記事
[ 総記事数:1946件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2005年6月30日(木曜日)
[ 04:31 ] [ 人夢の料理 ]
   
ゴーヤ&豚肉は、定番
そして、焼きうどんを作るのも月並み

でも、こういうシンプルな料理を美味しくするのは、意外と難しかったりします。

ゴーヤは軽く塩をあてて、しばらくしたら、水洗い。
一口食べて、しょっぱくなかったら、OKです。
豚肉は塩胡椒してから、片栗粉の入ったビニール袋にいれて、軽く粉をコーティング。ほんの少量の片栗粉でかまいません。

フライパンで、豚肉を炒め、その後、ゴーヤを入れます。
ゴーヤは炒め過ぎないほうが美味しいと思います。
材料を炒めたら、水の中でほぐしたうどんを水切りしてフライパンの中へ。


味付けはコレです。
クレージソルトは、肉料理に合います。
塩分をまろやかにまとめてくれるので、重宝しています。
これを、焼きうどんにかけて絡めてください。
量はお好みですが、うどん1本食べてみて調整してください。
仕上げに、醤油をほんの少し香り付けに入れます。

うどんをフライパン半分に寄せて、空いたスペースにお醤油をたらし、少し焦がしてから、うどんを絡めると、香ばしい風味で仕上がります。


白胡麻パラパラ振って、
できあがったうどんは、こちら。

さあ、お熱いうちに、召し上がれ!
2005年6月29日(水曜日)
[ 20:10 ] [ 頂き物 ]
   
春に宮崎に旅行に行ったときに、ゆうさんから、お土産にいただいたワインです。CAMPBELL EARLYのデザートワインですが、なかなか手に入らない貴重なもののようです。(URLにものっていました)

原料として使われている尾鈴ブドウは、「田んぼん、木を植ゆる馬鹿がおるげな」といわれながらも、田んぼにブドウを植えた一人の農民がいたことから生まれたそうです。

飲み口がすっきりしていて、べとっとした甘さではありません。香りがあって、きっちりとした酸味と、甘みのバランスがとれている上質なワインです。

このワインは、「Wine Report 2005」において「アジアで最もお買い得なワイン」として紹介されています。まさしく、今日本で注目株のワイナリーです。

こんな素敵なプレゼントを頂戴して、ゆうさん、ありがとうございました。
この記事でお礼を述べさせていただきました。



B食店情報
・店名 : 有限会社 都濃ワイン(つのわいん)
・ジャンル : その他
・住所 : 宮崎県児湯郡都農町大字川北14609-20
・TEL : 0983-25-5550
・URL : http://www.tsunowine.com
・営業時間 : 9:00?17:00
・定休日 : 年中無休
・キーワード : ワイン 試飲 キャンベルアーリー
B食店ページへ

[ 09:08 ] [ 人夢の料理 ]
   
昨日の東京は信じられないほどの暑さでした。
スタジオも3Fは40℃を超えていましたが、地下のキッチンは25℃
15℃も温度差の家も珍しいですね。

ところで、こんな暑い日には、さっぱりとした酢の物が一番。
スーパーで売っている材料を使って、高級なお店ででてくるような美味しい酢の物を作る方法を書きます。

ベースは、これ。
もずく酢(三杯酢)のカップ入りです。




これに、塩ワカメ(戻して洗ったもの)
キュウリ(スライスして、塩を振ってから洗ったもの)
トマト(スライス)
ミョウガ(千切り)
ショウガ(千切り)
白胡麻(トッピング用)

の材料を用意して、もずく、キュウリ、ワカメを混ぜ合わせ器に盛ります。そして、トマト、ミョウガ、ショウガ、白胡麻をトッピングしてできあがり。

ただ、それだけなのですが、
とても美味しいです。

[ 05:08 ] [ 頂き物 ]
   
[関連したBlog]

先日くーさんがご持参された、「夏生吟醸」です。
近頃、近所の酒屋でも、「のぼり」がたっていて、売り出し中のようです。



キャップがまた夏らしくてかわいいですね。
半分ぐらい残っていたので、こなん感じで料理を一品。
炭火で中までじっくり焼いた厚揚げに、大根おろし、ネギをタップリのせて、醤油をかけていただきました。

熱々の厚揚げをほおばり、キンキンに冷えたこのお酒で、「きゅーーうーーっ」と一杯やるとたまりませんわ!これはBBQのお供でもいけますね。

くーさん、勝手に飲んでごめんなさい!TBで勘弁してくださいね。
2005年6月28日(火曜日)
[ 20:47 ] [ 人夢の料理 ]
   
6月24日開催の晩ごはん倶楽部の料理レシピを、ラウンジで公開しております。ご興味のある方は、ご覧くださいませ。

レシピ

1)小エビのマヨネーズ炒め
2)インゲンの胡麻和え
3)豚の角煮
4)宮保青蟹


[ 12:09 ] [ 人夢の料理 ]
   
[関連したBlog]

みじんこさんの素麺記事につられて、我が家も、昨夜は素麺をいただきました。トマトとニンニクを使ってイタリアン風ですが、お味は「純和風」です。
使った素麺は、こちら
素麺師六代目「山下勝山」作で、やっぱり、「黒帯」巻かれていました。
三輪素麺として有名な方らしいですね。
初めていただきました。
湯むきしたトマトを冷やしておきます。
キュウリは角切り
ニンニクみじん切り
アクセントにトンブリを入れてみました。

味付けは、醤油:胡麻油=1:2
イタリアンの場合は、オリーブオイルですが、素麺なので。
バジルの代わりに、大葉の千切り
油で揚げたニンニクチップをトッピングにしてできあがり。


[ 05:38 ] [ 人夢の料理 ]
   
[関連したBlog]

晩ごはん倶楽部で、[くー]さんの技を披露していただきました。
出来上がった作品はコレです。

ジュレ桃コンポートに「華」を添えていただきました。
料理っていろいろ工夫したり試行錯誤したりすることが、楽しいですよね。私も、学校でレモンとかキュウリで同じものを作っていましたが、なかなか上手にできませんでした。コツをつかむまで練習ですね。
今回は「桃割りの術」で、割った桃を、湯むきして、白ワイン、水、グラニュー糖で10分程度煮ました。

桃は煮過ぎると、変色しますから、鍋からボウルに移して、粗熱をとります。ここから、一晩漬け込むのですが、ピーチリキュールと桃の皮を加えます。こうすることで、風味よく仕上がります。

漬け汁の一部を別鍋に移し、ゼラチンを加えてジュレを作ります。ゼラチンの量は、規定の半分の量を使います。私は料理に大変便利な「新田ゼラチン」の顆粒を使います。水で戻す必要もなく、そのまま、料理に入れて使えるので便利です。

2005年6月27日(月曜日)
[ 21:17 ] [ ノンジャンル ]
   
7月は色々企画盛りだくさんです。


キラキラ7/2 旬の魚を楽しむ会では、「真タコ」を使った料理を紹介します。
足だけでも1mをゆうに超える長さですが、これを様々な料理に変身させます。お勧めは、タコのラグーです。香味野菜と一緒にオーブンで1時間じっくりと煮込みます。タコの甘さが引き立つ料理です。
今回は、パスタのソースとしてお出しします。
その他にタコのカルパチョなどもお楽しみいただきます。

11:00-14:30 定員10名 【Bコミ・メッセージにて受付中】

キラキラ7/10は、FoodNETのシェフに教わるフレンチの料理教室を開催いたします。

メニューは、
◆ 白身魚のカルパッチョ セミドライトマトのソースと合わせて 季節の魚介類添え
◆ ルージェ・バルベ(いとより)orルージェ・グロンタン(ほうぼう)(※)、アンチョビ、オリーブ、アサリのスープ仕立て
(※)こちらのメニューは商品の入荷状況により決定いたします。
◆ ブルターニュ産オマール海老 エブリ麦のリゾット サフラン風味
◆ ドーバー産舌平目ムニエル イチジクのブーケ フォアグラ添え
◆ シェフお奨めのグラスワイン
例によって、超豪華食材をふんだんに使った、出血大サービスの内容です。写真はドーバー産舌平目をさばいているところです。ふっくらとして、福与かな舌平目は、高級フレンチレストランで味わうものと同じ食材です。もちろん、フォアグラもオマールも、一流食材ばかり。

12:00-15:00 定員12名 【申し込み先】




キラキラ7/15は、晩ごはん倶楽部です。
7/2の料理と重複する部分もありますが、ご家庭で楽しめる簡単料理も紹介いたします。タイミングがあえば、北海道からの直送食材もご紹介できると思います。写真は北海道産ミニトマト「きらら」です。

18:30-22:00 定員12名 【Bコミ・メッセージにて受付中】



キラキラ7/17は、人気のK先生のお菓子教室です。
今月は、シャルロット・オランジュ

7月の蒸し暑い季節にぴったりのさわやかオレンジ風味のケーキです。”シャルロット”というのは、昔流行ったシャルロット帽をかたどって作られたというフランス菓子の王道です。ケーキの周囲は絞り出したビスキュイ生地、そして中はオレンジの果実がふんだんに入ったムース。2つの食感のハーモニーが楽しめます。

人気コースですので、残口わずかです。
10:30-13:30
14:30-17:30
 【お問い合わせ】


前のページ | B食LOGトップ | 次のページ