟蒻。
今回は豆乳で作った、「湯葉蒟蒻」です。
これを、薄いお出汁で煮て、タレをつけていただく、「蒟蒻しゃぶしゃぶ」です。

もう一品は、秘密です。多分、ブログで公開した料理です。

デザートは、コレ
小豆です。
この小豆を使って「どら焼き」を作ります。
でも、ただのどら焼きではありません。
とっても、不思議などら焼きをみんなで作りましょう。

お楽しみに。
今、完成しました。
一晩おいて、じっくり味がしみ込んで。
ああ!早く食べたいよ。
みんな、早く来てね!

   
河田先生のお菓子教室を取材させてもらいました。
今回は、ザッハ・トルテ Sacher Torte
オーストリア・ウィーンの銘菓。チョコレートケーキに杏のジャムが塗られて、表面はチョコレートの上がけショコラーデン・グラズール(砂糖、水、チョコレートを鍋にいれて108~110℃になるまで煮詰めたもの)で覆われているのが特徴。。

いただいたケーキを自分で切ってみる。表面がわれてしまうので、なかなか難しい。チョコレートが甘めなので、砂糖を入れない生クリームを添えて食べるとおいしい。
煮詰めたショコラーデン・グラズールの一部をバットに流し、パレットで広げて急激に温度を下げることにより砂糖の結晶を作り、再度鍋に戻します。



ジャムを塗ったスポンジに、一気に流しかけます。網の上で余分なチョコレートを落とし、固まるのを待ちます。すばやい作業が要求されますが、皆さん上手に仕上げていました。

ザッハ・トルテは、ウィーン会議の際、メッテルニヒ宰相が料理人フランツ・ザッハに作らせて評判になったのが最初とされる。その製法は長期に渡って門外不出とされ、息子であるエドゥアルド・ザッハは「ホテル・ザッハ」が開業し、そこでこのケーキを出した。後にザッハ家の息子と王室御用達の菓子店デメルの娘が結婚し、ザッハ・トルテのレシピがデメル家に流れたと言われている。ザッハホテル側はザッハ・トルテの商標をめぐる訴訟をおこし7年間の裁判の末、ホテル・ザッハのものを「オリジナルのザッハ・トルテ」と呼び、デメルのものは、「デメルのザッハ・トルテ」と呼ぶことで決着がついたそうな。

2006年1月26日(木曜日)
[ 11:46 ] [ 人夢の料理 ]
   
晩ごはんのメニューに迷った時のひとむ家のお助けメニューはこれ。
市販のおでん(袋入り)温めるだけを買ってきます。
でも、このまま食べたのでは人夢的には「芸」がない。
そこで、登場するのが豆乳(成分無調整)。
早速、封を切って、鍋に向かって「豆乳」を「投入」なんて言いながら注ぐ。背中の方から「くだらねー親父ギャグ飛ばしてんじゃねーよ!」ってチクチクと視線が刺さってくるが、かまわず注ぎ続ける。
量はお好みで、あまり入れると味が薄くなるので要注意。

そして、弱火でコトコト煮込む。
強火にすると豆乳が分離してしまうので、さらに要注意。
ゆっくり加熱すると、おでんの上に「湯葉」が現れる。
皿に盛って和辛子でいただく。
まったり、やさしく、湯葉も食べられて、二度美味しい。
2006年1月25日(水曜日)
[ 10:45 ] [ 人夢の料理 ]
   
夕べは牡蠣を大量に買ってきて、牡蠣フライ&牡蠣鍋で、「牡蠣三昧」。
あんなにたくさん食べたのに、お腹の調子は、まったく異常なし。
それでも、一度にたくさん食べると心配だったので、ネギ巻き牡蠣フライは少し残して、翌朝の朝食に。

牡蠣鍋の汁が残っていたので、小さいフライパンに入れて、そこに刻みネギを入れて温める。沸騰したら牡蠣フライを入れて3分程度煮込む。仕上げに溶き卵をのせて蓋をして蒸らす。

蒸らしている間に、炊きたてご飯をよそい、刻み海苔を敷く。
そして、出来上がったあったか牡蠣玉をご飯の上にざぶうーーんん!
はい、牡蠣玉丼一丁あがり。

[ 10:45 ] [ 人夢の料理 ]
   
久々に牡蠣フライを作りました。
ちょっと細工しました。

準備するもの。

加熱用生牡蠣
白ネギ
小麦粉

パン粉
揚げ油

生牡蠣は、小麦粉をまぶして、水で洗って掃除してから、パーパータオルで水気をふき取っておきます。

白ネギは5cmぐらいの長さに切り、縦に切り込みを入れ、外側の皮3枚程度をはがしておきます。
水気をふき取った牡蠣を、ネギで包みます。
そして、小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつけて、180度の油で揚げます。
タルタルソースの代わりに、
マヨネーズ+一味唐辛子+醤油
でソースを作ります。

ネギの甘さ、醤油の味のやさしさが、滋味深い牡蠣の味を充分にひきたててくれます。

なんだか、日本人でよかったと思う味でした。
2006年1月23日(月曜日)
[ 11:51 ] [ 人夢の料理 ]
   
美味しい角煮を作る訓練をします。

場所:人夢キュイジーヌ・用賀クッキングスタジオBF
日時:2006年1月28日(土)13:00-

最初から最後まで全部作り方をご説明します。
ご自宅でも作れます。
圧力鍋がなくても作れます。
美味しいソース作り方お教えします。
もちろん、レシピもさし上げます。

当日は、角煮の他にお料理を何品かご用意します。
そして、しめのご飯は、もちろん、「コレ」です。

詳しくは、こちら
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ