記事
[ 総記事数:440件 ] [ RSS2.0 ]
2017年3月3日(金曜日)
   
昨年upしてなかった、ここは!というお店の初訪記。
カメラ不具合につきタブレット画像で、PHSよりはマシだけどゾンビ、、|д゚)

***

20161111


2016年、最も予感しまくりで気になっていたお店をググってみると
どうも古い知人がシェフらしくてビックリ((((;゚Д゚))))。
しかもお店のFBページにあがってくる品は
どれも食い倒レディの予感止まらぬものばかり、、。
この日ようやく、既訪のそらすのアニキにアテンドをお願いしての初訪。

自由が丘の前は溝の口でお店をして人気だったそうで、
らっといらしたお客さんが
もしかして溝口にあったお店で
はと問う方もいるそう。
知り合った当時はまったく別なお仕事をされていたのでシェフと聞いてびっくりv
しかも蓋を開けたら…やはり予感は大当たりどの品も美味しくてまたびっくり(^-^)w

初訪では特に鳩のロティが素晴らしかった。
火入れの身のロゼ具合がたまらん!
切り分けていくと宝石にも例えられる美しい赤のしずる肉汁がががv


この日はお手伝いの方が遅かったかで、シェフてんてこま
い。
とりあえずこれ食べててと出された品。
このアンチョビオリーブ、
今まで食べた中で一番あっさり
したお出汁風で美味。
白いお皿のブランもじわっと粉の香ばしさと甘み。
ドライフルーツは桑の実。
ドライフルーツは苦手なのだけどこれは美味しかった。


タルトサレ3種。
アボカドオニオン。サツマイモとロース
ハム。ベーコンチーズ。
サツマイモとかおもしろいv
ロースハムだけでなく干しブ
ドウも乗ってたと思う。
アボカドは想像より柔らかめ、、。
もう少し固めだとわたしにはよかったかもな。



ピジョノー・ロティ 電気ブランとレバーのソース。

焼き加減ばっちり。身のロゼ具合がたまらん!
切り分けていくとルビーにも例えられる美しい赤のしずる肉汁がががv
付け合わせの野菜がこのサルミな肉汁ソースにまみれてうんまかったあv
脂もしっかりしていて特にぼんじりあたりのアブラーは
ごたえと言いたまらなかった。


切り分けた状態のピジョノー・ロティ 電気ブランとレバーのソース。



大好きなチーズ、テット・ド・モワンヌ。
ひらひらと花びらのような美しいカッティングだけでなくクリーミィで滋味なのよねv



石巻産の牡蠣ふりゃーv
まだ11月初めで小ぶりとのことだったけど、甘かったv
タルタルもよかったなあ。


オッチェッリでのアンチョビバターv
クリーミーなバターがアンチョビの塩みとでヤバうまv


鶏レバーといちじくのテリーヌ。


これもかなり美味しかった。
いちじくも風味よくほどよい甘さで美味しさ追撃。
レバーは大きめにカットされてごろごろっとままで入って
るんだけど
ちゃんとしっとりというかねっとりしてる。

先にレバーをブランデーかなにかでマリネしたみたいな。
いちじくも。違うかな。。

機会見て再現試作してみよ(^.^)。

それより付け合わせの記憶が、、←けっこう酔ってしまっ
てた|д゚)
向こうはキャロットラペ。手前がなんだったかなー、、。
生姜をシロップで煮たやつ??((((;゚Д゚))))



【次の記事に続く】
なぜか先ほどから、記事の続きがぜんぶ収まらない((((;゚Д゚)))))
B食の仕様が変わった?
それとももともと文字数制限あったかな|д゚)??

↓↓ 続きはこちらへ ↓↓

【続き】昨年最も予感しまくりな店へ初訪@自由が丘。2016年美味しかったで賞ノミネートv
B食店情報
・店名 : フランス惣菜食堂 ふみきり(ふらんすそうざいしょくどう ふみきり)
・ジャンル : 欧風料理-フレンチ
・住所 : 東京都目黒区 自由が丘1-31-8 石川ビル2F
・TEL : 070-5370-1911
・URL : https://www.facebook.com/shokudou.fumikiri/
・営業時間 : [水-月]12:00-15:45/18:00-23:00 [日]12:00-15:45
・定休日 : 火曜
・最寄り駅 : 東急自由が丘駅 南口から徒歩2分
・キーワード : フランス惣菜/ワイン/スイーツ/肉料理
・友人・同僚 / デート / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ